ティモシー・ガートン・アッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティモシー・ガートン・アッシュ

ティモシー・ガートン・アッシュ(Timothy Garton Ash, 1955年7月12日 - )は、イギリス歴史学者。専門は、ヨーロッパ現代史。

オックスフォード大学卒業。ヒトラー政権に対する抵抗運動の研究のため、ベルリン自由大学およびフンボルト大学に留学。その間、共産党体制下の東欧諸国を訪れ、『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』、『インディペンデント』紙、『タイムズ』紙などに反体制活動のレポートを寄稿し、また1989年の東欧革命の熱狂を現地で体験した。現在、オックスフォード大学セント・アンソニーズ校教授、スタンフォード大学フーバー研究所上級研究員。

著書[編集]

単著[編集]

  • Und willst du nicht mein Bruder sein: Die DDR heute, (Rowohlt, 1981).
  • The Polish Revolution: Solidarity, 1980-82, (J. Cape, 1983).
  • The Uses of Adversity: Essays on the Fate of Central Europe, (Random House, 1989).
  • The Magic Lantern: the Revolution of '89 Witnessed in Warsaw, Budapest, Berlin, and Prague, (Random House, 1990).
  • In Europe's Name: Germany and the Divided Continent, (Random House, 1993).
杉浦茂樹訳『ヨーロッパに架ける橋――東西冷戦とドイツ外交(上・下)』(みすず書房, 2009年)
  • The File: A Personal History, (Random House, 1997).
今枝麻子訳『ファイル――秘密警察とぼくの同時代史』(みすず書房, 2002年)
  • History of the Present: Essays, Sketches, and Dispatches from Europe in the 1990s, (Random House, 1999).
  • Free World: Why a Crisis of the West Reveals the Opportunity of Our Time, (Allen Lane, 2004).
『フリー・ワールド――なぜ西洋の危機が世界にとってのチャンスとなるのか?』、添谷育志葛谷彩金田耕一丸山直起訳、風行社、2011
  • Facts are subversive: political writing from a decade without a name, Yale University Press, 2010.
『ダンシング・ウィズ・ヒストリー――名もなき10年のクロニクル』、添谷育志監訳、風行社、2013年

編著[編集]

  • Freedom for Publishing, Publishing for Freedom: the Central and East European Publishing Project, (Central European University Press, 1995).
  • Civil resistance and power politics: the experience of non-violent action from Gandhi to the present, co-edited with Adam Roberts, Oxford University Press, 2009.

外部リンク[編集]