泡箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泡箱(1954年
泡箱の構造

泡箱(あわばこ、bubble chamber)は、ニュートリノなどの粒子を観測するための装置の一つ。1952年アメリカの物理学者ドナルド・グレーザーによって発明された。グレーザーはこの功績により、1960年度のノーベル物理学賞を受賞している。

原理は霧箱に似ており、過熱状態の透明な液体(主に冷却された液体水素)を満たした空間を粒子が通過することにより、粒子が通過した部分の水素が気化し、泡として観測される。

ニュートリノの観測は霧箱では検出できず、1970年11月13日にアメリカアルゴンヌ国立研究所に設置されたZero Gradient Synchrotronの水素泡箱で史上初のニュートリノが観測された。なお、ニュートリノ自体は電荷を持たず泡箱に軌跡を残さないため、これは間接的な観測である。

日本で初めての泡箱の実験は、1965年北垣敏男(東北大学)が行なった。