ケネス・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1982年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:相転移に関連した臨界現象に関する研究

ケネス・G・ウィルソンKenneth Geddes Wilson1936年6月8日 - 2013年6月15日)は、アメリカ合衆国物理学者。「相転移に関連した臨界現象に関する研究」により、1982年ノーベル物理学賞を受賞した。

経歴[編集]

1936年にハーバード大学化学部教授のブライト・ウィルソン・ジュニアの息子としてマサチューセッツ州ウォルサムで生まれた。一回の飛び級を経験して1952年にハーバード大学に入学し、数学を専攻とするかたわら物理学も学んだ。大学卒業後は、カリフォルニア工科大学の大学院でゲル=マンのもとで原子物理学の研究を行った。

ハーバード大学やCERNの研究員などを経て1963年にコーネル大学の助教授に就任し、そのまま準教授、教授となった。1988年より、オハイオ州立大学に移っている。

2013年6月15日、リンパ腫の合併症のためメーン州の老人ホームで死去した[1]。77歳没。

業績[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケネス・ウィルソン氏が死去 米ノーベル物理学賞受賞者 日本経済新聞 2013年6月19日