ヴォルフガング・パウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1989年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:イオントラップ法の開発

ヴォルフガング・パウル(Wolfgang Paul, 1913年8月10日1993年12月7日)はイオントラップ法英語版の開発者の一人で、四重極イオントラップ英語版を開発した。ドイツ人物理学者。1989年にノーベル物理学賞を受賞した。

ドイツのローレンツキルヒに生まれ、父が薬学部の教授を務めていたミュンヘンで育った。ミュンヘン工科大学に数年通った後、1934年にベルリン工科大学に転校し、1937年にハンス・ガイガーの下で卒業している。博士課程時代はキール大学のハンス・コッファーマンの下で研究を行い、空軍に徴兵された後の1940年にベルリン工科大学で博士号を取得している。その後数年間は、ゲッティンゲン大学でハンス・コッファーマンとともに講義を担当した。彼はボン大学で実験物理学の教授に任命され、1952年から1993年までそこで勤めた。1965年から1967年にかけての2年間は欧州原子核研究機構(CERN)に、責任者として赴任した。

第二次世界大戦中は、核兵器に使う核分裂性物質の生産に必要な、同位体分割の研究を行った。息子のシュテファン・パウルも、ミュンヘン工科大学の実験物理学の教授を務めている。