チャールズ・バークラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1917年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:元素の特性X線の発見

チャールズ・バークラCharles Glover Barkla1877年6月7日 - 1944年10月23日)は、イギリス物理学者である。特性X線の発見の功績により1917年ノーベル物理学賞を受賞した。

チェシャー州ウィドゥネスに生まれ、リヴァプール大学ケンブリッジ大学で学んだ。1909年にロンドン大学のキングス・カレッジ・ロンドンの物理学の教授となった。1913年にはエディンバラ大学の自然科学の教授になり、終生そこの教授であった。

1909年に C.A. Sadlerと元素に電子線をあてると、元素に固有な波長を持つ特性X線が発生することを発見した。

発見当時は特性X線の物理的意義は必ずしも明確でなかったが、1913年ヘンリー・モーズリーによって、特性X線の波長と原子の原子番号の関係が明らかにされた(モーズリーの式)。モーズリーは第一次世界大戦で戦死したため、ノーベル賞の受賞を逃したが、バークラは1917年ノーベル賞を受賞した。

スコットランドエディンバラで没した。