ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
University of Bonn
Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn
創立 18 October 1818
学校種別 公立大学
学長 Jürgen Fohrmann
職員 6,500[1]
学生 > 31,000[1]
所在地 ドイツボン
キャンパス Urban
所属提携 エウロペウム
EUA
ウェブサイト www.uni-bonn.de
テンプレートを表示

ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボンドイツ語: Universität Bonn)は、ドイツボンにある総合大学。通称はボン大学

以降、本項では「ボン大学」と呼称する。

概要[編集]

ボン市(旧・西ドイツの連邦首都)は、ライン地方の生活様式を保ち、その芸術と文化を、今に伝えるライン川の中央部に位置している。1989年には、ローマ帝国によって町が開かれてから第2000年目の記念日を祝ったところである。町には、文化的潤いが溢れている。具体的にはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生誕地があり、また旧市庁舎や毎日開いている市場、博物館があり、その他多くの歴史的建物がある。そして、数多くのドイツ国内におけるイベントの発祥地ともなっている。ボン大学は、現在135以上の異なる国から5,000人以上の外国人学生を含む合計31,000人の学生を受け入れている。学生は、カリキュラムを100以上の異なるテーマの中から選ぶことができる。

沿革[編集]

1818年に、当時のプロイセン王国が設立する。ドイツでは、比較的歴史の浅い大学であるが、その名にRheinische Friedrich-Wilhelmsの名を冠しているように、プロイセン王国が大学の充実に努めたため、その規模はドイツの他の大学にひけを取らないものとなっている。1918年ヴァイマル共和政設立以降も大学は存在し、その後のドイツが辿った不幸の歴史を見つめ続けた。1945年の新生ドイツ連邦共和国設立以降も、その陣容と環境の充実に努めたため、自然科学、人文科学系を中心として、比較的充実した環境の大学となっている。

場所[編集]

ボンの中央広場にある本館(人文科学部および事務局が使用)ならびに市内に点在する。

教育機関[編集]

以下の7つの学部を擁する。

  • Katholisch-Theologische Fakultät(カトリック神学部)
  • Evangelisch-Theologische Fakultät(プロテスタント神学部)
  • Rechts- und Staatswissenschaftliche Fakultät(法学・国家学部)
  • Medizinische Fakultät(医学部)
  • Philosophische Fakultät(哲学部)
  • Mathematisch-Naturwissenschaftliche Fakultät(数学・自然科学部)
  • Landwirtschaftliche Fakultät(農学部)

なお、国家学 (Staatswissenschaft) は日本語でいうところの社会科学ほどの意味である。

研究機関[編集]

著名な学生[編集]

著名な研究者[編集]

著名な留学生[編集]

ノーベル賞受賞者[編集]

卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b University of Bonn (2007年6月). “University of Bonn at a glance”. 2008年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月8日閲覧。
  2. ^ 吉野正敏(1998)"二〇世紀の地理学者たち 第32回 ヘルマン・フローン"地理古今書院).48(8):86-94.(88ページより)

外部リンク[編集]