リューゲン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク=フォアポンメルン州の地図。濃い部分がリューゲン島
リューゲンの地図
リューゲン島の衛星写真

リューゲン島(リューゲンとう、ドイツ語: Rügen, ポーランド語: Rugia)は、バルト海に浮かぶドイツ最大のメクレンブルク=フォアポンメルン州に属する。935平方キロメートルに約7万3,000人が住む(2001年)。隣接する小島 ヒデンゼー島ウマンツ島などと共にフォアポンメルン=リューゲン郡に属している。

歴史[編集]

紀元前4000年頃からどの民族かは不明ながら、定住者がいたと確認されている。その後、スカンディナヴィア人とゲルマン人がこの島に移住。彼らが離れた後、7世紀スラヴ人が来島し定住した。三十年戦争中期の1632年スウェーデン領有される。1648年に三十年戦争の講和条約ヴェストファーレン条約によってスウェーデン領となった。大北方戦争において、プロイセン王国に占領されたが、1720年ストックホルム条約によってスウェーデンに返還された。その後もスウェーデンのヨーロッパ大陸における前線基地となったが、ナポレオン戦争期のキール条約によって、プロイセンに引き渡され、フォアポンメルン州(1945年まで)の一部となった。第二次世界大戦後は東ドイツロストック県に属した。ドイツ再統一後はメクレンブルク・フォアポンメルン州に属し、現在に至る。

観光[編集]

リューゲン島はドイツ本土のシュトラールズントでつながっている。また、シュトラールズントやグライフスヴァルトヴォルガストからフェリーも出ている。東海岸は込み合った観光地になっており、そのうちの幾つかは蒸気機関車でもアクセスできる。ヤスムント国立公園がある。

主要都市[編集]

リューゲン島との姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯54度24分47秒 東経13度21分32秒 / 北緯54.413度 東経13.359度 / 54.413; 13.359