ベルリン工科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Technische Universität Berlin
TU-Berlin-Logo.svg
校訓

Wir haben die Ideen für die Zukunft

(We have the ideas for the future)
創立 1770/1799/1879
1946
学校種別 公立大学
運営資金 State: EUR 264.8 Mio. (2010)[1]
External: EUR 145 Mio (2010)[1]
学長 Prof. Dr.-Ing. Joerg Steinbach (since 01.April 2010)
職員

7,499 (WS 2009/10)[2]

学生 29,234 (WS 2009/10)[3]
職業専門課程 845 (2007)
Research associates: 1,952 (2007)[3]
所在地

ドイツベルリン

(北緯52度30分43秒 東経13度19分35秒 / 北緯52.51194度 東経13.32639度 / 52.51194; 13.32639座標: 北緯52度30分43秒 東経13度19分35秒 / 北緯52.51194度 東経13.32639度 / 52.51194; 13.32639)
キャンパス 都市
ノーベル賞受賞者数 10[4][5][6]
ウェブサイト www.tu-berlin.de/menue/home/parameter/en
テンプレートを表示
南側から見たメインの建物

ベルリン工科大学(Technische Universität Berlin、略称: TU Berlin)は、ベルリンに4つある大学のひとつ。総合工科大学である。

沿革[編集]

ベルリン工科大学の歴史は、プロイセン国王フリードリヒ2世によって1770年に創設された鉱山夫・精錬工教習所(Berg- und hüttenmännische Lehrinstitut)にまで遡ることができる。他にも、1799年創立のベルリン建築アカデミー(Berliner Bauakademie)、1821年創設のベルリン工科学校(Berliner Technische Schule)などが、大学の前身として挙げられる。その後、1879年にドイツ初の工科大学である王立シャルロッテンブルク工科大学(Königliche Technische Hochschule Charlottenburg)が創設される。1946年、人文系の学科も併設する工科大学として新設され、呼称も現在の「Technische Universität Berlin」に改称される。1960年代後半には、ベルリン自由大学とともに当時の西ベルリンにおける学生運動の中心部となる。1980年のベルリン教育大学の解消にともない、いくつかの学部が工科大学にも吸収される。東西ドイツ再統一後は、ドイツ有数のマンモス大学として知られる。現在、ドイツで二番目に大きな工科大学でもある。

組織[編集]

2010年現在、7学部から構成されている。

  1. 人文学部
  2. 数学自然科学学部
  3. プロセス科学学部
  4. 電気工学コンピューター科学学部
  5. 機械工学・交通システム学部
  6. 建築学環境学社会学都市工学などの併合学部(土木工学・応用地球科学なども)
  7. 経済経営学部

キャンパス[編集]

キャンパスは西ベルリン地区の様々な場所に60万平方メートルにわたって広がっている。その中でもメインキャンパスはシャルロッテンブルク区の東端に位置しており、以前西ベルリンの鉄道の玄関口でもあったツォー駅(詳細はベルリン中央駅を参照)から徒歩でたどり着くこともできる。最寄り駅は地下鉄2号線を利用しツォー駅より1駅のエルンスト・ロイター広場駅となる。また、ベルリン中心部に大きく広がる公園、ティーアガルテンに隣接している。メインキャンパス前を貫く広い道路は6月17日通りと呼ばれ、この道に沿って東の方へ歩いてゆくと、ティーアガルテンを眺めながら、戦勝記念塔ブランデンブルク門ウンター・デン・リンデンなどがありベルリン中心部に位置していることがよくわかる。観光地に関する詳細はベルリンの項を参照されたい。

主な出身者[編集]

物理学や工学、建築の分野を中心に著名な学者を輩出している。

かつて教鞭をとった人物[編集]

関連文献[編集]

  • Josef Becker: Von der Bauakademie zur Technischen Universität. 150 Jahre technisches Unterrichtswesen in Berlin. Berlin 1949
  • Reinhard Rürup (Hrsg.): Wissenschaft und Gesellschaft. Beiträge zur Geschichte der Technischen Universität Berlin 1879-1979. 2 Bde., Berlin 1979
  • Karl Schwarz (Hrsg. im Auftrag des Präsidenten der TU Berlin): 1799-1999. Von der Bauakademie zur Technischen Universität Berlin. Geschichte und Zukunft. Eine Ausstellung der Technischen Universität Berlin aus Anlaß des 200. Gründungstages der Bauakademie und des Jubiläums 100 Jahre Promotionsrecht der Technischen Hochschulen. Aufsätze. Ernst & Sohn Verlag für Architektur und technische Wissenschaften GmbH, Berlin, 2000, ISBN 3-433-01735-2

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]