ローマ・ラ・サピエンツァ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマ・ラ・サピエンツァ大学
Sapienza – Università di Roma
Borromini SantIvo.jpg
ラテン語名称Studium Urbis
創立 1303年
学校種別 国公立大学
学生 18,846
所在地 イタリアの旗 イタリアラツィオ州ローマ県ローマ
テンプレートを表示

ローマ・ラ・サピエンツァ大学(Sapienza – Università di Roma)はイタリア共和国国公立大学で、首都ローマに位置する。イタリアのみならず欧州でも屈指の歴史を持ち、その起源は中世時代の1303年にまで遡る事ができる。現在の学生数は11万8655名に達し[1]、21の学部を持つ西ヨーロッパで最大規模の大学である。

簡潔に「ローマ大学」と呼ばれる場合もあるが、ローマ市内には第二次世界大戦後に設立された二つの国公立大学(ローマ・トル・ヴェルガータ大学ローマ・トレ大学)が存在する為、「ローマ大学のサピエンツァ校(サピエンツァは英語wisdomと同義)」を意味するローマ・ラ・サピエンツァの別名で呼称されている。また三校を纏めてローマ第一大学(サピエンツァ)、ローマ第二大学(トル・ヴェルガータ)、ローマ第三大学(トレ)と呼ぶ場合もある。

歴史[編集]

1303年4月20日ローマ教皇ボニファティウス8世は、聖職者養成の為の教育機関の設立を宣言する教皇勅書イン・スプレマ・プラエミネンティア・ディグニタティス」(In supremae praeminentia dignitatis)を発した。勅書に基いて同年中に「Studium Urbis」と名付けられた神学校がローマ市内に設立され、後にこの神学校がローマ・ラ・サピエンツァ大学の前身となった。1431年、エウゲニウス4世によってパラッツォ・サピエンツァに再建された。

1870年、イタリア王国が教皇領を廃止してフィレンツェからローマに遷都すると、教皇庁管轄の大学からイタリアの国公立大学へと移管された。1935年、ベニート・ムッソリーニ政権のファシスト体制下に現在のキャンパスに移された。これまでにノーベル賞受賞者を含め、数多くの著名人を輩出している。

所属組織[編集]

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

教員・研究者[編集]

専攻[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Anagrafe Nazionale Studenti”. 2012年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]