ハーバート・フリードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーバート・フリードマン
人物情報
生誕 1916年6月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 2000年9月9日(満84歳没)
出身校 ジョンズ・ホプキンス大学
学問
研究分野 物理学
主な受賞歴 ウィリアム・ボウイ・メダル(1981年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ハーバート・フリードマンHerbert Friedman, 1916年6月21日 - 2000年9月9日)はアメリカ合衆国物理学者である。天体からのX線の観測を行い、X線天文学のパイオニアとなった。1987年のウルフ賞を受賞している。

ニューヨークに生まれた。ジョンズ・ホプキンス大学で学んだあと海軍技術研究所に入り、X線・ガンマ線の検出装置の開発や蛍光X線分析装置の開発を行った。1949年にはソビエト連邦の最初の核実験による放射能を検出した。1950年頃までに研究の中心を宇宙からのX線に関する研究に移し、1949年、地球の厚い大気で吸収されるX線を検出するためにロケットに検出器を搭載して、太陽から放出されるX線を検出した。太陽からのX線の研究の後、それ以外の天体からのX線の研究を行い、1964年にかに星雲からのX線の観測などを行った。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]