福岡市交通局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福岡市交通局
Fukuoka City Transportation Bureau
Fukuoka City Subway Logo.svg
Fukuoka Chuo ward office.JPG
福岡市中央区役所と福岡市交通局の合同庁舎
種類 地方公営企業
本社所在地 日本の旗 日本
810-0041
福岡市中央区大名2丁目5番31号
事業内容 第一種鉄道事業
代表者 福岡市交通事業管理者 阿部 亨
外部リンク http://subway.city.fukuoka.lg.jp/
テンプレートを表示

福岡市交通局(ふくおかしこうつうきょく 英称Fukuoka City Transportation Bureau)は福岡市内で公営交通事業を行う福岡市の地方公営企業の一つである。地下鉄事業のみを行い、3線区29.8kmの鉄道路線を営業している。

概要[編集]

福岡市の地下鉄事業は正式には福岡市高速鉄道という。旅客案内上は福岡市営地下鉄ではなく福岡市地下鉄の呼称が使用される。JRの座席予約システム「マルス」では福岡市交通局は福岡市高速鉄道で登録されている。

福岡市では、市内中心部のバス事業や路面電車は市営ではなく、民間会社である西日本鉄道(西鉄)による運営であった。そのため、交通局は地下鉄建設に伴い初めて(開業前は福岡市高速鉄道建設局として)発足した組織である。当初は路面電車(西鉄福岡市内線)の廃止で余剰になった西鉄の従業員を交通局が採用していたが、その全員が定年退職を迎え、現在の正規職員は一部の技術系職員を除けばほぼ全員が福岡市直接採用職員である。

地下鉄開業後、西鉄バスは地下鉄が所要時間で圧倒的優位を持つ福岡市中心部と福岡空港を結ぶ空港連絡バス路線を廃止したのをはじめ、並行路線の整理・廃止・減便などを行う一方、地下鉄沿線の郊外部と市中心部を福岡都市高速を経由して結び所要時間で地下鉄に真正面から対抗するバス路線も新設しており、互いに激しい競争を繰り広げている。

福岡市には市営の交通事業として福岡市営渡船も存在するが、こちらは港湾局(総務部客船事務所)の管轄であり、交通局と直接の関係はない。

経営状況[編集]

福岡市の地下鉄は年間137,246千人(1日当たり376,015人)(2012年度:365日)が利用している[1]

2004年度は約14億9600万円の黒字を確保した。黒字を確保したのは2003年度から2期連続のことであるが、七隈線が開通した2005年度以降再び赤字[2]となっている。その後、2011年度の決算においては約7億9700万円の黒字、2012年度は約6億4900万円の黒字[1]であり、2013年度は約1億200万円の赤字決算の見込みである[3]。なお、2012年度の運営費補助金として約26億9400万円を、2013年度の運営費補助金として約21億4千万円を、福岡市から受けている[1][3]

地下鉄乗車人員の推移[編集]

(単位:千人)

  • 2003年度 - 104,573
  • 2004年度 - 104,932
  • 2005年度 - 114,211 七隈線(2月3日)開業
  • 2006年度 - 120,811
  • 2007年度 - 123,906
  • 2008年度 - 125,826
  • 2009年度 - 123,865
  • 2010年度 - 127,136
  • 2011年度 - 133,434
  • 2012年度 - 137,246

歴史[編集]

路線[編集]

以下の3路線で構成されている。空港線と箱崎線は狭軌、七隈線は標準軌鉄輪式リニアである。電化方式は全路線で直流1500Vとなっている。なお、福岡市南区には路線が通っていない。

営業中の路線
記号[5] 路線番号 路線名 区間〔( )内は駅番号〕[6] キロ程
オレンジ Subway FukuokaKuko.svg K 1号線 空港線 姪浜駅(K01) - 中洲川端駅(K09) - 福岡空港駅(K13) 13.1km
Subway FukuokaHakozaki.svg H 2号線 箱崎線 中洲川端駅(H01) - 貝塚駅(H07) 4.7km
Subway FukuokaNanakuma.svg N 3号線 七隈線 橋本駅(N01) - 天神南駅(N16) 12.0km

相互直通運転区間[編集]

空港線では、地下鉄車両はJR九州筑肥線筑前深江駅まで乗り入れる。JRの車両は西唐津駅から福岡空港駅まで直通運転している。地下鉄車両およびJR九州303系車両は地下鉄線内はすべてATOによるワンマン運転を行い、JRとの境界駅となる姪浜駅からJR線に入る列車は地下鉄・JRの車両すべてJRの車掌が乗務しJR線内はツーマン運転を行う。ただし、例外としてJR九州103系1500番台車両で運行をするときは、地下鉄線内であっても福岡市交通局の乗務員が姪浜駅でJRの車掌と交代して車掌業務を行い、ATCによるツーマン運転を行う。

箱崎線では、日中(10時台から15時台まで)は空港線の西新駅まで、それ以外の時間帯は姪浜駅まで直通運転している。アイランドシティへの鉄道路線整備構想は事実上凍結されている。西鉄貝塚線との相互直通運転が検討されているが、未だ計画決定には至っていない。

延伸計画[編集]

延伸予定路線
記号[5] 路線番号 路線名 区間〔( )内は駅番号〕[6] キロ程
Subway FukuokaNanakuma.svg N 3号線 七隈線 天神南駅(N16) - 博多駅(未定) 1.6km
路線図
1000系電車(空港線・箱崎線)
2000系電車(空港線・箱崎線)
3000系電車(七隈線)

七隈線では、全体計画として天神南駅から中洲川端駅を経て築港方面を結ぶ計画と、渡辺通1丁目付近(薬院駅東方)で分岐して住吉通り経由で博多駅に乗り入れる計画があった[7]。その後、天神南駅からキャナルシティ博多付近を経由して博多駅に乗り入れる計画[8]も検討された。このうち3番目の計画が採用され、天神南駅から博多駅までの区間の鉄道事業許可が取得されており[9]、2020年度に開通する予定となっている。2009年9月19日西日本新聞記事によると、福岡市の試算だと薬院駅から博多駅に向かうルートや中洲川端駅経由でベイサイドプレイス博多埠頭方面(築港方面)に向かうルートと比較して、キャナルシティ博多経由は開業6年で黒字化できるとされている。

また空港線でも、福岡空港駅から東平尾公園方面への延伸構想がある[10]

シンボルマーク[編集]

福岡市営地下鉄各線では、各駅の駅名や駅周辺の観光地、名物、自然にちなんだシンボルマークが制定されている。例えば天神駅のシンボルマークは、地名の由来となった「天神様」にちなみ、菅原道真が愛したの花をモチーフにし、天神南駅では通りゃんせをする子供を描いている。これらは福岡市出身のグラフィックデザイナー西島伊三雄がデザインしたものである[11]七隈線各駅のシンボルマークについては伊三雄が2001年に死去したため、それ以前に描かれていた原案を元に、息子で同じくグラフィックデザイナーの西島雅幸が完成させた[12]

駅ナンバリング[編集]

2011年3月までに駅ナンバリングの導入が完了し、従来のシンボルマークと併用されている[5][6]。福岡市営地下鉄は当初シンボルマークがあるため、ナンバリングは不要としていたが、ナンバリングをしている国が多く、外国人にはナンバリングがないと分かり辛いという面があり、国際化により外国人にも分かり易くという流れによりナンバリングを使用することになった。

安全対策[編集]

乗客がプラットホームから線路へ転落する、あるいは飛び降りるのを防ぐため、ホームドア(防護柵)を地下鉄全駅に設置している(三菱電機[13]。空港線は2004年、箱崎線は2005年末に全駅設置完了、七隈線は2005年の開業時から全駅設置)。地下鉄車両が駅に来ると、車両扉とホームドアが開閉し、乗客は乗降ができる。ホームドアは、ATOを搭載している福岡市交通局の車両とJR九州の303系は車両扉と連動して開閉するが、JR九州103系1500番台は車掌のボタン操作により開閉する(ボタンは防護柵線路側の乗務員室付近に設置されている)。

管理駅[編集]

  • 姪浜管区駅 - 姪浜駅から唐人町駅
  • 天神管区駅 - 大濠公園駅から天神駅
  • 博多管区駅 - 祇園駅から福岡空港駅
  • 貝塚管区駅 - 中洲川端駅から貝塚駅
  • 天神南管区駅 - 天神南駅から茶山駅
  • 橋本管区駅 - 金山駅から橋本駅

車両[編集]

空港線・箱崎線用の車両はJR筑肥線直通にも用いられる。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児および割引対象者[14]は半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[15]

区数 運賃(円)
1区 (1 - 3km) 200
2区 (4 - 7km) 260
3区 (8 - 11km) 300
4区 (12 - 14km) 330
5区 (15 - 18km) 350
6区 (19 - 20km) 370
  • 天神駅天神南駅で空港線・箱崎線と七隈線を乗り継ぐ場合の運賃は、一方の駅の改札を出て、120分以内に他方の駅の改札を通る場合、乗車距離を通算して算出できる。
  • 空港線とJR筑肥線、箱崎線と西鉄貝塚線との間には乗継割引が設定されている。詳細は「空港線」の連絡運輸規程の節、「箱崎線」の乗継運賃の節、または各社局の公式ホームページ等を参照。
  • 天神南駅で空港線・箱崎線の乗車券、または天神駅で七隈線の乗車券は購入できない。天神南駅の券売機付近ではこの内容を伝える放送が流れている。
  • JR九州・福岡市地下鉄共通プリペイドカード「ワイワイカード」(2011年発売・利用終了)利用時は、地下鉄線内の運賃が20円引きされていた。

企画乗車券[編集]

おとなりきっぷ
2006年2月6日からは乗車する駅からその隣の駅までの1駅間の運賃を100円にしている。「おとなりきっぷ」の名称で隣の駅まで専用の乗車券を発売しているほか、ICカード「はやかけん」(相互利用可能な他社のICカード含む)を利用した場合でも運賃100円となる。2013年まで利用できた「えふカード」や、2011年まで利用できた「よかネットカード」も100円、2011年まで利用できた「ワイワイカード」の場合は一律正規運賃より20円引きされ80円となった。ただし、定期券や他社線との連絡乗車券の場合は地下鉄線内の乗車区間が1駅間であっても割引対象外。この「おとなりきっぷ」を使うと、2駅間を通しで乗るよりも安く乗れる区間がある。なお、乗り越し精算では適用されない。
例:博多 - 東比恵 - 福岡空港(通して乗ると260円、分けて買うと100円+100円で200円となる。さらにワイワイカード利用の場合は80円+80円で160円となった)
一日乗車券
620円で発行している。この乗車券を提示することで市内の施設の一部が割引になるサービスも行っている。学校の長期休暇期間には小児専用の「ちかまるきっぷ」が100円で発売されている。「ちかまるきっぷ」にはマクドナルドのオレンジジュース無料引換券が付いている。
また、一日乗車券には、これとは別に土日祝限定の「エコちかきっぷ」というものもある。また、博多どんたくなどのお祭りや特定イベント、特定日(正月など)の時に限定で発売されるものもある。これらの一日乗車券は通常の一日乗車券より100円安い520円。発売予定に関しては、福岡市交通局の公式ホームページで確認できる。
2012年3月25日までは、金曜日のみ利用可能な「ノーマイカーデー1日乗車券」も発売していたが、同年4月から福岡市が「ノーマイカーウィークデー」を実施することに伴い発売を終了した[16]。かつて「エコちかきっぷ」は第2土日のみの発売、「ノーマイカーデー1日乗車券」は金曜日の5日前から発売だったが、「エコちかきっぷ」は2009年3月14日から利用日が拡大、「ノーマイカーデー1日乗車券」は同年3月20日から事前発売が廃止され、両乗車券とも自動券売機での販売のみとなり、販売枚数制限が撤廃された[17]
ちかパス
地下鉄全線(空港線・箱崎線・七隈線)乗り放題の定期券(運賃制度上は企画乗車券)。1か月券で12,340円。3か月券(35,170円)、6か月券(66,640円)もある。通常の定期運賃が3区(1か月11,630円)の場合は他のエリアに行く頻度によって、4区以上(1か月12,840円。例:七隈線天神南 - 橋本)の場合はこちらにした方が安上がりとなる。
乗っチャリパス
福岡市営駐輪場定期をセットにした定期券。通常の駐輪場定期料金よりも最大5,400円安くなる。地下鉄沿線のみならず、JR九州および西鉄沿線の定期券連絡運輸区間の福岡市営駐輪場の利用もできる。
アビスパ応援きっぷ
福岡市がJリーグアビスパ福岡の主要株主ということもあり、レベルファイブスタジアムで行なわれるアビスパ福岡のホームゲームのいずれかで利用できるフリースタイルチケット(各座席エリアの前売り券の価格)と地下鉄の一日乗車券がセットになった乗車券を地下鉄各駅で販売している。

ICカード[編集]

2009年3月7日よりICカード乗車券はやかけん」を導入している。

九州旅客鉄道(JR九州)のICカード「SUGOCA」のほか、西日本鉄道のICカード「nimoca」および、東日本旅客鉄道(JR東日本)のICカード「Suica」とも互換性を持たせる方向で、2008年2月「九州IC乗車券・電子マネー相互利用に関する協議会」を発足させ、2010年3月13日に相互利用を開始した[18][19]。他には全日空 (ANA) と提携し、2009年12月16日より「ANAはやかけん」を発行している[20]。2013年3月23日にはIC乗車カード全国相互利用開始により、北海道旅客鉄道(JR北海道)のKitaca、首都圏私鉄などのPASMO、中京圏私鉄などのmanaca東海旅客鉄道(JR東海)のTOICA西日本旅客鉄道(JR西日本)のICOCA、関西私鉄などのPiTaPaとも相互利用が開始された。

ICカードに統一という理由で、「よかネットカード」、1回乗車毎20円引きの「ワイワイカード」および、高割引「えふカード」が順次廃止された。

みまもりタッチ[編集]

みまもりタッチ

みまもりタッチは、福岡市交通局が2010年7月27日より提供中の、ICカード乗車券「はやかけん」を利用して、通学児童の所在確認を提供するサービス。FeliCaポケットの領域を利用し、端末とシステムは日本信号社製[21]。類似のサービスにあんしんグーパスがあるが、システムが異なる。

事前に登録が必要。各駅のICカード対応改札機および公共施設77ヶ所(2010年10月現在)に設置された読み取り機に、児童がICカード乗車券をかざすと、親権者にメールで連絡が行く。当面は無料で利用できる。[22][23]

参考文献・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成24年度 福岡市高速鉄道事業会計決算の概要 (PDF) 、福岡市交通局
  2. ^ 福岡市営地下鉄七隈線 赤字解消、2069年に先送り」 朝日新聞 2009年3月13日
  3. ^ a b 平成25年度 交通局所管予算の概要 (PDF) 、福岡市交通局
  4. ^ 福岡市地下鉄 初の女性運転士・株式会社TVQ九州放送ホームページ 2014年3月25日 17:38
  5. ^ a b c 駅ナンバリングの導入について
  6. ^ a b c 各駅番号一覧表 (PDF)
  7. ^ 地下鉄七隈線の概要 (PDF) 」 福岡市交通局 p2,p8
  8. ^ [1] 「地下鉄七隈線 延伸新ルート キャナル経由最有力 福岡市、議会報告へ」西日本新聞 2009年1月16日
  9. ^ 地下鉄七隈線延伸(天神南〜博多)について、鉄道事業許可を取得しました (PDF) 福岡市交通局ニュースリリース(2012年6月11日)
  10. ^ 鉄軌道系交通施策 (PDF) 」 福岡市
  11. ^ 福岡市 西島 伊三雄 氏(2004年12月17日選定)」福岡市
  12. ^ FUKUOKA NOW 故・西島伊三雄さんの思いを入れて 福岡市営地下鉄3号線の駅マーク、まもなくお披露目 (PDF)福岡市文化芸術振興財団機関誌「wa」17号 2003年7月発行
  13. ^ 三菱電機 法人のお客様 地域ビジネス活動 地域の導入事例|福岡市交通局様 可動式ホーム柵
  14. ^ 障害者手帳および福祉乗車証所持者
  15. ^ 福岡市地下鉄の料金改定について - 福岡市交通局経営企画課、2014年3月4日
  16. ^ 福岡市「ノーマイカーデー1日乗車券」の発売終了について
  17. ^ エコちかきっぷ 3月14日から全ての土・日・祝日に発売拡大」福岡市交通局 2009年02月10日
  18. ^ 九州IC乗車券・電子マネー相互利用に関する協議会を発足しました 」福岡市交通局 2008年2月07日
  19. ^ 福岡のICカード乗車券3種出そろう、相互利用は1年先」読売新聞 2009年3月7日
  20. ^ ANAと福岡市交通局の業務提携について」全日本空輸・福岡市交通局 2009年6月10日
  21. ^ FeliCaポケット ソニー公式サイト
  22. ^ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/187026
  23. ^ http://subway.city.fukuoka.lg.jp/cgi-bin/topics/tpd.cgi?gid=10386

関連項目[編集]

関連人物
劇中に福岡市交通局の地下鉄が登場する作品

外部リンク[編集]