Hareca

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hareca対応の岡山電気軌道バス
2006年10月1日 岡山駅バスターミナルにて
Hareca対応の岡山電気軌道の路面電車
2006年10月1日 東山線・城下電停にて

Hareca(ハレカ)とは、岡山電気軌道東備バス両備ホールディングス(両備バス)・下津井電鉄宇野自動車の岡山地区の軌道路面電車)・バス事業者5社で導入されている非接触型ICカード方式による乗車カードの名称で、岡山県バス協会が商標を管理している。このほか中鉄バスは発行しないが一部路線に限り利用可能。なお電子マネー機能はない。

概要[編集]

  • 愛称"Hareca"は、Hare(晴れ)+Card(カード)で、「晴れの国」岡山を快適に移動出来るICカードということでネーミングされた。
  • 2006年10月1日から岡山電気軌道の路面電車全線と岡山市倉敷市玉野市で運行されている3社の路線バス55路線で利用を開始し、2008年6月現在4社の路線バスの大半の路線で利用可能となった。
  • 技術的には、ICOCASuicaなどと同様にソニーが開発した非接触式ICカードFeliCaを採用している。
  • 2007年中鉄バスが導入予定だったが、遅れて導入された。4社の路線バスの残る路線で利用可能となる予定だったが、遅れて2008年6月に利用可能となった。
  • ICOCAやSuicaの様にHarecaの場合もデポジット(預かり金 500円)を払う。2000円で新規購入した場合500円のデボジット分を差し引いた残り1500円に対して、8%のプレミアムが付加され、1620円分利用が可能。なおデポジットの500円はカード返却時に戻される。
  • 宇野バスのみ10000円も販売している。2000円同様、500円のデボジット分を差し引いた残り9500円に対して、8%のプレミアムが付加され、10260円分利用が可能。2000円で新規購入同様、デポジットの500円はカード返却時に戻される。
  • 端末機にICカードをタッチすると乗車区間の運賃が引かれる。
相互利用関係(2013年6月22日現在、クリックで拡大)
  • 宇野バス以外のHareca導入社局はHareca導入と同時にPiTaPaも導入したため、PiTaPaエリアで利用可能なカードをHarecaエリアで使用できる。
    • Harecaにはプレミアムサービス(後述)などの独自機能が備わるため、PiTaPaエリアではHarecaを使用できない。
    • HarecaエリアでPiTaPaで利用した場合はポストペイ方式となる。
    • PiTaPaとICOCAが相互利用可能なため、HarecaエリアではICOCAも利用できる。
      • JR西日本岡山地区でのICOCA導入は2007年9月1日であり、岡山では私鉄・バス事業者がJRよりも早くICOCAを利用可能にした。
      • 岡山電気軌道の路面電車・路線バスでは、ICOCAのCM放送が車内放送されている。
  • 岡山電気軌道両備ホールディングス下津井電鉄はPiTaPa導入に際し、共にスルッとKANSAI協議会に加入している。なお、現在の所3社が自社向けのPiTaPaカードを発行する予定はない。その代わり、PiTaPaベーシックカードの申込書を配布する事で対応している。
  • 下津井電鉄のバスのみPiTaPaのチャージに対応している。その他の導入社局はHarecaだけにしかチャージできない。
  • 2008年7月22日からは、中鉄バスが岡山電気軌道との共同運行路線のうち3路線(半田山ハイツ・津高台団地線、国立病院線、運転免許センター線)で使用される路線バス車両に導入された。尚、中鉄バスはHarecaカード及びHareca定期券の発行は行わない。
  • 2007年9月から岡山地区でも導入され、Hareca導入社局でも利用可能なICOCAが岡山地区でも順調に発行枚数を伸ばしているのに対し、Harecaは6社以外では利用出来ないこともあり、サービス開始1年後の2007年9月末時点で中鉄バス以外の3社で約9,000枚の発行にとどまり、利用客に対するHarecaの利用率も2008年4月現在、前述3社で6%と低迷している。
  • Harecaの導入を主体的に進める両備グループに対し歴史的に距離を置いてきたバス事業者や電子マネー等流通事業で使用できず普及率も低いHarecaの導入効果を疑問視しているバス事業者は導入に対しむしろ消極的である。
  • 2012年3月19日 岡山県議会では陳情第二号「バス共通ICカード「Hareca」の宇野バス等未導入事業者の導入促進に関することについて」が採択。そのうち、2013年3月12日に宇野バスが導入[1]。同年7月31日バスカードの利用停止。中鉄バス〈他路線〉・中鉄北部バス備北バスは引き続き、バスカードの取り扱いしている。6社以外の事業者は現在、未定。その他、岡山市コミュニティサイクル(ももちゃり)にも会員証として利用可能。

カード券種[編集]

下記の4種類が発行されている(記念カード以外は同じデザイン)。尚、中鉄バスではHarecaカード及びHareca定期券の発行は行っていない。

  • 無記名式カード(無記名式の持参人有効のプリペイドカード。各社の電車・バス車内・表町バスセンター内の自販機でも発売されている。各社の取扱窓口にて後日、お客様登録すると記名人式カードとして使用できる)
  • 記名人式カード(カード購入時に氏名・生年月日等のお客様登録をしたプリペイドカードで、紛失時にカードの利用停止と再発行などが受けられるほか、バースデー割引を受ける事が出来る。各社の取扱窓口のみで発売。)
  • 子供用カード(記名人式カードと同じくカード購入時にお客様登録が必要で、同様にバースデー割引を受ける事が出来る。各社の取扱窓口のみで発売。)
  • 記念カード(2006年10月1日のサービス開始時から、岡電・両備・下電の3社がそれぞれ「ICカード導入記念」の記念カードを販売している。これらのカードはお客様登録が出来ないため、バースデー割引は受けられない。)

定期券[編集]

当初は、2007年秋にIC定期券サービスが導入される予定であったが、前述の通り発行枚数の低迷もあり導入は延期され、2008年7月1日から「Hareca定期券」としてサービスを開始した。Hareca定期券の発行を行っていない中鉄バス以外の3社がそれぞれ発行している紙の定期券は、一部を除きHareca定期券へ順次切替える。

  • Harecaを自社で発行していない会社について、東備バスは両備バス発行の、中鉄バスは岡山電気軌道発行のHarecaに付ける事で対応する(岡山空港リムジンバスの中鉄バス担当便のみ利用不可。)。ただし宇野バスではHareca定期券を発行しておらず従来通りの紙の定期券となっているが2013年夏に導入予定であったが、導入に関する発表はなされていない。

サービス・割引案内[編集]

プレミアムサービス(Harecaに適用)
チャージ時に一律8%のプレミアム(割り増し額)を付加する。
※チャージ額はプレミアム額を含め、最高20,000円まで。
乗り継ぎ割引(Hareca・PiTaPa・ICOCAに適用)
各社間で30分以内に乗り継ぎ利用した場合、2乗車目の降車時に運賃から20円を自動的に割引する。岡山電気軌道の路面電車で柳川で東山線⇔清輝橋線と乗り換える場合は、現金支払での乗り換え(乗換券での乗り換え)と同じく、乗り換え運賃での乗り換えとなる。
バースデー割引(Harecaに適用)
記名人式カード・子供用カードの利用者に対して、誕生日から3日間、1乗車につき大人50円、子供20円の割引を行う。
※割引率が50%を上回らない範囲で、障害者割引等の2重割引は不可。
利用額積算割引(Hareca・PiTaPaに適用)
Hareca・PiTaPaのそれぞれ一ヶ月間の利用積算額が1,001円以上であれば、翌月のチャージ時(PiTaPaの場合は口座引き落とし時)に下記の割合の額を還元する。
  • Hareca利用の場合
    • 1,010円~7,000円:2%還元
    • 7,010円~9,000円:6%還元
    • 9,010円~11,000円:8%還元
    • 11,010円以上:10%還元
  • PiTaPa利用の場合
    • Hareca利用エリアでの一ヶ月間の利用額合計が1,000円を超えた場合、1,000円を超えた金額に対して9.1%減額。

導入事業者[編集]

カード発行事業者[編集]

利用のみが可能な事業者[編集]

  • 両備ホールディングスを通じて精算し、同社のカードが自社発行に準じた扱い
  • 岡山電気軌道を通じて精算し、同社のカードが自社発行に準じた扱い

導入路線[編集]

2013年12月1日 現在

バス路線(路線バス)[編集]

  • 両備バス - 全線
  • 下電バス - 全線
  • 岡電バス‐ 全線
  • 東備バス‐ 全線
  • 宇野バス‐ 全線
  • 中鉄バス‐ 53号線方面の天満屋バスセンター・岡山駅-免許センター線、半田山ハイツ・本村線、国立病院線

バス路線(リムジンバス)[編集]

バス路線(高速バス)[編集]

鉄軌道[編集]

  • 岡山電気軌道 ‐ 全線

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他3社と異なりスルッとKANSAI協議会に非加盟のため、PiTaPa・ICOCA利用不可能。
  2. ^ 中鉄バスは未導入。

外部リンク[編集]

Iccard-icon.svg
岡山地区バス事業者他 発行
ICカード乗車券

カテゴリ