モトローラ・モビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モトローラ・モビリティ
企業形態 レノボの100%子会社
業種 通信機器
行方 Googleによる買収
レノボによる買収
前身 モトローラ
設立 2011年1月4日
本部 アメリカイリノイ州リバティビル
代表者等 Rick Osterloh (社長兼COO)
製品 携帯電話タブレット、無線機器
売上高 増加 US$ 11.460 billion (2010)[1]
営業利益 増加 US$ 76 million (2010)[1]
増加 US$ -79 million (2010)[1]
資産総額 増加 US$ 6.204 billion (2010)[1]
純資産額 減少 US$ 1.755 billion (2010)[1]
所有者 モトローラ (1928 – 2011)
Google (2012 – 2014)
レノボ (2014 - 現在)
従業員数 3,466 (Q3 2014)[2]
ウェブサイト www.motorola.com

モトローラ・モビリティ (Motorola Mobility) は、2011年1月にモトローラのモトローラ・ソリューションズとモトローラ・モビリティへの企業分割の結果、誕生した通信機器開発製造会社である。旧モトローラ株8株に対して、新モトローラ・モビリティ株1株が交換発行された。本社は、旧モトローラ・モーバル・デバイシズのあるシカゴ郊外のイリノイ州リバティビルにおかれている。

歴史[編集]

Google は、Google のメイン キャンパスの近くの新しい Motorola Mobility ロゴをインストールします。Motorola Mobility は、Lenovo に 7 週間後で売却されました。

2011年8月15日Googleはこの会社を125億米ドルで買収することで合意したと発表した[3][4]

2012年5月22日、買収完了を発表してDennis WoodsideがCEOに就任した[5]

2012年12月19日、Googleはセットトップボックス(STB)事業をアリス・グループ(Arris Group)に23億5000万米ドルで売却したことを発表した[要出典]

2014年1月29日、Googleは特許の大半を Google 側に残した上で、中国のパソコン大手レノボ・グループに29億1000万米ドルで売却することで合意したと発表した[6]

製品[編集]

Motorola RAZR
Moto X
Moto G
Moto E
Moto 360

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 2010 Form 10-K, Motorola Mobility Holdings, Inc.”. United States Securities and Exchange Commission. 2011年8月15日閲覧。
  2. ^ 2014 Financial Tables – Investor Relations – Google
  3. ^ Supercharging Android: Google to acquire Motorola”. Google Blog. 2011年8月15日閲覧。
  4. ^ Bradshaw, Tim (2011年8月15日). “Google buys Motorola mobile phone division”. The Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/2/e906bedc-c734-11e0-a9ef-00144feabdc0.html#axzz1V6DVHjMP 2011年8月15日閲覧。 
  5. ^ Google、Motorola Mobility買収を完了 - CEO交代”. 2012年5月24日閲覧。
  6. ^ Lenovo to acquire Motorola Mobility”. Google inc. (2014年1月29日). 2014年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]