カイ・シーグバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイ・シーグバーン
カイ・シーグバーン(1981年)
人物情報
生誕 1918年4月20日
スウェーデンの旗 スウェーデンルンド
死没 2007年7月20日(89歳)
スウェーデンの旗 スウェーデンエンゲルホルム
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身校 ストックホルム大学
学問
研究分野 物理学
研究機関 スウェーデン王立工科大学
ウプサラ大学
主な業績 高分解能光電子分光法
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(1981年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:高分解能光電子分光法の開発

カイ・シーグバーン(Kai Manne Börje Siegbahn, 1918年4月20日ルンド2007年7月20日)は、スウェーデン物理学者。1944年にストックホルム大学で博士号を取得し、1981年に光電子分光法の研究により、ニコラス・ブルームバーゲンアーサー・ショーローとともにノーベル物理学賞を受賞した。シーグバーンは、高分解能の光電子分光法によって化学分析を行う手法を開発した。ウプサラ大学のオングストローム研究所で働いていた。

父親のマンネ・シーグバーンも1924年にノーベル物理学賞を受賞している。