ベルンハルト・シュリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルンハルト・シュリンク
Bernhard Schlink
BernhardSchlinkPortrait.jpg
ベルンハルト・シュリンク(2005年)
誕生 1944年7月6日(70歳)
ドイツの旗 ドイツ ビーレフェルト
職業 小説家法学者
国籍 ドイツの旗 ドイツ
文学活動  
主な受賞歴 フリードリヒ・グラウザー賞(1989年)
ドイツ・ミステリ大賞(1993年)
ヴェルト文学賞(1999年)
朴景利文学賞(2014年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ベルンハルト・シュリンクBernhard Schlink, 1944年7月6日 - )は、ドイツ小説家法学者。法学者としての専門は公法学

ビーレフェルト出身。ハイデルベルク大学ベルリン自由大学で法律を学び、卒業後はノルトライン・ヴェストファーレン州の憲法裁判所判事などを務める。1982年から1991年までボン大学で、現在はフンボルト大学ベルリンで教鞭を執っている。

1987年ヴァルター・ポップとの共著による推理小説『ゼルプの裁き』で作家デビュー。1993年『ゼルプの欺瞞』でドイツ・ミステリ大賞を受賞。1995年に自身の少年時代を題材にした『朗読者』を発表、ドイツ、アメリカでベストセラーとなり39か国語に翻訳された。またこの作品はドイツ語圏の作品で初めて『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラーリストにおいて1位を獲得し、2008年には『愛を読むひと』として映画化もされた。

主な作品[編集]

私立探偵ゲーアハルト・ゼルプ三部作[編集]

  • ゼルプの裁き Selbs Justiz (1987) (2002年、小学館、岩淵達治ほか訳)
  • ゼルプの欺瞞 Selbs Betrug (1992) (2002年、小学館、平野卿子訳) - ドイツ・ミステリ大賞受賞
  • ゼルプの殺人 Selbs Mord (2001) (2003年、小学館、岩淵達治ほか訳)

その他[編集]

  • ゴルディオスの結び目 Die gordische Schleife (1988) (2003年、小学館、岩淵達治ほか訳) - グラウザー賞(ドイツ推理作家協会賞)受賞
  • 朗読者 Der Vorleser (1995) (2000年、新潮社、松永美穂訳)のち文庫 
  • 逃げてゆく愛 Liebesfluchten (2000) (2001年、新潮社、松永美穂訳)のち文庫 
  • 帰郷者 Die Heimkehr (2006) (2008年、新潮社、松永美穂訳)
  • 週末 Das Wochenende (2008) (2011年、新潮社、松永美穂訳)
  • 夏の嘘 Sommerluegen (2010) (2013年、新潮社、松永美穂訳)

アンソロジー[編集]

  • 美しい子ども (2013年、新潮社) 『リューゲン島のヨハン・セバスティアン・バッハ』(松永美穂訳)を収録。

研究書[編集]

  • 『現代ドイツ基本権』ボード・ピエロート共著 永田秀樹,松本和彦,倉田原志訳 法律文化社 2001
  • 『過去の責任と現在の法 ドイツの場合』岩淵達治,藤倉孚子,中村昌子,岩井智子訳 岩波書店 2005


関連項目[編集]

外部リンク[編集]