ジェラルド・ワッサーバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラルド・ワッサーバーグ
人物情報
生誕 1927年3月25日(87歳)
出身校 シカゴ大学
学問
研究分野 地質学
研究機関 カリフォルニア工科大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1985年)
クラフォード賞(1986年)
王立天文学会ゴールドメダル(1991年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジェラルド・ワッサーバーグ(Gerald Joseph Wasserburg、1927年3月25日 - )はアメリカ合衆国地質学者である。

シカゴ大学博士号を取得した。1959年からカリフォルニア工科大学で研究した。放射性元素同位体比の測定精度を上げるなど、太陽系と、太陽系を構成する天体の起源と進化の理解に貢献した。原始太陽系における元素合成過程の終焉、惑星隕石の生成の年代を確立した。

小惑星(4765) Wasserburg に命名された。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]