マリア・モンテッソーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・モンテッソーリ

マリア・モンテッソーリ: Maria Montessori1870年8月31日 - 1952年5月6日)は、イタリア医学博士幼児教育者科学者フェミニスト。モンテッソーリ教育法の開発者として知られる。

生涯[編集]

イタリア初の女性医師[編集]

マルケ州キアラヴァッレに生まれた。19世紀ローマ大学医学部に女性として初めて入学。当時は女性差別の残る時代だったため、入学後、男子学生と同室の解剖が許されず、別室で一人死体に向かいメスを取らざるを得ないなどの差別的処遇を受けたが、それらの逆境を乗り越え、1896年、イタリア初の女性の医学博士号を取得する。

卒業後も女性が医師になることに否定的な医学界で、なかなか職が見つからず、医学とかけ離れた状況にあったローマ大学付属の精神病院にようやく職を得た。当時の精神病院の患者たちは鉄格子に囲まれた暗い部屋に監禁され、治療らしい治療が行われない劣悪な環境下にあった。医師として絶望的と言えるこの職場で、マリアは知的障害があるとされる幼児が床に落ちたパン屑でしきりに遊ぶ姿に目を留めた。それ以降、幼児の様子を注意深く観察するうちに、何ら知的な進歩はないと見放されていた彼らが感覚的な刺激を求めることを認め、指先を動かすような玩具を次々と与え、彼らの治療を試みた。その中で彼女は、感覚を刺激することによって、知的障害児であっても知能の向上が見られるという確信を得て、他の障害児たちにも同様の教育を施した。マリアが彼らに知能テストを受けさせると、彼らの知能が当時の健常児たちの知能を上回るという結果が得られ、イタリア教育界、医学界に衝撃を与えることとなった。

モンテッソーリ教育の誕生[編集]

1907年障害児の治療教育で一通りの成果を挙げた感覚教育法を、マリアはローマの貧困家庭の子供たちに応用する機会を得る。ここにおいても知能向上で著しい結果を得、この方法をさらに追究するため、医師を辞め[1]、ローマ大学に再入学した。

再入学したローマ大学では主に哲学を学び、その後、南フランスアヴェロン発見された野生児の教育に着手し、彼の観察と教育を行った感覚教育の先駆者であったジャン・イタールの著書の研究を進め、知的発達障害者教育の先駆者エドワード・セガン(en:Édouard Séguin)医師に学んだ。さらに、生理学精神医学の研究にも没頭。のちにモンテッソーリ教育と呼ばれる独自の幼児教育法を確立する。

モンテッソーリ教育の発展[編集]

モンテッソーリ教育が確立されると、その方法は世界各国で支持されるようになり、世界各地に次々とモンテッソーリ教育を専門に行う「子供の家」 (Casa dei bambini) が設立された。モンテッソーリ教育が急速に普及していく中、マリアは教師の質の重要性を認識、教員養成コースと1929年には国際モンテッソーリ協会(通称 AMI:本部オランダアムステルダム)を開設、資格取得制度を整えた。現在でも、国際モンテッソーリ教員養成は厳密なことで有名であり、養成を受けて教員資格を得た教師のみによる教育システムが維持されている。日本におけるAMI認可の教員養成所は、東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター(所長 松本静子)のみである。

詳細はモンテッソーリ教育を参照のこと。

先駆的女性とその晩年[編集]

教育者としてのみならず、マリアは一人の女性としても多くの足跡を遺している。20世紀初頭における女性の社会進出の最先鋒として男性と対等な地位を獲得したほか、私生活ではシングルマザーの先駆けともなった。一人息子マリオは幼少時、養父母に預けられたが、10代で彼女に引き取られたのちは、マリアの教育事業を手伝い、モンテッソーリ協会会長として、モンテッソーリ教育の普及に専心した。

また、マリアは晩年、世界平和と子供の尊厳を訴える運動を世界各国で展開。その功績が認められ、1950年ノーベル平和賞の候補にもあげられている。

なお、イタリアのファシズムを逃れてスペイン内戦が起こる1936年までスペインに住み[2]、その後移住したオランダ1952年に81歳の生涯を閉じる。現在、オランダの北海沿岸の町、ノールトヴァイク・アーン・ゼーのカトリック教会墓地にて永眠する。

モンテッソーリの肖像がデザインされている1000リラ紙幣

トリビア[編集]

主要な著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後にマリアの事業を引き継ぐことになった一人息子マリオ・モンテッソーリは私生児であったが、彼女はそのスキャンダルから追放同然で医学界を去ったとも言われている。
  2. ^ w:en:Maria Montessori(英語版Wikipedia)04:45, 5 September 2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]