シグマンド・ノイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シグマンド・ノイマン(Sigmund Neumann, 1904年5月1日 - 1962年10月22日)は、ドイツ出身の政治学者。ドイツ語読みでジークムント・ノイマンとも表記される。

経歴[編集]

ライプツィヒユダヤ人家庭に生まれる。ハイデルベルク大学、フランスのグルノーブル政治学院ライプツィヒ大学で社会学、経済学などを学び、ライプツィヒでは社会学者のハンス・フライヤーに師事した。大学卒業後はライプツィヒ大学(1926 - 1928年)、ベルリンのドイツ政治大学(現ベルリン自由大学)(1928 - 1933年)で教鞭をとるが、アドルフ・ヒトラー政権の誕生を受けて1933年イギリスに移住する。

英国で王立国際問題研究所研究員、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス講師を務めた後、1934年に米国に移住、コネチカット州ウェスリアン大学に助教授として迎えられ、同校で政治学、近代史を講義する。1944年には正教授に昇格して社会科学部長も務めた。第二次世界大戦後の1949年からは再び母国ドイツに戻ってミュンヘン大学、ベルリン自由大学の客員教授となり、戦後ドイツ政治学の復興に努力した。その功績を称えられ、ミュンヘン大学(1949年)、ベルリン自由大学(1962年)の両校から名誉博士号を授与されている。

また、米国でも引き続き教鞭をとり、イェール大学ハーバード大学コロンビア大学ミシガン大学アナーバー校などの客員教授も務めた。1962年コネチカット州ミドルタウンで死去。

ドイツ政治の研究から出発し、その後は政党理論などの研究を行なったが、自らの経験も踏まえ、ソビエト連邦共産党ファシスト党ナチ党などによる独裁の理論的考察も行い、『大衆国家と独裁』を著した。同書はフランツ・レオポルド・ノイマンの『ビヒモス』(1942年)やエーリヒ・フロムの『自由からの逃走』(1941年)、エミール・レーデラーの『大衆の国家』(1940年)、ゲオルク・ヴォルフガング・フェリックス・ハルガルテンの『独裁者』(1957年)などとともに、ドイツからの亡命者による独裁研究として評価が高い。

著作[編集]

単著[編集]

  • Die Stufen des preußischen Konservatismus: Ein Beitrag zum Staats und Gesellschaftsbild Deutschlands im 19. (Ebering, 1930).
  • Die deutschen Parteien. Wesen und Wandel nach dem Kriege. (Junker und Dunnhaupt, 1932).
  • Permanent Revolution: The Total State in a World at War. (Haper and Row, 1942/2nd ed., Frederick A. Praeger, 1965).
岩永健吉郎岡義達高木誠訳『大衆国家と独裁――恒久の革命』(みすず書房、1960年/新装版、1998年)
  • The Future in Perspective. (G.P. Putnam, 1946).
曽村保信訳『現代史――未来への道標(上・下)』(岩波書店、1956年)
  • Makers of modern strategy. (Princeton University. Press, 1943).
  • Leadership. (Wesleyan University, 1941).
  • Die Parteien der Weimarer Republik (Kohlhammer, 1965).
Die deutschen Parteien 1932の増補改題

編著[編集]

  • Modern Political Parties: Approaches to Comparative Politics. (University of Chicago Press, 1956).
渡辺一訳『政党――比較政治学的研究(1・2)』(みすず書房、1958 - 1961年)

外部リンク[編集]