ANAマイレージクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ANAマイレージクラブ(エーエヌエーマイレージクラブ、ANA Mileage Club、略称:AMC)は、全日本空輸 (ANA) グループが提供するマイレージサービスである。

概要[編集]

会員数は2011年1月現在で約2,100万人と[1]、日本国内では日本航空と同グループが提供する「JALマイレージバンク (JMB) 」(会員数約2,300万人)に次ぐ会員数を有する[1]

電子マネーEdy」(現・楽天Edy、以下同じ)を運営するビットワレット(現・楽天Edy)の事業初期に出資し、2003年4月より従来のANAマイレージクラブカードに替わり、Edyを搭載した「ANAマイレージクラブEdyカード」の発行を開始し、市内・空港カウンターでの国内線航空券販売やANA FESTA(全日空商事)店舗でEdy決済の取り扱いを開始した。その後、個人向けのANAカード(提携クレジットカード)においてもEdyを搭載したものが発行開始され、現在発行している全ての個人向けAMCカード[2]にEdyが標準搭載されている。なお、現在でも入会時にEdy非搭載のカードを発行してもらうことは可能である。

スマートeサービス[編集]

2004年12月1日よりANAの国内線新搭乗サービス制度としてスマートeサービスが全国の就航空港で導入された。これはWeb上で事前にeチェックイン手続を行えるスマートeチェックイン、eチェックイン済みのeチケット航空券を自動チェックイン機・自動航空券売機 (ATV) にて搭乗券として発券するスマートeピックアップ、マイレージからEdyギフトへの交換や残高照会が行えるMMK端末であるスマートeデータボックス(現在はANA KIOSK端末へ置換)で構成されている。なお、国際線は同年7月からスマートeチェックインとスマートeピックアップが先行して導入されている。

このうち、国内線のスマートeピックアップは「ANAチケットレスサービス」の一部として従来から提供されており、決済に使用したクレジットカードまたはAMCカードを挿入し磁気ストライプ(カード番号)を機器が読み取るか、ANAが指定した受取番号を手入力することにより自動チェックイン機上で搭乗手続(チェックイン)を行い搭乗券が発券される形態であったが、スマートeピックアップでは従来の方法に加え、Webから印刷あるいはANAモバイルサイトで表示したQRコードや、Edyの根幹であるFeliCa (RFID) チップのIDを活用し、Edy機能付きAMCカード・ANAカードもしくは、モバイルAMCアプリをインストール済みのおサイフケータイ(以下、AMC-Edyカード類)をかざす事でもeチェックイン済み搭乗券の発行が行えるようになった。

2006年9月からはスマートeチェックインに代わり、チケットレス予約で事前座席指定済みでかつ、QRコード・AMC-Edyカード類を所持している搭乗者は搭乗口の自動改札機でチェックイン済みの搭乗券を受け取り搭乗する新搭乗サービス「SKiPサービス」が各地の空港で順次開始され、スマートeチェックインとスマートeピックアップは実質的に撤廃された。

カードの種類[編集]

会員証機能のみ[編集]

ANAマイレージクラブカード
1997年4月の現サービス開始から2003年3月にかけて発行されたクレジットカードサイズの会員証で、磁気ストライプのみ搭載されている。
航空券の予約時に会員番号をあらかじめ登録しておけば、Webサイトおよび発券端末から航空券と紐付けされた予約情報の照会や、自動チェックイン機にカードを通すことで搭乗券の発券(ピックアップ)が可能である(他の航空会社のカードも同等)。
このカード単体ではSkipサービスの利用は出来ない(自動チェックイン機で発行するeチケットお客様控えのQRコードを利用するか、モバイルAMCアプリなどFelica媒体を使用する手段がある)。
1999年中盤までに発行されたカードにはカード表面左上に【ANA/全日空】の表記があり、同年後半のスターアライアンス加盟後はカード右上にスターアライアンスのマークが付けられている。
会員からの申し出がなければANAマイレージクラブEdyカードへの切り替えは行われない。
ANAマイレージクラブEdyカード
ANAマイレージクラブEdyカード
FeliCaが内蔵され、電子マネー「Edy」(発行会社はソニーファイナンスインターナショナル)が標準搭載されている。FeliCaはSkipサービス・旧スマートeピックアップの認証用途としての機能もあわせ持つ。カード発行手数料(500円)がかかるが、無料キャンペーンが頻繁に実施されている。

キャッシュカード一体型[編集]

ANAマイレージクラブ Financial Passカード
スルガ銀行ANA支店のキャッシュカード一体型カード。Edy内蔵で、スキップサービス対応。既存の会員がANA支店に口座開設する場合、クレジット一体型のカードをすでに保有している場合を除き、会員番号が変更される(ただし、保有マイルは新会員番号へそのまま移行される)。
ANAマイレージクラブ 郵貯カード
日本郵政公社郵便貯金ぱ・る・る(通常貯金)のキャッシュカードとAMCが一体した郵便貯金共用カード。Edyは付帯されておらず、必要であれば別途AMC-Edyカードの申込が必要であった。
特徴としてANA公式サイトおよびオペレーター電話窓口による国内線航空券購入の支払が、ぱ・る・る口座の自動払込み機能での決済によりチケットレス購入が可能な「郵貯即日決済サービス」に対応している点がある。ただし2001年に登場したPay-easyとは異なり引落にタイムラグが生じる為、残高不足の場合は購入不成立となる。
ANA一般カードと一体化された「ANAカード郵貯VISA・JCB」も発行されていた。
郵政民営化により2007年7月31日を以って新規受付終了。2008年10月31日をもって提携が終了した[1]。郵貯即日決済は2008年8月29日16時をもって終了[2]、キャッシュカードは提携終了によりキャッシュカードの発行手続を必要とした。なお、郵貯即日決済サービスの実質的な代替・後継サービスとして、Pay-easyによるインターネットバンキングでのWeb支払とATM収納での入金という決済方法がある。

クレジットカード一体型[編集]

※ANAカードとは異なり、あくまで提携先のクレジットカード機能に「ANAマイレージクラブEdyカード」が組み合わさったものに過ぎない。

みずほマイレージクラブカード/ANA
みずほ銀行のICキャッシュカード一体型クレジットカード (UC/MasterCard) 。機能面ではみずほマイレージクラブカードにAMC-Edyカードが合体したものであり、特徴としてUC永久不滅ポイントでAMCマイルへ移行するレートが他のみずほマイレージクラブカードよりも若干優位である点が挙げられる。提携会社はみずほ銀行・クレディセゾン
ヤマダLABI ANAマイレージクラブ 《セゾン》アメリカン・エクスプレス・カード
ヤマダフィナンシャル(ヤマダ電機)とクレディセゾンの3社提携によるカード。一般加盟店でのクレジットショッピングではセゾン永久不滅ポイントが積算され、ヤマダ電機と提携加盟店では加えて「ヤマダポイント」が加算される。永久不滅ポイント・ヤマダポイント・AMCマイルを相互で交換する事が可能である。
PiPuCa ANAマイレージクラブカード
沖縄銀行のICキャッシュカード一体型クレジットカード (JCB) 。機能面ではPiPuCaカード(ICキャッシュカード一体型・おきぎんJCBカード)にAMC-Edyカードが合体したものである。提携会社は沖縄銀行・おきぎんJCB。
JRタワースクエアカード ANA Kitaca
札幌駅総合開発とJR北海道オリコの4社提携によるカード(Visa/MasterCard/JCB)。機能面ではJRタワースクエアカード KitacaにAMC機能が合体したものである。
JQ SUGOCA ANA
JR九州JCBの3社提携によるカード(JCB)。機能面ではJQ CARD SUGOCAにAMC機能が合体したものである。2013年3月15日会員募集開始。JCBが発行するANAカード(ソラチカカードを含む)との重複保有も可能。

ANAカード[編集]

ANAカード
全日本空輸と各クレジットカード会社との提携カード。ANAマイレージクラブEdyカードと同機能のものにクレジットカード機能が付いたものであるが、基本的なサービスとして、カードショッピングで付与されるポイントをAMCマイルに移行積算が可能なサービス、ANA便搭乗時のフライトマイルにカードグレードに応じたボーナスマイルの加算、同一生計内の親族のAMC口座残高を合算・共有して利用する事ができる「ANAカード ファミリーマイル」の提供がある。提携会社によって、多様なクレジットブランドが発行されている。マイレージクラブに入会しなくても、カード申し込みにより自動入会となる。

その他[編集]

ANAマイレージクラブ マリーンズカード
Edy内蔵で、千葉ロッテマリーンズの公式ファンクラブ会員証を兼ねている。千葉マリンスタジアム公式戦入場または構内でのショッピングで、「Mポイント」というポイントを貯めることができる。また「Mポイント」をANAのマイルに交換できる。2011年1月31日をもって提携を終了することが2009年12月15日に発表された。
ANAマイレージクラブ 宮交バスカ
Edy内蔵で、宮崎交通のバスで貯められるポイントをANAのマイルに交換できる。
ANAスーパーフライヤーズカード
下記プレミアムポイント参照のこと

プレミアムポイント[編集]

ANAグループおよびスターアライアンス加盟各社のマイル積算対象フライトで得られる「マイル」を決められた比率でポイントに置き換えたものが「プレミアムポイント (PP) 」である。このプレミアムポイントに応じて、以下のサービスステータスが付与される。いわゆる上級会員の制度。スターアライアンスのフリークエントフライヤープログラムと互換性がある。

プレミアムポイントの算出方法[編集]

以下の式によって算出される。

A×B×C+D=獲得ポイント
A:区間マイル(ANAではIATAが発表しているTPM(区間マイル)を採用している)
B:運賃倍率(包括運賃50% - ファーストクラス150%、主な数字としては30、50、70、75、100、125、150)
C:路線倍率(国内線は2、アジア路線は1.5、その他国際線は1)
D:搭乗ポイント(運賃種別により400、200、または0。キャンペーンで増加することもある)
例えば東京-シンガポールを「スーパーエコ割」(積算率70%)で搭乗した場合は、以下のとおりの計算式となる。
3,312×70%×1.5+0=3,477

上級会員ステータスを保持していても、ボーナスマイルは「プレミアムポイントの算出に含む」と明示された場合を除いて全てプレミアムポイントの計算からは除外される。

プレミアムポイントとステータス[編集]

「プレミアムポイント」は暦年で集計し、それぞれのステータスに達成した翌々月から翌々年3月末までの期間有効となる(アップグレードクーポン等はステータス達成の翌年4月からとなる)。なお、2007年まではプラチナポイントと称し、このポイントと搭乗回数とで上級会員資格が付与されていた。

ブロンズサービス
3万ポイント以上
券面略号"BRZ"、スターアライアンス・シルバー
プラチナサービス
5万ポイント以上
券面略号"PLT"、スターアライアンス・ゴールド
ダイヤモンドサービス
10万ポイント以上、うちANAグループ便で5万ポイント以上
券面略号"DIA"、スターアライアンス・ゴールド

プラチナサービス対象者とダイヤモンドサービス対象者にはANAスーパーフライヤーズカードの申込資格が与えられる。

積算対象航空会社[編集]

ANAグループ各社[編集]

スターアライアンス加盟各社[編集]

その他提携航空会社[編集]

特記事項[編集]

  • スウェーデンノルウェー当局の要請により、スカンジナビア航空のノルウェー国内線全路線およびスカンジナビア半島内の一部路線についてはマイル積算対象外となっていたが、2013年6月10日までにこれらの要請はすべて撤回され、同日以降はスカンジナビア航空も全線でマイル積算が可能となっている。なお、このルールは他社のマイレージプログラムでも同様の制限を受けていた。
  • カタール航空は2013年10月30日に、TAM航空は2014年3月31日にそれぞれワンワールドに加盟したが、2014年4月現在、ANAマイレージクラブではいずれの航空会社とも提携を継続している。
  • 2014年4月現在、全日本空輸とコードシェア提携を行っている山東航空およびガルーダ・インドネシア航空とはマイレージ提携は行っておらず、このためこれらの航空会社の運航便ではANA便名であってもマイルの積算はできない。
  • その他、各航空会社ごとに各種制限が設けられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「使えるマイレージに『ためても制約が…』改善」 『東京新聞』2011年1月11付朝刊
  2. ^ みずほマイレージクラブANAのようなAMC機能が一体化されたクレジットカードも含む

関連項目[編集]

外部リンク[編集]