ヤキール・アハラノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤキール・アハラノフ(Yakir Aharonov, 1932年8月28日 - )はイスラエル生まれの物理学者である。チャップマン大学教授。 電子の波に、外部に電場も磁場もないコイルによって、位相変化が生じるというアハラノフ=ボーム効果(AB効果)を発表した。

経歴[編集]

テルアビブに生まれた。イスラエル工科大学 (Technion)で学んだ後、イギリスのブリストル大学で学び、1959年デヴィッド・ボーム(1917-1994)とアハラノフ・ボー厶効果(AB効果)について発表をした。1960年ブリストル大学で学位を得た。1960年から1961年の間はブランダイス大学で研究し、1961年からイェシーバー大学助教授。1967年からテルアビブ大学、イェシーバー大学教授を併任、1973年からテルアビブ大学サウスカロライナ大学教授を併任。2006年からジョージ・メイソン大学教授、2008年から現職。

アハラノフ・ボーム効果の実在性については賛否両論があったが、1980年代半ばに日立製作所基礎研究所の外村彰による実験で検証された。

受賞歴[編集]

  • 1984年:Weizmann Prize in Physics
  • 1984年:Rothschild Prize in Physics
  • 1989年:The Israel National Prize in Physics
  • 1991年:Elliot Cresson Medal
  • 1995年:Hewlett-Packard Europhysics Prize
  • 1998年:ウルフ賞物理学部門
  • 2010年:アメリカ国家科学賞

関連図書[編集]

関連項目[編集]