アブドゥッサラーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1979年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:電磁相互作用と弱い相互作用の統一理論への貢献、特に中性カレントの予想
アブドゥッサラーム, 1987

アブドゥッサラーム(عبد السلام, Abdus Salam、1926年1月29日 - 1996年11月21日)は、パキスタン物理学者である。スティーヴン・ワインバーグシェルドン・グラショウとともにワインバーグ・サラム理論を完成させ、これにより1979年のノーベル物理学賞を受賞した。

人物[編集]

イギリス領インド帝国(現在のパキスタンパンジャーブ地方 (イギリス領インド帝国)英語版(現在のパンジャーブ州)にあるジャング県(Jhang District, 現在のen:Sahiwal District)のSantokdasという町で生れる。パンジャーブ大学で学んだ後、1946年に奨学金を得てケンブリッジ大学に留学し数学と物理学を学ぶ。1951年に物理学の学位を得て帰国したが、1954年から再び渡欧し、ケンブリッジ大学の講師、インペリアル・カレッジ・ロンドンの教授、ICTP(International Center for Theoretical Physics、国際理論物理学センター-トリエステ)の所長をつとめた。

1986年9月21日、中国科学技術大学より名誉博士号を授与された。

外部リンク[編集]