カール・ボッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1931年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:高圧化学的方法の発明と開発

カール・ボッシュ(Carl Bosch、1874年8月27日 - 1940年4月26日)はドイツ化学者工学者である。

ドイツのケルンで生まれ、シャルロッテンブルク工科大学(現:ベルリン工科大学)と、ライプツィヒ大学(1892年から1898年まで)で学ぶ。1899年にBASFで研究を開始した。1908年から1913年までフリッツ・ハーバーと共にハーバー・ボッシュ法の開発を行った。第一次世界大戦の後、高圧化学を用いて、ガソリンメタノールの合成の研究を続けた。1925年にはIG・ファルベンの創立者の一人となり、1935年には取締役会の会長となった。

1931年に高圧化学的方法の発明と開発によって、ノーベル化学賞を受賞した。

ハイデルベルクで死去した。

隕石の収集者としても知られ、彼のコレクションは1949年にイェール大学へ寄贈された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]