ヤコブ・ベッケンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブ・ベッケンシュタイン

ヤコブ・ベッケンシュタイン(Jacob David Bekenstein,1947年5月1日-)はブラックホール熱力学の創立に、また情報と重力のあいだの他の見方について貢献した物理学者である。かれはメキシコメキシコシティで生まれた。ヘブライ大学の理論物理学の教授である。

2012年ウルフ賞物理学部門受賞。

主な業績[編集]

1972年にベッケンシュタインは初めてブラックホールに対してちゃんとしたエントロピーを提唱した。ベッケンシュタインはまた熱力学の第二法則をブラックホールを含む系でのブラックホール熱力学として定式化をした。それはまた、二年後にスティーヴン・ホーキングホーキング輻射が存在することに対して肯定となるものであった。