ヴォルガスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Wolgast.png Locator map OVP in Germany.svg
基本情報
連邦州: メクレンブルク=フォアポンメルン州
郡: フォアポンメルン=グライフスヴァルト郡
アムト: アム・ペーネシュトロム
緯度経度: 北緯52度03分
東経13度46分
標高: 海抜 5 m
面積: 61.52 km²
人口:

12,355人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 201 人/km²
郵便番号: 17438
市外局番: 03836
ナンバープレート: VG
自治体コード: 13 0 75 144
行政庁舎の住所: Burgstraße 6
17438 Wolgast
首長: シュテファン・ヴァイクラー (Stefan Weigler)
郡内の位置
Wolgast in VG.svg


ヴォルガスト(Wolgast)はドイツ連邦共和国の都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州のオストフォアポンメルン郡に属する。Peenestrom川に面しており、跳開橋を通して、道路と鉄道で行き来できるウーゼドム島と向かい合っている。

歴史[編集]

聖ペトリ教会

現代ヴォルガストの先駆けは、ヴェンド人の拠点、Hologast砦であった。[2]1123年、Hologastはポメラニア公ヴァルティスラフ1世に明け渡された。[3]1128年、ヴェンド人はバンベルクのオットーに洗礼を施され、オットーは現地の神殿を破壊して、そこに聖ペトリ教会を建てた。まもなく、ドイツの入植者が発展しつつある町に移り住んだ。1282年、ヴァルティスラフ3世により、リューベック法を与えられた。[4]

宮殿(1652年
Rathaus Wolgast

ヴォルガストは、グライフェン家の支配が終わる1637年まで、1285年からポメラニア公の居住地であり[5]、公国の長年の分裂における、ポメラニア=ヴォルガスト公国の首都であった。居住用の宮殿は、ある島にルネサンス様式で建てられた。それゆえその島は、宮殿島と呼ばれている。[6]フィリップ・ユリウス公が跡継ぎを残さず死んだとき、ポメラニア=ヴォルガスト公爵の系譜は途絶えた。[7]

三十年戦争の間に、スウェーデン王国はヴォルガストを占領し、1815年までスウェーデン領ポメラニアの一部として保持した。大北方戦争のおり、アルトナでのスウェーデンの放火に対する報復として、1713年ロシア・ツァーリ国軍によって町は焼き払われた。[5]1つの教会と4つの礼拝堂、もう4つの建築物だけは火災を免れた。[5]したがって、旧市街の建物は18〜19世紀のものであり、[6]町役場は火災の後、バロック様式で再建された。[5]

1815年のポメラニアからのスウェーデンの撤退後、町はプロイセン王国のポンメルン州に組み入れられた。宮殿の最後の残骸は、1849年に運び出された。[6]ヴォルガストは、穀物取引のための港として19世紀を通じて繁栄した。[5]

1994年6月12日、ヴォルガストは郡役所所在地としての地位を失い、ヴォルガスト郡はオストフォアポンメルン郡と合併した。2011年には、フォアポンメルン=グライフスヴァルト郡の一部となった。

引用[編集]

  1. ^ メクレンブルク=フォアポンメルン州統計局 - 郡、アムトおよび市町村の2012年12月31日現在の人口 (XLS)
  2. ^ Schmidt, Roderich (22009): Das historische Pommern, Cologne, p. 159.
  3. ^ Schmidt, Roderich (22009): Das historische Pommern, Cologne, pp. 152, 160.
  4. ^ Schmidt, Roderich (22009): Das historische Pommern, Cologne, pp. 160-161.
  5. ^ a b c d e Berger (2008), p.361
  6. ^ a b c Dubilski (2003), p.173
  7. ^ Wolgast (1995), p.217