Xperia Z Ultra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニー > Xperia > Xperia Z Ultra
Xperia Z Ultra
製造 ソニー
発売日 2014年1月24日 (日本市場)
概要
OS Android 4.2.2→4.4.2
CPU Qualcomm Snapdragon 800 APQ8074 2.2GHz(クアッドコア)
形状 タブレット
サイズ 179 × 92 × 6.5 mm
質量 約212 g
充電時間 約3.2時間
内蔵メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD (2GBまで)
microSDHC (32GBまで)
microSDXC (64GBまで)
日本語入力 POBox Touch 6.2
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 FM放送
メインディスプレイ
方式 トリルミナスディスプレイ for mobile
解像度 FHD
(1920×1080ドット
サイズ 6.4インチ
表示色数 約1677万色
無線LAN
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
周波数範囲 2.4GHz/5GHz
メインカメラ
画素数・方式 810万画素裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
機能 オートフォーカス
手ぶれ防止機能(静止画)
Full HD動画撮影
3Dパノラマ撮影(静止画)
サブカメラ
画素数・方式 220万画素裏面照射型CMOS
Exmor R for mobile
機能 Full HD動画撮影
カラーバリエーション
 
White
 
Black
 
Purple(ソニーストア限定モデル)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Xperia Z Ultra(エクスペリア ゼット ウルトラ)は、ソニーによって開発された、Androidベースのタブレット型端末である。

概要[編集]

ソニー初のファブレット端末「Xperia Z Ultra」(日本国内はauより販売)のWi-Fi版。こちらは販売元もソニー[2]。ソニーは同製品を高性能と扱いやすさを両立したタブレット端末であるとアピールしている[3](モバイルデータ通信機能がないため)。デザインはグローバル版、SOL24と共通[4]。なお、日本国内以外でのWi-Fiモデルの発売は今のところ未定となっている。

基本的な性能は同日発表されたSOL24とほぼ同等だが、こちらはワンセグ及びフルセグ放送の受信機能が省略されており、FeliCaモジュールもNFCのみとなっている。

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、パープルの3色だが、パープルはソニーストア限定販売となっている。

キャッチコピーは「片手におさまる 大画面 世界最薄、防水対応 約6.4インチフルHDタブレット」

テレビCMではプロダクトプレイスメントとして、映画『アメイジング・スパイダーマン2』の映像が流れている[5]

搭載アプリ[編集]

歴史[編集]

アップデート・不具合など[編集]

2014年5月21日のアップデート[7]
  • Twitter側のサーバーの仕様変更により、プリインストールされている「Xperia用Twitterアプリ」でサービスに接続できない不具合を修正する。
  • ビルド番号が14.1.B.3.357となる[8]
2014年7月2日のアップデート(OSバージョンアップ)[7][9]
  • ホーム画面選択にシンプルホームとアイコンサイズの拡大設定を追加。
  • ライフログアプリの追加、「SmartBand SWR10」との連携に対応。
  • ステータスアイコンのカスタマイズが可能。
  • 通知パネルとクイック設定ツールの表示がタブによる切り換え方式に変更。
  • 電源ボタン長押しでスクリーンショットの撮影が可能。
  • ロック画面の下部分にカメラアイコンが配置される。キーの上方向にドラッグし丸枠の位置まで離すと、カメラを起動することが可能である。
  • 動画のトリミングやスローモーション再生といった編集ができる「Movie Creator」機能の追加。
  • リモート追跡・リモート消去機能「myXperia」を追加。
  • アプリをフルスクリーンモードで利用できる「Immersiveモード」に対応。
  • パソコン不要で印刷可能なワイヤレス印刷機能を追加。
  • ビルド番号が14.1.B.3.357から14.3.A.1.293となる[10]

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HSP / OPP / SPP / HID / A2DP / AVRCP / HDP / PXP / MAP / DID
  2. ^ ただし外箱の裏面と型式認証画面表示はソニーモバイルコミュニケーションズと記載・表記されている[要検証 ]
  3. ^ ソニー、6.4インチ「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデルを1月24日に発売 - ITmedia 2014年1月22日
  4. ^ また背面ロゴの位置についてはグローバル版と全く同じである。
  5. ^ Xperia Z Ultra Wi-Fiモデル TVCM 「ディスプレイトリック」篇 - YouTube (メーカー公式)
  6. ^ 世界最薄で約6.4インチディスプレイ搭載のタブレット、Xperia(TM) Z Ultra(Wi-Fiモデル) | プレスリリース | ソニー - ソニー 2014年1月22日
  7. ^ a b Xperia™ Z Ultra 「SGP412JP/B、SGP412JP/W、SGP412JP/V」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ - ソニー
  8. ^ アップデートを行った直後、初期設定で言語選択を行うと「問題が発生したため、Google Playニューススタンドは停止しました。」と表示されるが、本アプリの最新バージョンにアップデートする事でエラーメッセージは表示されなくなる。
  9. ^ <Xperia Z Ultra特集> Android 4.4.2アップデートで何が変わる!? - ソニー 2014年7月4日
  10. ^ ただし、2014年5月21日に配信されたアップデートを実施しないとOSバージョンアップは不可。なおバージョンアップ後、一部の設定が初期値に戻る。

関連項目[編集]

  • Xperia
    • Xperia Tablet Z - こちらは10インチクラスのタブレット端末である。
    • Xperia Z Ultra SOL24 - ただしこちらはスマートフォン(ファブレット)として扱われている。また搭載CPUもMSM8974に変更となっている。
    • Xperia Z1 SOL23SO-01F - 兄弟機種かつこちらもスマートフォンである。カメラは「Exmor RS」の2070万画素大型センサーに加えGレンズも搭載している。なおSO-01Fに関しては標準ブラウザが本機やグローバルモデルと同様、非プリインストールとなっている。
    • Xperia Z2 Tablet - 前途にあるXperia Tablet Zの後継モデル。10インチクラスとしては世界最薄・最軽量と謳っている。

外部リンク[編集]