ハンス・ペルツィヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
執筆するハンス・ペルツィヒ

ハンス・ペルツィヒ(Hans Poelzig、1869年4月30日 - 1936年6月14日)はドイツの芸術家・建築家。ドイツ表現主義を代表する建築家のひとり。規則的なパターンによる表層的な造形によって建築設計を行い、エアンスト・マイと並び、建築における新即物主義を代表する人物でもある。

ベルリン出身。ブレスラウで美術教師を経験の後、ベルリン工科大学で教鞭を取った。その傍ら1919年に「劇場の魔術師」と呼ばれたマックス・ラインハルトの依頼で、ベルリン大劇場(Großes Schauspielhaus)の設計を行う。サーカス小屋の改装という安上がりなものではあったものの、観客の眺望に最大限の配慮を図り劇場建築としては評価の高いものの一つに数えられる。

その他にもポズナンの給水塔、ルボン(Luboń)の化学工場、ベルリンラジオ放送局ビルなどを手がけ、1931年にはIGファルベン本社ビルを設計した。また、ソビエト宮殿のプロジェクトにも自ら応募している。

ベルリン大劇場 
ベルリンラジオ放送局 
IG・ファルベン本社 
ベルリン・バビロン座劇場 

関連項目[編集]