カルロ・ルビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・ルビア
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1984年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:弱い相互作用を媒介する場の素粒子(ウィークボゾン)の発見を導いた巨大プロジェクトへの貢献

カルロ・ルビアCarlo Rubbia1934年3月31日 - )はイタリア物理学者。1984年のノーベル物理学賞受賞者。

経歴[編集]

ゴリツィア出身。ピサの Scuola Normaleで宇宙線の研究をした後1958年ころ渡米しコロンビア大学ミューオンの実験に加わる。1960年頃、ヨーロッパに戻り、新設された欧州原子核研究機構(CERN)で弱い相互作用に関する実験を行った。1970年にハーバード大学の教授になったが、ヨーロッパとの間を行き来してCERNでの仕事を続けた。1976年に陽子と反陽子を同一のリング中で加速するSuper Proton Synchrotron (SPS)の製作を指導した。SPSは1981年から稼動し、1983年1月にUA1検出器でWボソンの生成されたことを発表した。2ヶ月後にはZボソンも観測された。

1984年、カルロ・ルビアはシモン・ファンデルメールとともに、ノーベル物理学賞を受賞した。史上、発見から受賞までが最も短いノーベル賞受賞となった。

1989年から1993年までCERNのジェネラルディレクターを務めた。

また、ルビアは加速器駆動未臨界炉(加速器で陽子を燃料にあてて中性子を発生させる原子炉)の構想を提案している。トリウムを燃料とするもので、本質的に暴走事故の恐れがないこと、放射性廃棄物の半減期が短いことなどの特徴がある。

関連項目[編集]