アドルフ・ヴィンダウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・オットー・ラインホルト・ヴィンダウス
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1928年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ステリン類の構造およびそのビタミン類との関連性についての研究

アドルフ・オットー・ラインホルト・ヴィンダウス(Adolf Otto Reinhold Windaus, 1876年12月25日 - 1959年6月9日)はドイツ帝国ベルリン出身の化学者

ベルリンで学生のときに薬学について学んだ。卒業後、1913年にフライブルク大学の助教授となり、コレステロールの研究を開始する。その後、研究対象はステロイド全般に渡った。1915年からはインスブルック大学の教授となった。その後、ゲッティンゲン大学オットー・ヴァラッハの後任として化学科の学科長となった。1928年にステロイドとビタミンの研究の業績に対し、ノーベル化学賞を受賞した。ゲッティンゲンで没。

業績[編集]

胆汁酸とステロイドの研究に加えて、ビタミンB群ビタミンDの構造を解明してその化学合成を可能にしたという業績がある。この成果は製薬会社(バイエルメルク)によって製品化されることで結実した。また、彼のコレステロールの構造についての研究は性ホルモンの研究の基礎となる結果を導き、また彼のジギタリス研究は心臓疾患の治療のへ向けたさまざまな薬剤の開発を導いた。

外部リンク[編集]