硝酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硝酸ナトリウム
Dusičnan sodný.PNG
Sodium-nitrate-unit-cell-3D-balls.png
IUPAC名 硝酸ナトリウム
別名 チリ硝石
組成式 NaNO3
式量 84.99 g/mol
形状 吸湿性の無色結晶
結晶構造 三方晶系
CAS登録番号 7631-99-4
密度 2.3 g/cm3, 固体
水への溶解度 92.1 g/100 mL (25 ℃)
融点 308 ℃
沸点 380 ℃(分解)
出典 ICSC

硝酸ナトリウム(しょうさんナトリウム、sodium nitrate)は硝酸のナトリウム塩で、化学式NaNO3で表される化合物である。天然にはチリ硝石という鉱物として鉱山から採掘される。工業的には硝酸をソーダ灰(炭酸ナトリウム)または水酸化ナトリウムと反応させることによって製造されている。

熱水にはよく溶けるが、温度が下がるにつれて水への溶解度は減じる。水溶液は中性を示す。無水メタノールには僅かに溶けるが、無水エタノールにはほとんど溶けない。

用途としては、マッチタバコ燃焼補助剤爆薬の成分、ロケットの固体推進剤、ガラス陶器の光沢剤・、太陽熱発電等の蓄熱媒体などがある。

また、食品の防腐剤として食品添加物に用いられるほか、葉菜類に多く含まれている。摂取すると血液中の酸素濃度を増加させるため健康に良いといわれているが、大量に摂取すると悪影響があるとされる。副作用としてがんにかかる危険性の増加が挙げられる。

硫酸と反応させて硝酸を製造するのに用いられる。生成物は分留によって精製され、残渣として硫酸水素ナトリウムが得られる。

その他にも塩化ナトリウム硝酸銀を混合すると


\rm NaCl + AgNO_3 \longrightarrow NaNO_3 + AgCl

の反応によって塩化銀が沈澱するので硝酸ナトリウムを得ることができる。

チリ硝石[編集]

硝酸ナトリウムの原料として19世紀から20世紀にかけてチリ硝石が重要な地位をしめた。その埋蔵量が最も多いのはチリアタカマ砂漠の鉱脈であり、1940年代まで一世紀にわたって採掘が行われた。チリの硝石採掘所であったハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群2005年世界遺産に登録された。

チリは現在も潜在的なチリ硝石鉱山を有しており、現在採掘が行われている鉱山はペドロ・デ・バルディビア (Pedro de Valdivia)、マリア・エレナ (Maria Elena)、パンパ・ブランカ (Pampa Blanca) などに存在する。チリ硝石の処理過程では硝酸カリウム硫酸ナトリウムヨウ素が得られる。

関連項目[編集]