フレデリック・ジョリオ=キュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1935年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:人工放射性元素の発見
フレデリック・ジョリオ=キュリー

ジャン・フレデリック・ジョリオ=キュリーJean Frédéric Joliot-Curie1900年3月19日・- 1958年8月14日)は、フランス原子物理学者。妻はイレーヌ・ジョリオ=キュリー。義母はマリ・キュリー、義父はピエール・キュリー

1925年、ラジウム研究所でマリ・キュリーの助手となり、そこで彼女の娘であるイレーヌと知り合った。2人は翌1926年に結婚したが、その際、姓を2人の旧姓を組み合わせた「ジョリオ=キュリー」とした。

1934年に妻イレーヌと共に、アルミニウムアルファ線を照射することによって世界初の人工放射性同位元素である30Pの合成に成功し、それにより1935年に夫婦でノーベル化学賞を受賞した。

第二次世界大戦時はレジスタンス運動に参加し、戦後はフランス国立科学研究センター総裁に就任すると共にフランス原子力庁に入庁し、コレージュ・ド・フランスの教授も務めた。1947年には、フランス初の原子炉「ゾエ」の開発に成功。1956年にイレーヌが亡くなると、彼女のパリ大学教授の職も兼任した。

パグウォッシュ会議の設立にも尽力し、創設メンバーの一人でもある。1951年から1958年にかけて世界平和評議会の初代議長を務めた。フランス共産党の党員でもあった。

日本初の女性物理学者湯浅年子が、師事していたことがある。

長女のエレーヌ・ランジュヴァン=ジョリオ(1927年-)は物理学者に、長男のピエール・ジョリオ(1932年-)は生物学者になった。

1958年に白血病で死去。妻イレーヌの死から2年後のことだった。

関連項目[編集]

  • ジョリオ (クレーター):のクレーター。フレデリック・ジョリオを称えて命名された。

参考文献[編集]

  • ピエール・ビカール 『F・ジョリオ・キュリー』 河出書房新社、1970年。