ジェイムス・フランク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・フランク
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1925年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:原子と電子の衝突に関する研究

ジェイムズ・フランクJames Franck1882年8月26日 - 1964年5月21日)は、ドイツユダヤ系物理学者ナチス政権に反対してアメリカに逃れた。グスタフ・ヘルツと行ったフランク=ヘルツの実験や、核兵器の無警告での使用に反対したフランクレポートで知られる。

略歴[編集]

James Franck, Chicago 1952

ハンブルクユダヤ系ドイツ人の銀行家の家に生まれた。ハイデルベルク大学で化学を、ベルリン大学で物理を学んだ。1912年から1914年にかけてグスタフ・ヘルツとともに「フランク=ヘルツの実験」を行い、1925年、この研究がもとでヘルツとともにノーベル物理学賞を受賞している。1920年からゲッティンゲン大学の第2物理研究所の所長を務めた。

フランク=コンドンの原理を示すエネルギー図

1926年、ファラデー協会の紀要に、のちのフランク=コンドンの原理のもととなる論文を発表した。

政権を握ったナチス・ドイツによる決定によって1933年7月に大学の職を追われた。 このときには大学の同僚33名がフランクの失職に抗議し、地方紙に新政権に協力しないという手紙を送付している。 海外へとユダヤ系学者が脱出する中、当初フランクはそうした若い研究者の職を奪わないようドイツに残る道を模索したが、反ユダヤ政策の急速な広まりとともにほどなくドイツではそうした道が見出せないことが明らかとなった。 1934年、ニールス・ボーアのいるコペンハーゲンを経由して、アメリカへと渡った。

アメリカでは、ボルチモアジョンズ・ホプキンス大学を経てシカゴ大学の教授を務めている。第二次世界大戦中はシカゴ大学冶金研究所 (Metallurgical Laboratory) でマンハッタン計画に協力した。1945年6月11日にはユージン・ラビノウィッチレオ・シラードらとともに、終戦後の核兵器管理体制の確立と、そのための日本への投下に先立つ示威行動の実施を求めるフランクレポートを政府に提出した。

1942年に長い闘病の末最初の妻を失った。 1946年にゲッティンゲンでの同僚でデューク大学の物理学教授であったハータ・シュポナー (Hertha Sponer) と再婚した。 2人の娘がおり、義理の息子はいずれも科学者であった。

関連項目[編集]