ウェンデル・スタンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェンデル・スタンリー
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1946年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:酵素とウイルスタンパク質の結晶化

ウェンデル・メレディス・スタンリー(Wendell Meredith Stanley, 1904年8月16日1971年6月15日)はアメリカ合衆国生化学者ウイルス学者で、1946年のノーベル化学賞受賞者。

インディアナ州リッジヴィル出身。アーラムカレッジで学士号を取得し、1927年にはイリノイ大学修士号を得る。1929年には化学分野で博士号を取得した。この年に彼は結婚している。その後1931年まで米国学術研究会議の一員としてミュンヘンで過ごした。帰国後ロックフェラー研究所の助手となり、1948年までその地位にあった。後にカリフォルニア大学バークレー校で生化学の教授となり、1958年には生化学部の部長となった。彼の業績にはビフェニルの立体化学やステロールの化学があげられるが、最も重要なものとして、タバコモザイクウイルスの単離、結晶化が挙げられる。この結果により、ウイルスたんぱく質と核酸のみからできているということが判明した。数グラムのタバコモザイクウイルスを得るために要したタバコの葉は数トンであったといわれる。

ノーベル賞以外にも多くの賞を受け、パリ大学ハーバード大学プリンストン大学あるいはイェール大学から名誉職に任ぜられた。カリフォルニア大学バークレー校には彼の名にちなんだスタンリーホールがある。スペインサラマンカで客死。

外部リンク[編集]