Snapdragon

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Snapdragon (スナップドラゴン)は、クアルコムによるモバイルSoCのシリーズである。CPUコアはクアルコムによる独自設計であり、ARMのCortex-Aシリーズと同じ世代に相当する。

概要[編集]

SnapdragonのアーキテクチャはARM v7 命令セットに基づいている。クアルコムは、Snapdragonをスマートフォン、タブレット、スマートブックデバイス"プラットフォーム"と位置付けている。Snapdragonプラットフォームは、一日のバッテリ動作を可能とする低消費電力のリアルタイムユビキタスコンピューティングを狙って設計されている。

SnapdragonのアプリケーションプロセッサコアはScorpion(スコーピオン)とも呼ばれ、クアルコムの独自の設計である。多くの特徴はARM Cortex-A8/9コアと類似している。ただしSIMD命令セットであるNEONのハードウェア実装が128ビット化されており、Cortex-A8/9と比べて2倍の理論演算性能を持つため、マルチメディア処理により高い性能を発揮する[1][2]

全てのSnapdragonプロセッサはHDビデオのデコードの機能を内蔵している。Snapdragonチップセットの種類により、720pまたは1080pの対応となる[3]。 Snapdragonチップセットおよび他のクアルコムのチップセットに含まれている独自のGPUテクノロジAdrenoは、AMDから買収したモバイルグラフィック技術を元に設計を行っている[4]

Snapdragonシリーズの最初のチップセットはQSD8650とQSD8250であり、2008年の第3四半期に供給された。これらのチップセットは、1 GHzのアプリケーションプロセッサ、無線モデムGPSを内蔵していた。

Quick Charge[編集]

Quick Charge 1.0

2012年に発売されたSnapdragon搭載端末には急速充電技術「Quick Charge 1.0」が搭載されていることを、2013年2月にクアルコムが明らかにした。日本で発売された、以下にリストアップされている機種にも搭載されている[5]

NTTドコモ

auKDDI/沖縄セルラー電話連合

ソフトバンクモバイル

Quick Charge 2.0

Snapdragon 800に搭載。

仕様[編集]

[6][7][8]

命令セットは Snapdragon x1x 以降は ARMv8-A(64ビット)。それ以前は ARMv7-A(32ビット)。

Snapdragon S1[編集]

半導体プロセスは65nm。

モデル番号 CPU GPU 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック
MSM7225 ARM11 528 MHz ソフトウェア
レンダリング2D
GSM, GPRS, EDGE,
UMTS(HSPA)
2007年
MSM7227 600 MHz
800 MHz
Adreno 200
(AMD Z430)
GSM, GPRS, EDGE,
UMTS(HSPA)
2008年
QSD8250 Scorpion 1 GHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, MBMS
2008年Q4
QSD8650 1 GHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B
2008年Q4

Snapdragon S2[編集]

半導体プロセスは45nm。

モデル番号 CPU GPU 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック
QSD8250A Scorpion 1.3 GHz Adreno 205 GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA
2009年Q4
QSD8650A 1.3 GHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B
  2010年Q4
MSM7230 800 MHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+
2010年Q2
MSM7630 800 MHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B, CDMA SV-DO
  2010年Q2
MSM8255 1 GHz GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+
2010年Q2
MSM8655 1 GHz
1.2 GHz
GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B,
CDMA SV-DO
2010年Q4
MSM8255T 1.4 GHz
1.5 GHz
GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+, MBMS
2011年
MSM8655T 1.4 GHz
1.5 GHz
GSM, GPRS, EDGE,
UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B
2011年

Snapdragon S3[編集]

半導体プロセスは45nm。L2キャッシュは1MB。

モデル番号 CPU GPU 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック
APQ8060 Dual Scorpion 2 L2:1MB 1.2 GHz
1.5 GHz
Adreno 220 通信機能なし 2011年
MSM8260 1.2 GHz
1.5 GHz
GSM, GPRS, EDGE, UMTS/WCDMA,
HSDPA, HSUPA, HSPA+
2010年Q3
MSM8660 1.2 GHz
1.5 GHz
GSM, GPRS, EDGE, UMTS/WCDMA,
HSDPA, HSUPA, HSPA+, MBMS,
CDMA2000 1xRTT,
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0,
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A,
CDMA2000 1xEV-DO MC(MC-Rev.A),
CDMA2000 1xEV-DO Rev.B
2010年Q3

Snapdragon S4[編集]

半導体プロセスはS4 Playが45nm、S4 Plus/S4 Pro/S4 Primeは28nm。

L2キャッシュは2コアKraitは1MB、4コアKraitは2MB。VFPv4対応。

モデル番号 CPU GPU 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック
Snapdragon S4 Play
MSM8225 Dual Cortex-A5 2 1GHz Adreno 203
MSM8625 1.2GHz
Snapdragon S4 Plus
MSM8960 Dual Krait 2 L2:1MB 1.5 GHz
1.7 GHz
Adreno 225 World Mode 2011年Q2
MSM8660A CDMA/UMTS
(21 HSPA+, 1x Adv./DOr0/A/B, SVDO-DB)
2011年
MSM8260A UMTS
(DC-HSPA+, TD-SCDMA)
2011年
APQ8060A なし 2011年
MSM8930 1.2 GHz Adreno 305 World Mode 2012年2H
MSM8630 CDMA/UMTS
(21 HSPA+, 1x Adv./DOr0/A/B, SVDO-DB)
2012年2H
MSM8230 UMTS
(DC-HSPA+, TD-SCDMA)
2012年2H
APQ8030 なし 2012年2H
MSM8627 1 GHz CDMA/UMTS
(21 HSPA+, 1x Adv./DOr0/A/B, SVDO-DB)
2012年2H
MSM8227 UMTS
(DC-HSPA+, TD-SCDMA)
2012年2H
Snapdragon S4 Pro
MSM8960T Dual Krait 2 L2:1MB 1.5 GHz
1.7 GHz
Adreno 320 World Mode 2012年Q2
APQ8064 Quad Krait 4 L2:2MB 1.5 GHz
1.7 GHz
Adreno 320 なし 2012年
Snapdragon S4 Prime
MPQ8064 Quad Krait 4 L2:2MB 1.5GHz Adreno 320 なし

無線通信方式がWorld Modeとなっているものは、以下の無線通信方式に対応している。

  • LTE FDD/TDD CAT 3
  • SVLTE-DB
  • TD-SCDMA
  • Rel9 DC-HSPA+
  • GSM/GPRS/EDGE
  • EGAL
  • CDMA2000 (1x Adv., 1x EV-DO Rev. A/B)

Snapdragon 200/400/600/800(32ビット)[編集]

2013年発表。プロセスルールはMSM8x25Qは45nmで、それ以外は28nm。

L2キャッシュは2コアKraitは1MB、4コアKraitは2MB。600/800 はメモリがLPDDR2(32ビット×2)からLPDDR3(32ビット×2)になった。VFPv4対応。

第5世代は名称が200/400/600/800 になり、第4世代との名称の対応関係は以下の通り。600はS4 Proより40%高速化したと発表している[9]

  • S4 Play → 200 (エントリー)
  • S4 Plus → 400 (メインストリーム)
  • S4 Pro → 600 (ハイエンド → ミドル-ハイクラス)
  • S4 Prime → 800 (スマートテレビ → ハイエンド)
型番の命名規則
  • 接頭辞 - モデムなしがAPQ、モデム内蔵がMSM。
  • 下3桁目 - 0はモデムなし、2がHSPA+対応、6がCDMA対応、9がLTE対応。

808は十の位が0であるが、64ビットCPUのため、810の節に記載。

モデル番号 CPU GPU メモリ 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック アーキテクチャ 最大クロック
Snapdragon 200
MSM8225Q Cortex-A5 4 1.4GHz Adreno 203 LPDDR1
LPDDR2
MSM8625Q
MSM8210 Cortex-A7 2 1.2GHz Adreno 302 LPDDR2
MSM8610
MSM8910
MSM8212 Cortex-A7 4 1.2GHz
MSM8612
MSM8912
Snapdragon 400
MSM8226 Cortex-A7 4 1.4GHz[10] Adreno 305 LPDDR2
LPDDR3
パターン1, 2
MSM8626
MSM8926
MSM8228 1.6GHz
MSM8628
MSM8928
MSM8230 Krait 200 2 L2:1MB 1.2GHz
MSM8630
MSM8930
APQ8030AB Krait 300 2 L2:1MB 1.7GHz パターン1
MSM8230AB パターン1, 2
MSM8630AB
MSM8930AB
Snapdragon 600
APQ8064T Krait 300 4 L2:2MB 1.7GHz
1.9GHz
Adreno 320 32ビット×2
LPDDR3
パターン1 2013年Q1
Snapdragon 602A
Krait 4 L2:2MB Adreno 320
Snapdragon 800
APQ8074 Krait 400 4 L2:2MB 2.2GHz
2.3GHz
Adreno 330 450 MHz 32ビット×2
LPDDR3-1600
12.8GB/s
パターン1
MSM8274
MSM8674
MSM8974 パターン1, 2 2013年Q2
Snapdragon 801
MSM8974AB Krait 400 4 L2:2MB 2.3 GHz Adreno 330 550 MHz 32ビット×2
LPDDR3-1866
14.9 GB/s
パターン1, 2 2013年Q4
MSM8974AC 2.5 GHz 578 MHz
Snapdragon 805
APQ8084 Krait 450 4 L2:2MB 2.7 GHz Adreno 420 500 MHz 32ビット×4
LPDDR3-1600
25.6 GB/s
パターン1 2013年Q4
MSM8984 パターン1, 2, 3

無線通信方式のパターン1は以下の通り。

無線通信方式のパターン2は以下の通り。

  • GSM (GPRS, EDGE)
  • W-CDMA/UMTS (HSDPA, HSUPA, HSPA+, DC-HSPA+ cat.29)
  • MBMS
  • LTE cat.4 / 150Mbps
  • CDMA2000 (1xRTT, 1xEV-DO Rel.0/Rev.A/Rev.B, 1xEV-DO MC Rev.A, 1xAdv Rev.A/Rev.B)
  • TD-SCDMA

無線通信方式のパターン3は以下の通り。

  • LTE-Advanced cat.6 (Down 300Mbps, Up 50Mbps)

Snapdragon 410/610/810(64ビット)[編集]

MSM8916 は2013年発表、それ以外は2014年発表。64ビットARMプロセッサ。プロセスルールは410, 610が28nm、808, 810が20nm。
808は810と系統が同じため810シリーズとして扱う。
消費電力を減らすため上位モデルでは高性能CPUコアと小型の低消費電力CPUコアを組み合わせたbig.LITTLE処理を採用している。

モデル番号 CPU GPU メモリ 無線通信方式 搭載製品(日本) サンプル出荷日
アーキテクチャ コア数 キャッシュ 最大クロック アーキテクチャ 最大クロック
Snapdragon 410
MSM8916 Cortex-A53 4 1.2 GHz Adreno 306 32ビット×2
LPDDR2/3-1066
8.5 GB/s
パターン1, 3 2014年Q1
Snapdragon 610
MSM8939 Cortex-A53 4 1.8 GHz Adreno 405 32ビット×2
LPDDR2/3-1600
12.8 GB/s
パターン1, 3 2014年Q3
Snapdragon 615
MSM8936 Cortex-A53
+ Cortex-A53
4
+ 4
1.8 GHz
+ 1.0 GHz
Adreno 405 32ビット×2
LPDDR2/3-1600
12.8 GB/s
パターン1, 3 2014年Q3
Snapdragon 808
MSM8992 Cortex-A57
+ Cortex-A53
2
+ 4
Adreno 418 32ビット×2
LPDDR3-1866
14.9 GB/s
パターン2, 3, 4 2014年後半
Snapdragon 810
MSM8994 Cortex-A57
+ Cortex-A53
4
+ 4
Adreno 430 32ビット×2
LPDDR4-3200
25.6 GB/s
パターン2, 3, 4 2014年後半

無線通信方式のパターン1は以下の通り。

無線通信方式のパターン2は以下の通り。

無線通信方式のパターン3は以下の通り。

  • GSM (GPRS, EDGE)
  • W-CDMA/UMTS (HSDPA, HSUPA, HSPA+, DC-HSPA+ cat.29)
  • MBMS
  • LTE cat.4
  • CDMA2000 (1xRTT, 1xEV-DO Rel.0/Rev.A/Rev.B, 1xEV-DO MC Rev.A, 1xAdv Rev.A/Rev.B)
  • TD-SCDMA

無線通信方式のパターン4は以下の通り。

  • LTE-Advanced cat.6, 7 (Down 300Mbps, Up 100Mbps)

競合製品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]