ラリー・ペイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ペイジ
Larry Page
2009年6月、欧州議会にて
別名 Lawrence Edward Page
ローレンス・エドワード・ペイジ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州マウンテンビュー
生誕 1973年3月26日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州ランシング
最終学歴 スタンフォード大学
職業 CEO
配偶者 ルシンダ・サウスワース
両親 父:カール・ビクター・ペイジ
母:グロリア・ペイジ
子供 2人
業績
専門分野 計算機科学
成果 Googleの設立
署名
公式サイト
Google.com — Larry Page
テンプレートを表示

ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ英語: Lawrence Edward "Larry" Page, 1973年3月26日 - )は、Google共同創業者最高経営責任者CEO)。ファミリーネームについてはページとの表記もある。2012年9月の時点で203億ドルの純資産を有する [1]

経歴[編集]

アメリカ合衆国ミシガン州ランシングに生まれる。祖父はゼネラルモーターズの工場労働者。父カール・ビクターはミシガン州立大学Michigan State University計算機科学人工知能教授[2][3]。母グロリアはユダヤ人で、彼女もミシガン州立大学でコンピュータプログラミングの教師をしている[3]。兄のカール・ビクター・ペイジ・ジュニアは、メーリングリストサービスeGroupsの設立者で、後にYahoo!へ売却して財をなした[3][4]

6歳の頃からコンピュータを触り始める。ミシガン大学計算機工学を専攻し、1995年に学士(計算機工学)号を取得。卒業後、スタンフォード大学計算機科学の博士課程に進学し、テリー・ウィノグラードの指導の下、ウェブのリンク構造、人間とコンピュータの相互作用、検索エンジン、情報アクセスインタフェースの拡張性、個人的なデータのデータマイニング手法などを研究。

在学中、同じくスタンフォード大学計算機科学の博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine(大規模なハイパーテキスト的なウェブ検索エンジンに関する解剖)と題された論文を共著で執筆した。修士号を取得した後スタンフォード大学を休学し[2]1998年にGoogle社を共同設立。論文はページランク技術(ペイジは、彼の姓に由来)に取り入れられることになった。従業員200人程度の規模になった2001年4月頃まで共同社長兼最高経営責任者を務め、同年7月に最高経営責任者職をエリック・シュミットに譲った。シュミット、ブリン、ペイジによる三頭体制で製品部門担当の社長を務めていたが、2011年4月4日付で最高経営責任者に復帰した。

ミシガン大学工学部の国家諮問委員も務めている。2002年世界経済フォーラムにてGlobal Leader for Tomorrow(未来のグローバルリーダー)に指名される。2003年には、スペインIE ビジネススクールから名誉MBAを授与された[5]2004年には全米技術アカデミーの会員に選出され、2005年からはエックスプライズ財団の理事も務めている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Forbes 400: The Richest People In America”. フォーブス (2012年9月19日). 2012年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c Google 会社情報: 経営陣”. Google. 2007年2月16日閲覧。
  3. ^ a b c Larry Page Biography”. Academy of Achievement (2007年3月21日). 2009年6月17日閲覧。
  4. ^ Jelveh, Zubin. “Top Excutive Profiles - Larry Page” (英語). Portfolio.com. 2007年6月13日閲覧。
  5. ^ Larry Page and Sergey Brin, the founders of Google, awarded MBAs Honoris Causa by Instituto de Empresa” (英語). IE ビジネススクール (2003年9月25日). 2009年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]