ベルリン自由大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン自由大学
Freie Universität Berlin
Wappenschild FU Berlin.JPG
校訓 ラテン語: Veritas, Iustitia, Libertas真理正義自由
創立 1948年
学校種別 国立大学
運営資金 3億6,500万ユーロ (2008)
学長 ペーター=アンドレ・アルト
教職員 4,871 (2007) / 教授 356 (2010)
学生 32,800 (2010)
博士課程 4,300 (2010)
所在地 ドイツの旗 ドイツベルリン
住所 Kaiserswerther Straße 16-18
14195 Berlin
ウェブサイト www.fu-berlin.de
テンプレートを表示
フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ベルリン(1900年当時)
大学付属植物園
Silberlaube
文献学図書館
社会学研究所
オットー・ズーア政治学研究所

ベルリン自由大学(ベルリンじゆうだいがく、Freie Universität Berlin / Free University of Berlin)はドイツベルリンに所在する総合大学である。

ドイツとヨーロッパ大陸における主要な研究大学の一つであり、ベルリンに所在する4つの大学の中で最も規模が大きい。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティ (Exzellenzinitiative) に指定された十一大学の一つ[1]。大学における研究は、自然科学の諸分野と並んで社会科学人文科学に重点が置かれているのが特徴である。冷戦の初期、ソビエト連邦占領当局による統制が日増しに強まっていたフリードリヒ・ヴィルヘルム大学ベルリン(Friedrich-Wilhelms-Universität zu Berlin, 今日のフンボルト大学ベルリン)から学生や教授らが離反し、1948年に西ベルリンに設立された。ベルリン自由大学の名称は、ソ連占領地域とは対照的な、自由な世界の一部としての当時の西ベルリンの状況に由来している。

現在ベルリン自由大学は、フンボルト大学と共同で運営しているシャリテ医科大学 (Charité) を除くと、ドイツ研究財団 (Deutsche Forschungsgemeinschaft, DFG) の8つの共同研究センターを主導しており、また同財団の5つの研究ユニットを持っている。研究者に関しては、研究業績に対して与えられるドイツで最も有名な賞、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を、現在まで15人のベルリン自由大学の研究者が受賞している。

沿革[編集]

第二次世界大戦以前からベルリンを代表する総合大学、フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ベルリンは、ドイツ敗戦後、ベルリンが戦勝4か国によって分割占領されると、ソ連占領地域である東ベルリンに位置することになった。ソ連占領当局が大学統制を強める中、これ反発する学生や同調する教授・研究者はマックス・プランク研究所などの協力を得て、1948年に西側占領地域ダーレム地区ドイツ語版に新たな大学の運営を開始した。これがベルリン自由大学である。

1968年、パリ大学ロンドン大学カリフォルニア大学バークレー校に同調する学生運動が、ルディ・ドゥチュケに率いられた社会主義ドイツ学生連盟 (Sozialistischer Deutscher Studentenbund) により巻き起こされた。

1980年代には、学生数66,000名のドイツ最大の大学となるも、東西統合後のベルリンにおける大学再編の動きにより、1990年代には38,000名までに縮小されている。

キャンパス[編集]

大学の大部分の施設はベルリンの南西シュテーグリッツ=ツェーレンドルフ区内のダーレム地区ドイツ語版に所在する。

関係者[編集]

教員など[編集]

卒業生など[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]