アンソニー・レゲット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・レゲット
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2003年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:超伝導と超流動の理論に関する先駆的貢献

アンソニー・ジェームズ・レゲット(Anthony James Leggett 、トニー・レゲット 1938年3月26日 - )は、イギリス出身の物理学者イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校教授などを歴任。2007年からは、Institute for Quantum Computing(ウォータールー大学)で研究を行っている。

ロンドンキャンバーウェルで生まれる。奨学金を得てオックスフォード大学ベリオール・カレッジで学ぶ。

1960年代半ばに京都大学理学部で日本語論文の英訳や閲読の仕事(Progress of Theoretical PhysicsのLanguage Consultant)に就いており、日本語が流暢である。

その経験を元に理系論文の書き方を発表し、現在では基本の名著となっている[1]

2003年、「超伝導超流動の理論に関する先駆的貢献」によりノーベル物理学賞を受賞。

業績[編集]

著書[編集]

物理学のすすめ 科学選書 ISBN 4314005394

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A. J. Leggett:Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists,日本物理学会誌,21(11),790-805, 1966

外部リンク[編集]