SO-02E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ Xperia Z SO-02E
XperiaZ SO-02E FIX.jpg
Xperia Z SO-02E
キャリア NTTドコモ
製造 ソニーモバイルコミュニケーションズ
発売日 2013年2月9日
概要
OS Android
4.1.2 → 4.2.2→4.4.2
CPU Qualcomm
Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
(3G: 800/850/1700/2100
2G: 850/900/1800/1900)
データ通信方式 3.9GXi LTE (800/1500/2100)
3G:FOMA HSDPA・HSUPA
2G:EDGE
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)
形状 ストレート(タッチパネル)
サイズ 139 × 71 × 7.9 mm
質量 146 g
連続通話時間 約640分(音声電話時・3G)
約580分(音声電話時・GSM)
連続待受時間 約480時間(静止時・3G)
約420時間(静止時・LTE)
約380時間(静止時・GSM)
バッテリー 2330mAh
取り外し不可
内部メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ microSD(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC(32GBまで・ドコモ発表)
microSDXC(64GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 POBox Touch 5.4
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 あり
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 ワンセグ
FM放送
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 FHD
1920×1080ピクセル
443 ppi
サイズ 約5.0インチ
表示色数 1677万7216色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
機能 顔検出AF
Full HD動画撮影機能
手ブレ補正
3Dパノラマ撮影(静止画)
サブカメラ
画素数・方式 約220万画素裏面照射型CMOS
Exmor R for mobile
機能 Full HD動画撮影機能
カラーバリエーション
Purple
Black
White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo NEXT series Xperia Z SO-02E(ドコモ ネクスト シリーズ エクスペリア ゼット エスオー ゼロニイー)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のNTTドコモ向けスマートフォンである。ドコモの第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。docomo NEXT seriesのひとつ。

概要[編集]

NTTドコモ向けXperiaシリーズのフラッグシップモデルである。SO-04DおよびSO-01Eの後継機種で、グローバルモデルであるXperia Zの日本ローカライズモデルである。 SONYは、Xperia Z(SO-02E)をSONY Xperia Z シリーズの『序章』として位置づけている。

Xperiaシリーズのスマートフォンでは初のクアッドコアCPU及びフルHD液晶を搭載しており、さらに防水・防塵性能も備える。

グローバル版にない機能として、ワンセグ赤外線通信おサイフケータイNFCFeliCa)がある。ワンセグアンテナはSO-05D・SO-01Eと同様、本体に内蔵されていない。そのため、ワンセグを利用するには、付属のワンセグアンテナケーブル(SO01)をイヤホンジャックに装着する必要がある。赤外線ポートの位置はSO-03D・SO-05D・SO-01Eのような正面ではなく、SO-02C以来の背面にある。

グローバル版ではmicroSDXCに非対応だが、日本版では対応している。

内蔵ROMはグローバル版の32GBに対して16GBである。eMMCのVersionは4.5であり、Version 4.41のSO-04Dと比べると読み込みが2倍・書き込み速度が1.5倍に向上している。

バッテリー容量は2330mAhである。SO-02D・SO-03Dと同様バッテリーの取り外しはできず、交換はドコモショップに持ち込み預かり修理が必要である。交換代金は9,345円であり、SO-03Dの交換代金(9,240円)を上回り、Disney Mobile on docomo F-07E富士通製、交換代金:9,712円)が登場するまではドコモのスマートフォンとして内蔵バッテリーの交換代金が最も高額だった。

NOTTVおくだけ充電・ベールビュー(覗き見防止機能)には対応していない。

グローバル版Xperia ZのauKDDI沖縄セルラー電話)版とも言える機種がXPERIA ULである[2]

キャッチコピーは「未来を映すカタチ。」

搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[3]FOMAハイスピード[4] Bluetooth DCMXおサイフケータイNFCかざしてリンク赤外線トルカ
ワンセグ[5]モバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n
GPS ドコモメール電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

  • 2013年1月8日 - アメリカ・ラスベガスの家電展示会「CES2013」にてソニーモバイルコミュニケーションズよりグローバルモデル発表。
  • 同日 - ソニーモバイルコミュニケーションズより日本モデル発表。ただしこの時点ではどのキャリアから発売されるのかは未公表だった。
  • 2013年1月22日 - NTTドコモより発表。
  • 2013年1月23日 - 事前予約開始。
  • 2013年2月9日 - 発売開始[6]
  • 2013年5月 - 生産終了。
  • 2013年8月6日 - Android 4.2バージョンアップ対象機種に選定される[7]
  • 2013年10月15日 - Android 4.2へバージョンアップ開始[8][9]
  • 2014年6月26日 - Android 4.4バージョンアップ対象機種に選定される。
  • 2014年9月11日 - Android 4.4へバージョンアップ開始。

アップデート・不具合など[編集]

2013年2月28日のアップデート[8]
  • ブラウザアプリのwebページ内の文字入力操作時に「→」を押下すると、カーソルが消える場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が10.1.D.0.317から10.1.D.0.322になる。
2013年3月28日のアップデート[8]
  • 電源キーを押してもスリープモードから復帰せず、画面が表示されない場合がある不具合を修正する。
  • 設定に「ホワイトバランス」が追加される。
  • ビルド番号が10.1.D.0.322から10.1.D.0.333になる。
2013年4月23日のアップデート[8]
  • 電源キーを1秒以上押しても「電源を切る」などのメニューが表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が10.1.D.0.333から10.1.D.0.343になる。
2013年10月15日のアップデート(OSバージョンアップ)[8][10]
  • 本機特有の主な変更点
    • ロック画面からカメラやウィジェットが起動できるようになる。
    • ランチャーでPalette UIを設定時、アプリなどのアイコンが大きくなる。
    • POBox Touchでデコメール文字の予測変換ができるようになる。
    • Xperia ホーム画面において、ロック画面とステータスバー、ナビゲーションバーが透過される。
    • 「ノート」アプリのハイパーリンク対応。
    • ウィジェットをスモールアプリとして追加できるようになる。
    • Bluetoothテザリングの対応。
    • 「アルバム」アプリの共有からSDメモリーカードにコピーできるようになる。
  • Android 4.2における共通の変更点
    • ロックスクリーンウィジェットへの対応。
    • スクリーンセーバー「DayDream」の追加。
  • ドコモ共通の変更点
    • データ保管BOXへ対応。
  • 不具合修正
    • ブラウザからの画像ダウンロードに失敗する不具合を修正する。
  • ビルド番号が10.1.D.0.343から10.3.1.B.0.256となる[11]
Screenshot 2014-05-13-18-45-22.png
2014年5月13日のアップデート[8][12]
  • 通話音量を最小にするとキャッチホンの通知音が鳴らない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が10.3.1.B.0.256から10.3.1.B.1.1となる[13]
2014年9月11日のアップデート(OSバージョンアップ)[8][14]
  • 機能バージョンアップ
    • docomo ID」認証の本格導入対応
      • 端末にdocomo IDを設定することが可能。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ[15]でのdocomo ID入力が不要になる。
      • Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合[16]
    • 端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービス「遠隔初期化」に対応
    • 新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
      • SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書について、データ保管BOXへのアップロードが可能となる。
    • OSバージョンアップと合わせて、「spモードメール」が「ドコモメール」に切り替わる。
  • 本機特有の主な変更点
    • ピクチャーエフェクトがアプリ名称を「クリエイティブエフェクト」に変更、動画にも対応。
    • 通話終了後に相手の連絡先を電話帳へ追加できるようになる。
    • クイック設定と通知が別表示になる。またクイック設定は二本指で下にスワイプすることで直接アクセスが可能となる。
    • 電源キーの長押しで表示するメニューからスクリーンショットを撮ることができるようになる。
    • Xperiaホームのテーマをダウンロードして追加することが可能。
    • 電話アプリの視認性向上。また履歴の選択削除機能の追加や、画面の文字サイズも設定に合わせて変更されるようになる。
    • Unicode 6.0に対応し、絵文字の収録数が252個から698個に拡大。他社ケータイ宛に送っても自動変換される。
    • パソコンが無くても写真やホームページの印刷が利用可能になる。
    • 搭載アプリケーションに「PlayStation」を追加。
  • 不具合修正
    • 充電器から携帯電話(本体)を取り外した際、一定時間タッチパネルが動作しない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が10.1.D.0.34310.3.1.B.0.25610.3.1.B.1.1から10.5.B.0.410となる。
2014年11月27日のアップデート[8]
  • バックグラウンドで動くアプリの一部が、まれに意図せずに終了するという不具合が解消される。
  • ビルド番号が10.5.B.0.410から10.5.1.B.0.68になる。

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイルはSPP、A2DP、AVRCP、HID、HFP、HSP、OPP、PBAP、PAN、HDP、PXP、DID、MAP
  2. ^ KDDI、夏モデルでXperia Zベースの端末を発売へ - ケータイWatch 2013年2月25日
  3. ^ 受信時:100Mbps/送信時:37.5Mbps
  4. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  5. ^ 連続視聴時間:約350分
  6. ^ 報道発表資料 : 「docomo NEXT series XperiaTM Z SO-02E」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
  7. ^ ドコモからのお知らせ : Android(TM)4.1、Android(TM)4.2へのバージョンアップ予定製品について | お知らせ | NTTドコモ
  8. ^ a b c d e f g h Xperia(TM) Z SO-02Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  9. ^ ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
  10. ^ Xperia(TM) Z SO-02E[Android 4.2.2 OSバージョンアップ]| ソニーモバイルコミュニケーションズ
  11. ^ 2013年4月23日に配信されたアップデートを実施しないとOSバージョンアップは不可。
  12. ^ 提供開始は2014年5月13日午後6時以降を予定。
  13. ^ 2013年10月15日に配信されたOSバージョンアップを実施しないとアップデートは不可。
  14. ^ Xperia(TM) Z SO-02E[Android 4.4 OSバージョンアップ]| ソニーモバイルコミュニケーションズ
  15. ^ ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」は、機能バージョンアップと同時に更新される。「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」については、バージョンアップ後、最新版にアップデートする必要がある。
  16. ^ バージョンアップ後は、対応サービスアプリをWi-Fi経由でご利用するためにdocomo IDを設定する必要がある。またWi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定する必要がある。

関連項目[編集]

  • ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • Xperia
    • Xperia GX SO-04D - 先代機種。NEXT。バッテリーの取り外しが可能。
    • Xperia AX SO-01E - 先代機種ならびにSO-04Eが発表するまでの兄弟機種。with。バッテリーの取り外しが可能。
    • Xperia Tablet Z SO-03E - タブレット端末。NOTTVに対応し、アップデートでフルセグ受信にも対応する。
      • Xperia Tablet Z - 上記のWi-Fi版。ワンセグ・NOTTVが省略されている。
    • Xperia A SO-04E - 兄弟機種。NOTTVに対応しROM容量が32GBになっている。一回り小さな本体に4.6インチHD液晶を搭載し、インカメラが31万画素になっている。バッテリーの取り外しが可能。
    • Xperia Z1 SO-01F - 後継機種。1/2.3型センサー・Gレンズを搭載し、NOTTVとフルセグ受信にも対応する。大幅にスペックアップしているが、本機同様バッテリーの取り外しは不可で交換には預かり修理が必要。
    • Xperia ZL - CES2013で発表されたXperia Zの兄弟機種。ドコモ版Xperia Zと同じくmicroSDXCに対応し、本体がガラス製ではなく樹脂製で、防水・防塵に非対応。バッテリーは外せない。
    • Xperia UL SOL22 - auから発売されている実質的な兄弟機種。本体は樹脂製で防水・防塵構造、ワンセグアンテナを内蔵、バッテリーの取り外しも可能。
    • Xperia Z Ultra SOL24 - auから発売されている通話可能なタブレット(ファブレット)端末。フルセグに対応する。
      • Xperia Z Ultra - 上記のWi-Fi版。ワンセグ・フルセグ、FeliCaが省略されている。

外部リンク[編集]

先代:
Xperia GX SO-04D
Xperia Z
Xperia Z SO-02E
次代:
Xperia Z1 SO-01F

}}