おサイフケータイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おサイフケータイは、携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービス、およびこのサービスに対応したモバイルFeliCaチップを内蔵した携帯電話機、携帯端末の総称。

サイフ」とは称しているが、下記のとおり必ずしも売買の電子決済のみに用いられるものではなく、その用途は多岐にわたる。雑誌などで一部「お財布ケータイ」などといった表記が見られるが、正式な商標・サービス名称の表記は「おサイフケータイ」である。

概要[編集]

システムの開発を行ったNTTドコモ(以下ドコモ)の登録商標(日本第4825451号ほか、全7件)であるが、携帯電話による決済インフラ自体の普及を優先させるため、囲い込みを行わず他社にもシステムや商標権がライセンスされ、ドコモ(2008年6月30日まで存在していたグループ内地域各社含む)、KDDI連結子会社沖縄セルラー電話を含む)、ソフトバンクモバイルMVNO提携先のディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクを含む。以下ソフトバンク)、ウィルコムウィルコム沖縄を含む)、イー・モバイルの5キャリアともこの「おサイフケータイ」の名称を使用している。このため、他キャリアの紹介カタログやウェブページでは、脚注に「『おサイフケータイ』は株式会社NTTドコモの登録商標です」という記述がある。

「おサイフケータイ」で提供されるサービスは、Edyをはじめとした電子マネー、各種会員証、量販店のポイントカード鉄道バス旅客機乗車券乗車カード)・航空券クレジットカードとしての利用など多岐にわたる。

特徴[編集]

携帯電話本体のバッテリーからの電源供給によって動作し、携帯電話そのものを専用アプリを通じてFeliCaUIとして利用することができる。さらに、ネットワークに接続したリーダー/ライター機能も内蔵しているため単独でFeliCaの読み書きができるだけでなく、他のカード・携帯機器等のFeliCaチップとのデータ交換も可能である。また、多数のサービスを1台の携帯電話で利用することが可能である。 2007年(平成19年)現在、非接触IC内蔵の携帯電話が市場商品化されているのは日本だけであるが、NTTドコモはNear Field Communication (NFC) Forumに参加して国際標準化に向けて活動している。[1]

種類[編集]

用途[編集]

おサイフの名のとおり電子マネーとして店舗、自動販売機やインターネット通信販売での支払いの用途を中心に、乗車券・チケット・ポイント・会員証など、さまざまな用途に使われている。FeliCaチップを採用している電子マネーサービスEdy東日本旅客鉄道乗車カードSuicaなどが、おサイフケータイに対応している。これらの事業者にとっては、カード保有者の裾野を大きく広げることができるほか、モバイルサイトを通じたネット通販での買い物を支払まで携帯で完結できる、カードへの入金をiモードなどを用いて携帯電話だけで完了することで入金の手間をユーザーが省くことができる、従来書き込まれた情報を表示する機能がなかったカードに携帯電話の画面が付くことで、チャージ金額や利用履歴などを確認できる、iモードなどと連携したポイントサービスや最新情報の提供ができるなどのメリットがある。少額、あるいは端数金額の決済が容易である電子マネーの特徴を生かし、ゲームセンターでのゲーム料金の決済に利用される例もある。

また、量販店のポイントカードや各種プリペイドカード・会員証など、1990年代から爆発的にその種類が増えたカード類は、消費者・販売店双方にメリットがある一方で、すべてを管理し持ち歩くことが消費者にとって大きな負担となっていた。おサイフケータイではそれらサービスを1台の携帯電話に一本化することができる。2004年(平成16年)8月時点で、ビックカメラのポイント還元・全日本空輸マイル還元などが対応した。

その他、電子チケットをネットワーク上からダウンロードし、おサイフケータイ対応携帯電話を航空券イベントチケットの代わりにすることでチケット発行の手間を省くサービスや、複製困難な無形のとして、マンションの鍵に採用する事例もある。

また、カード機能とは直接関わらないが、FeliCaチップに個別に内蔵されている独自の情報を利用して、高度なセキュリティ機能を実現できることから、おサイフケータイ対応携帯電話にクレジットカードの子カードとしての機能を付帯させるサービス「eLIOオーダー」をソニーファイナンスインターナショナルが提供していた。(2011年2月28日終了)この決済方法はクレジットカード番号を一切入力せず、FeliCaチップ内蔵の情報のみを使ってやりとりを完了させるため、技術的にも高セキュリティであり、ユーザーも安心感を得ることができる、と説明されている。

パソコン上でのサービスはカードリーダー/ライターPaSoRiを利用して行う。

問題点[編集]

おサイフケータイは決済機能をはじめとする複数の機能を携帯電話に一本化するプラットフォームであるため、携帯電話を紛失・破損したり、盗難に遭った場合のリスクがある。盗難におけるリスクは従来のクレジットカードなどにもみられる問題であるが、多種の電子マネーなどが携帯電話に内蔵されることで、ユーザーは多くの手続きを自己防衛のために求められる。

おサイフケータイは携帯電話の電波が入らない場所でも各サービスの基本機能が利用できるように設計されているため、携帯電話を盗難、あるいは落とした際、携帯電話回線を停止しても携帯電話に登録されているクレジットカード・プリペイドカード・定期券などの機能は同時に停止しない。従って利用者は、自ら各サービス事業者に連絡を取り、使用停止の手続きを行わなくてはならない。なお、特にクレジットカードに対する抵抗感の根強い日本においてこれらの不安点を解消するために、電話回線やメール着信を通してFeliCaの機能をロックする機能を持つ端末も発売されており、消費者の保護をアピールしている。

紛失・盗難の際は各事業者に連絡することで利用停止ができるが、携帯本体の機能としてあらかじめ設定しておくことにより遠隔でおサイフ機能含め携帯の全ての機能をロックすることができる。また、普段はICカードロックをかけておき、使用する時だけ解除する(解除後あらかじめ設定した時間が経過すると、自動でロックがかかる機能もある)ことによって盗まれても遠隔操作なしにおサイフ機能を使わせないことができる。モバイルSuicananacoは電話でセンターに連絡することで利用停止ができ、smartplusQUICPayiD等のクレジットサービスの場合はセンターに連絡した日から60日遡って被害額が全額補償される。

一方身分証明書として会員証や社員証・鍵などに用いる場合、認証を行う側からみれば、携帯電話を拾った者になりすましをされるなどのリスクも考えられる。従来の身分証明書では顔写真など券面に盛り込まれていた情報をどのように盛り込むかが課題である。

また、従来から提供されていた非接触ICカードサービスのプラットフォームには、カードを挿入することを前提とした設計がなされているものもあるため、従来のインフラが利用できない場合もある。入金機などにカードが挿入できないことから、おサイフケータイではオンライン上でチャージを行うことを前提としたサービスが一般的であるが、この場合、携帯電話のバッテリーが切れたり、電波の入らない場所ではチャージは行えない。すべてのシーンで安心して利用できるサービスの提供に、今後とも工夫が必要とされるが、最も普及している情報端末である携帯電話に導入される電子の「おサイフ」として期待は大きく、多くのビジネスモデルが提案されている。

おサイフケータイのFeliCaチップは携帯電話の内部に固定されており取り外しが出来ない。SIMカードmicroSDカードのような物理的なデータ移行は出来ない。修理・機種変更の際にはSuica, EdyなどFeliCa内のデータを各サービス会社に預け、修理後・機種交換後にデータを戻す必要がある。Edyのように個人情報クレジットカードの再登録が必要なケースもあり手続きは煩雑であるが、キャリアによってはFelicaの一括移行サービスを行っている[2](移行に非対応のサービスもある)。

iPhoneにはFeliCaチップが搭載されていないため、おサイフケータイの利用は一切できない。ただし、NTTドコモでは「おサイフケータイ ジャケット01」を別途購入することで使えるようになる。

対応サービス[編集]

サービス名 提供事業者 業種 導入日
NTTドコモ au SoftBank WILLCOM
(現:ワイモバイル)
イー・モバイル
(現:ワイモバイル)
Android
スマートフォン[3]
楽天Edy 楽天Edy 電子マネー 2004年7月10日 2005年9月9日 2005年11月11日 2009年2月19日 2013年3月7日 2011年1月31日
ANAモバイルAMCアプリ
SKIPサービス
全日本空輸 航空券 2004年7月10日 2005年9月9日 2005年11月11日 2009年2月19日 2013年3月7日 2010年12月
ビックポイント機能付きケータイ ビックカメラ ポイント 2004年7月10日 2006年1月12日 2006年1月18日 2009年3月19日 2013年3月7日 2010年11月30日
ゴールドポイントカード ヨドバシカメラ ポイント 2004年8月30日 2005年9月9日 2005年11月11日 2009年2月19日 2013年3月7日 2010年11月30日
マツキヨポイントアプリ マツモトキヨシ ポイント 2004年9月4日 2006年3月23日 2006年12月2日 2013年3月7日 対応
kesakaサービス KESAKAシステム 電子錠 2004年11月22日 対応 2006年5月
JAL ICサービス 日本航空 電子マネー[4]
航空券
2005年2月15日 対応 対応 2009年2月19日 2012年9月26日
FeliCaポケットモバイル ソニー 会員証 対応 対応 2008年9月17日
トクトクポケット NEC 会員証 2005年4月1日 2005年10月 2006年2月15日
QUICPay モバイル JCB クレジット 2005年4月4日 2005年9月9日 2006年2月15日 2009年2月19日 2011年3月17日
モバイルい〜カード e-カード (伊予鉄道) 乗車券 2005年8月23日
Pococa! (ポコカ) ZEAD 会員証 2005年9月1日 2009年5月30日 2009年5月30日 2011年8月10日
トルカ NTTドコモ クーポン 2005年11月11日 2010年12月[5]
iD NTTドコモ クレジット 2005年12月1日 2011年2月7日[5]
モバイル長崎スマートカード 長崎バス協会 乗車券 2005年12月12日
モバイルSuica JR東日本 乗車券
電子マネー
2006年1月28日 2006年1月28日 2006年12月2日 2009年7月5日 2013年4月6日 2011年7月23日
MoCoCa NTT-BA 電子錠 2006年3月8日
χsmart (カイスマート) NTTテレコン 電子錠 2006年4月1日
WonderGOOモバイル会員証 ワンダー 会員証 対応 対応 対応
ゆめピッと イズミ 会員証 2007年 対応? 対応?
au ケータイクーポン KDDI クーポン 2007年1月16日
ピットモット フェリカNW チケット 2007年3月30日 2007年3月30日 2007年3月30日
nanacoモバイル セブン&アイ 電子マネー 2007年4月10日 2007年4月12日 2007年9月12日 2011年12月1日
ぐるなびタッチ ぐるなび クーポン 2007年9月3日 2007年9月3日 2007年9月3日 2011年6月13日[6]
モバイルWAON イオンリテール 電子マネー 2007年11月5日 2008年3月1日 2008年3月1日 2013年3月7日 2010年11月26日
タッチャン ipoca クーポン 2008年2月1日 2008年2月1日 2008年2月1日
マクドナルドトクするアプリ THE JV クーポン 2008年5月1日 2008年5月1日 2008年5月1日 2011年3月4日
かざしてスタンプ ラージヒル ポイント 2008年6月23日 2008年6月23日 2008年6月23日
楽天アプリ 楽天 会員証 2008年7月8日 2009年6月1日 2009年4月1日
Tポイントアプリ CCC 会員証 2008年10月14日 2009年2月5日 2009年2月2日 対応
タッチスイート レイディーバグ 会員証 2009年3月25日 2009年3月25日 2009年3月25日
モバ★販 観光丸 会員証 2010年3月1日 2010年3月1日 2010年3月1日
ローソンモバイルPonta ローソン 会員証 2011年7月15日 2011年7月15日 2011年7月15日 2011年11月1日
モバイル スターバックス カード スターバックス コーヒー ジャパン 電子マネー 2014年3月26日 2014年3月26日 2014年3月26日 2014年3月26日

終了したサービス[編集]

サービス名 提供事業者 業種 導入日 終了日
Edyチャージアプリ イーバンク銀行 電子マネー 2005年5月15日 2008年3月23日
鎌倉湘南チェック デジタルチェック 電子マネー 2007年7月7日 2008年3月31日
95bus.com ウェルネット 乗車券 2005年12月1日 2008年9月25日
vitアプリ TOHOシネマズ チケット発券 2004年7月10日 2009年12月14日
eLIOモバイルサービス ソニーファイナンス クレジット 2004年7月10日 2010年7月15日
club apアプリ am/pm 会員証 2004年7月10日 2010年12月31日
Cmode コカ・コーラ 電子マネー 2004年9月24日 2011年3月31日
GEOモバイル会員証 ゲオ 会員証 2004年11月15日 2011年5月8日
セガ モバイルフレンズ セガ 会員証 2004年7月10日 2012年5月31日
Mobile J-WAVE PASS J-WAVE チケット 2004年7月10日 2010年1月31日
club DAM MEMBERSアプリ 第一興商 会員証 2004年7月10日 2013年8月31日
かざポン フェリカNW クーポン 2004年11月15日 2011年1月
プラスモバイル for Edy-Style サイバード 会員証 2005年6月6日 不明[7]
TOWNPOCKET テックファーム 会員証 2005年8月8日 2006年10月5日
ホークスICチケット 福岡SBホークス チケット 2005年8月29日 2009年3月1日
モバイルNicoPa 神姫バス 乗車券 2006年2月1日 2012年12月31日
置くだけ認証 BIGLOBE PC連携 2006年2月27日 2014年3月2日
Smartplus
VISA TOUCH
三菱UFJニコス クレジット 2004年12月22日 2014年6月30日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Requirements for Single Wire Protocol NFC Handsets - GSMA (PDF)”. 2008年11月20日閲覧。
  2. ^ docomo iCお引っこしサービスEZ felica データ移行
  3. ^ イー・モバイル以外の3キャリア
  4. ^ 電子マネーとしての利用は2012年9月17日をもって終了。
  5. ^ a b ドコモのAndroidスマートフォンのみ対応。
  6. ^ 専用アプリを使用することでFeliCa未搭載のAndroidスマートフォンやiPhoneにも対応。
  7. ^ 2014年4月現在、このサービスが使用していたwebサイト”. 2014年4月11日閲覧。にはアクセスできなくなっている。

外部リンク[編集]