シュトラールズント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Stralsunder Wappen Karte Hansestadt Stralsund in Deutschland
基本情報
連邦州: メクレンブルク=フォアポンメルン州
郡: フォアポンメルン=リューゲン郡
緯度経度: 北緯 54度18分
東経 13度05分
標高: 海抜 5 m
面積: 38.97 km²
人口:

57,357人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,472 人/km²
郵便番号: 18435, 18437, 18439
市外局番: 03831
ナンバープレート: HST
自治体コード: 13 0 73 088
市庁舎の住所: PF 2145
18408 Stralsund
ウェブサイト: www.Stralsund.de
上級市長: アレクサンダー・バドロウ (Alexander Badrow) (CDU)

シュトラールズント (Stralsund) はドイツの都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州フォアポンメルン=リューゲン郡に属する(郡庁所在地)。人口は約5万8千人(2008年)で、同州第4の都市である。

地勢[編集]

Stralsund, Altstadt (2011-05-21) 4.JPG

バルト海に面した港湾都市。リューゲン島ヒデンゼー島へ渡る際の交通の拠点。近隣の都市としては、約45キロ西にオストゼーバート・ヴストロウ、約55キロ南西にロストック、85キロ南にノイブランデンブルクが位置している。

歴史[編集]

1209年に成立、1234年に都市権を獲得した。街の成立当初はリューベックと対立して街が破壊されたこともあったが、1278年ハンザ同盟都市の一員となり、リューベックとの関係も改善されていった。1370年には、この地でハンザ同盟らとデンマークとの間にシュトラールズントの和議が成立している。17世紀三十年戦争(1618~48)の講和条約であるヴェストファーレン条約によってスウェーデン領となったが、ナポレオン戦争を経てプロイセンの支配下へ置かれた。スウェーデン語では、ストラルスンドと呼ばれる。

姉妹都市[編集]

世界遺産、「シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区」[編集]

世界遺産 シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区
ドイツ
ニコライ教会
ニコライ教会
英名 Historic Centres of Stralsund and Wismar
仏名 Centres historiques de Stralsund et Wismar
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 2002年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
ヤコブ教会
マリエン教会

シュトラールズントは、「シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区」として世界遺産に登録されている。 この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ドイツの世界遺産
World Heritage Sites in the Federal Republic of Germany

文化遺産
アーヘン大聖堂 | シュパイアー大聖堂 | ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 | ヴィースの巡礼教会 | ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト | ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル聖堂 | トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂 | ハンザ同盟都市リューベック | ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ロルシュの修道院とアルテンミュンスター | ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム | バンベルク市街 | マウルブロン修道院の建造物群 | クヴェードリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 | フェルクリンゲン製鉄所 | ケルン大聖堂 | ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 | アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 | 古典主義の都ヴァイマル | ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ヴァルトブルク城 | デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 | 僧院の島ライヒェナウ | エッセンのツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 | ライン渓谷中流上部 | シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区 | ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 | ドレスデン・エルベ渓谷 | レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ | ベルリンのモダニズム集合住宅群 | ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ポーランドと共有) | ローマ帝国の国境線(イギリスと共有) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | アルフェルトのファグス工場 | バイロイトの辺境伯歌劇場
自然遺産
メッセル採掘場の化石発掘現場| ワッデン海(オランダと共有)| カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群(ウクライナ、スロバキアと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | ドイツの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ドイツの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

引用[編集]

外部リンク[編集]