コンスタンティノス・ドキシアディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティノス・ドキシアディスギリシア語: Κωνσταντίνος Α. Δοξιάδης, ラテン文字表記: Constantinos Apostolos Doxiadis、1913年 - 1975年)は、ギリシャ都市計画家。エントピア、エキュメノポリスなどを提唱し、世界の都市計画に大きな影響を与えた人物。

超個人的速度と化した現代社会の変化に対応すべくアテネに自身の研究所と教育機関・学校、そして設計事務所をもち、都市総合科学・エキスティックスの確立を提唱。

著書は多数あるが、日本では『新しい都市の未来像』(1969)、『エントビア、ディストピアとユートピアの間に』(1975)、『現代建築の哲学』 (1979)などが邦訳されている。 都市開発、再開発、住宅地計画や交通、農村計画、工業製品のデザインなど、様々な分野またスケールに関する計画を手がけた。

人間定住社会[編集]

またドクシアディスは『新しい都心の未来像』(1969年)において、最適な対数スケールとして表した、地表の物理的空間のことを「人間定住社会」と呼んだ。

循環する家族構成、人口過剰、急速な社会化、機械の浸透、工業化と近代技術 都市化、経済の発展、各因子の並存という 8つの因子を都市の基本要因として捉え、近代都市の進化を推進した。

主な都市計画実績[編集]

関連項目[編集]

イスラマバード - 手がけた都市の1つ