ゲオルク・ド・ヘヴェシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1943年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:化学反応研究におけるトレーサーとしての同位体の応用研究

ゲオルク・ド・ヘヴェシーGeorge de Hevesy, ハンガリー語 Hevesy György, 1885年8月1日 - 1966年7月5日)はハンガリー生まれの化学者1923年ハフニウムを発見した。1943年化学反応研究におけるトレーサーとしての同位体の応用研究でノーベル化学賞を受賞した。

ブダペスト貴族の家柄に生まれ、エトヴェシュ・ロラーンド大学ベルリン大学フライブルク大学の各大学で学んだ。フライブルク大学、ストックホルムの有機化学研究所につとめた。フローゲン大学の、ディルク・コスターと共同してX線分析法を使って、ハフニウムを発見した。

ヘヴェシーはハンガリー人でコスターはオランダ人であるが、助言をうけたニールス・ボーアの研究所のあるコペンハーゲンのラテン語名ハフニアにちなんでハフニウムと名づけた。

第二次世界大戦によりデンマークがナチスドイツに占領されたため、ヘヴェシーはマックス・フォン・ラウエジェイムス・フランクから預かっていたノーベル物理学賞製のメダルを王水で溶かし、ニールス・ボーア研究所にしまってからスウェーデンへ亡命した。これは、二人がユダヤ系だったため訴追される恐れがあったこと、そしてメダルといえども金を国外へ持ち出すことが違法とされていたためである。ヘヴェシー自身がノーベル化学賞を受賞したのは亡命中のことであった。終戦後、ヘヴェシーは無事に残されていた溶液から金を精製し、ノーベル財団に依頼して二人のメダルを作りなおしてもらった。

その後ヘヴェシーはフライブルクで過ごし、1966年に同地で80歳で死去。遺体はブダペストのケレペシ墓地に埋葬された。