W-CDMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

W-CDMA (Wideband Code Division Multiple Access) とは第三世代携帯電話 (3G) の無線アクセス方式の一つである。IMT-2000規格ではIMT-DS (Direct Spread)、3GPP規格ではUTRA-FDD (UMTS Terrestrial Radio Access-FDD) に規定されている。日本では「W-CDMA」で第三世代の移動体通信方式(システム)を指すことがあるが、この場合、他の国ではUMTS (Universal Mobile Telecommunications System) や3Gと呼ばれる[1]

概要[編集]

NTTドコモノキアエリクソンなどの欧州の携帯電話機器メーカーによる共同開発であり、日本スペインシンガポール韓国北朝鮮香港台湾中国イギリスフランスイタリアポルトガルオーストラリアニュージーランド北米などで採用される。

技術[編集]

広い周波数帯域 (1.25MHz、5MHz) を使用したFDD-CDMAの無線インターフェースを採用する。

基地局間の同期・搬送波間のガードバンドが不要である。Orthogonal variable spreading factor codesをチャネル分離に使用し、拡散符号はGold 系列を使用する。電力制御は上下とも1500回/秒である。チップレートは1.25MHz帯域では1.024Mcps、5MHz帯域では 3.84Mcpsである。GSM-Adaptive multi rate音声符号化方式として使用する。拡張仕様として高音質なGSM-AMR-WBも音声符号化方式として使用できる。

周波数帯[編集]

使用される周波数帯には主に次の4つがある。

3GPPの仕様書 (TS 25.101) にて規定されているW-CDMA (FDD) の周波数は以下の通り。

バンド 上り
(MHz)
下り
(MHz)
間隔
(MHz)
帯域幅
(MHz)
地域・オペレータ
I (1) 2100 1920 - 1980 2110 - 2170 190 60×2 NTTドコモFOMAサービスエリア)
ソフトバンクモバイルSoftBank 3G
ほか
II (2) 1900 1850 - 1910 1930 - 1990 80 60×2 PCS
AT&Tモビリティ
T-Mobile
Rogers
III (3) 1800 1710 - 1785 1805 - 1880 95 75×2
IV (4) 1700/2100
(1721)
1710 - 1755 2110 - 2155 400 45×2 AWS
米T-Mobile
V (5) 850 824 - 849 869 - 894 45 25×2 米AT&Tモビリティ
Telstra
加Rogers
ブラジルClaro,Telemig Celular
ほか
VI (6) 800 830 - 840 875 - 885 45 10×2 NTTドコモ(800MHz帯再編終了前のFOMAプラスエリア
VII (7) 2600 2500 - 2570 2620 - 2690 120 70×2
VIII (8) 900 880 - 915 925 - 960 45 35×2 フィンランドElisa
タイAIS
豪Optus,Vodafone
ソフトバンクモバイル(プラチナバンド
IX (9) 1700 1749.9 - 1784.9 1844.9 - 1879.9 95 35×2 イー・モバイル
NTTドコモ(FOMA 関東・東海・近畿地域)
X (10) 1700/2100
(1721)
1710 - 1770 2110 - 2170 400 60×2
XI (11) 1500 1427.9 - 1447.9 1475.9 - 1495.9 48 20×2 ソフトバンクモバイル(主に、ULTRA SPEEDおよびULTRA PHONE向けバンドとして使用)
XII (12) 700 699 - 716 729 - 746 30 17×2 Lower 700MHz Band A,B,C Block
XIII (13) 700 777 - 787 746 - 756 -31 10×2 Upper 700MHz Band C Block
XIV (14) 700 788 - 798 758 - 768 -30 10×2 Upper 700MHz Band D Block
XIX (19) 800 830 - 845 875 - 890 45 15×2 NTTドコモ(800MHz帯再編終了後のFOMAプラスエリア)
XX (20) 800 832 - 862 791 - 821 -41 30×2 CEPT800 EU諸国
XXI (21) 1500 1447.9 - 1462.9 1495.9 - 1510.9 48 15×2
XXII (22) 3410 - 3490 3510 - 3590 100 80×2
XXV (25) 1900 1850 - 1915 1930 - 1995 80 65×2 PCS with blockG
XXVI (26) E850 814 - 849 859 - 894 45 35×2

例えば、FOMAの1.7GHz帯対応機(902iS以降)はバンドI (2100)、バンドVI (800)、バンドIX (1700) のトライバンド機となり同じくFOMAの米国やグアムでの3Gローミング対応機(850MHz対応機)はバンドI (2100)、バンドV (850)、バンドVI (800)、バンドIX (1700) のクワッドバンド機である。なおBlackBerry BoldはバンドI (2100)、バンドII (1900)、バンドV (850)、バンドVI (800) のクワッドバンドとなる。

バンドIX (1700) はバンドIII (1800) に、バンドXIX (800) およびバンドVI (800) 、バンドV (850)はバンドXXVI (E800) に帯域としては内包されるが別バンドとして扱われており呼称も異なる。後者のグループは、正確にはバンドVI バンドXIX ⊂ バンドV ⊂ バンドXXVIという関係になる。

バンドIV・Xは北米のAWSに相当する(後者は、拡張AWSバンド)。端末のバンド表記で「1700」とされることがあり、日本で言う1.7GHz帯とは異なるため注意が必要(区別のため、「1721」または「1700/2100」と表記されることもある)。

バンドXIXは2012年に行われた800MHz帯再編終了後のFOMAプラスエリアを見通したバンドであり、バンドXXIはドコモが3.9G用として割り当てられた1.5GHz帯をUMTSでも利用出来るように策定されている(ただし後者については仮にUMTS方式とのオーバレイになったとしても全国で15MHz幅すべて利用可能となるのは2014年4月以降で、それまでは東名阪では7.5MHz幅分、LTEやW-CDMAの運用が可能な周波数まで考慮すると5MHzしか使用出来ない)。バンドXIの前半10MHz幅は後述のようにソフトバンクモバイルに割り当てられているが、後半の10MHz幅はKDDI/沖縄セルラー電話に3.9G用として割り当てられている。

なお、バンド番号と帯域は、LTEで規定されたバンド番号と帯域のいずれも一致する形で設定される形となった。このためW-CDMAのバンドIとLTEのBand 1は、設定帯域がまったく同一となっている。

日本の状況[編集]

NTTドコモの「FOMA」、ソフトバンクモバイルの「SoftBank 3G」、イー・モバイルで採用されている。またソフトバンクグループのBBモバイル(ソフトバンクモバイルの直接の親会社でもある)はイー・モバイルと共に2005年11月に1.7GHz帯の免許を付与されたがボーダフォンを買収したことで認定の条件である新規参入事業者でなくなり2006年4月にBBモバイルは免許の返上を申し出、2006年7月に総務省は認定を取り消した。

2009年6月10日ソフトバンクモバイル1.5GHz帯としてバンド11に属する「1475.9MHz - 1485.9MHz」幅が割り当てられた。同帯域は、UMTSの高速通信方式であるHSPA+およびDC-HSDPAにて利用されており、同社の2009年冬モデルのハイスペック機の一部より1.5GHz帯の音声通信(音声端末でのパケット通信は、2011年10月時点でHSUPAまで)に対応した端末が発売されている。2011年からは、この帯域を利用したDC-HSDPAサービスである、ULTRA SPEEDが開始されている(2011年10月時点では、データ端末のみで扱っている)。

2012年2月29日900MHz帯がソフトバンクモバイルへ割り当てられる事が決定し、翌2012年3月1日に総務省によりソフトバンクモバイルのサービスが認可された。総務省の認可後に行ったソフトバンクモバイルの会見によると、当初利用可能な5MHz幅×2をHSPA+向けに利用する事とし、900MHz帯によるサービスをプラチナ電波という商標で展開する事が発表された(後にプラチナバンドへ名称を変更)。2012年7月25日にサービスが開始された。

2013年7月26日にNTTドコモは東名阪バンドである1.7GHz帯を用いて、一部エリアでの国内最速150MbpsのLTEサービスを行うことを発表した。これはバンドIXをLTE バンド3として運用し行われる。提供エリアは順次拡大していくとしており、今後バンドIXでのFOMAサービスは縮小していくことになる。

オペレータ毎の利用バンド
オペレータ サービス名 バンド
1 (I) 2 (II) 3 (III) 4 (IV) 5 (V) 6 (VI) 7 (VII) 8 (VIII) 9 (IX) 10 (X) 11 (XI) 12 (XII) 13 (XIII) 14 (XIV) 19 (XIX) 21 (XXI)
NTTドコモ FOMAサービスエリア
FOMAプラスエリア
FOMA 関東,東海,近畿地域(東名阪のみ)
ソフトバンクモバイル SoftBank 3G(旧Vodafone 3G)
ULTRA SPEED
プラチナバンド
イー・アクセス EMモバイルブロードバンドおよびEMOBILE G4

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]