SH-02E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ AQUOS PHONE ZETA SH-02E
SH‐02E 表側 DSCF5109.JPG
キャリア NTTドコモ
製造 シャープ
発売日 2012年11月29日
概要
OS Android
4.0.4 → 4.1.2
CPU Qualcomm
Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)
形状 ストレート型
サイズ 135 × 68 × 9.8 (最厚部10.9) mm
質量 約152 g
連続通話時間 約580分(3G)
約690分(GSM)
連続待受時間 約380時間(3G)
約350時間(LTE)
約340時間(GSM)
充電時間 230分(ACアダプター 03使用時)
200分(ACアダプター 04使用時)
内部メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
microSDXC
(64GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 iWnn
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 あり
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 ワンセグ
モバキャス
メインディスプレイ
方式 IGZO
解像度 HD
(1280×720ドット)
300ppi
サイズ 4.9インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1630万画素裏面照射型CMOS
機能 1080p(FHD)動画撮影
手ぶれ補正機能
顔認識
音声認識シャッター
サブカメラ
画素数・方式 120万画素画素裏面照射型CMOS
カラーバリエーション
Red
White
Blue
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ドコモ ネクストシリーズ アクオスフォン ゼータ エスエイチゼロニイー)は、シャープによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。docomo NEXT seriesのひとつ。

概要[編集]

裏面

ZETAの名から分かる通り、直接的にはSH-09Dの後継機種で、間接的にはAQUOS PHONE sv SH-10Dの後継機種でもある。スマートフォンでは世界初となる酸化半導体を薄膜トランジスタ(TFT)に用いることで、電池消費量の低減と高画質・高精細表示、タッチパネルの高精度化を実現させたIGZO液晶を搭載している。また、当時としては最先端のクアッドコアCPU、Snapdragon S4 Proを搭載している。カラーバリエーションはRed・White・Blueの3色となっているが、本機はSH-10Dの後継でもあるうえWhiteのみだったSH-09Dがわずか1か月で発売終了に見舞われた事も少なからず影響がある。

CAAC-IGZO液晶によるタッチパネルの認識精度や応答性の向上を活かして、ペン入力にも対応している。ペン入力はスケジュールやマップ、Webサイトでも自由に手書きできるようになっている。標準セットには、イヤホンジャックに差し込んで収納できる専用小型タッチペンが同梱される。

SH-09D・SH-10Dから追加された機能としてNFCに対応しており、NFCを使った決済サービスにも対応している。なお、現在ドコモで使われているドコモminiUIMカードはNFCとのセキュア連携に対応しておらず、セキュア機能を使うにはドコモminiUIMカード(ピンク色)の再発行が必要になる。セキュア対応のドコモminiUIMカード(ピンク色)の提供は2013年2月25日に開始され、NFCとのセキュア連携(Type A/B)の利用には2013年5月8日以降のマイナー/メジャーアップデートが必要である。

4.9インチの大画面液晶を搭載しながらも、液晶周りの額縁をスリム化したことでボディの幅は68ミリにとどまる。さらに端末下部は角をカットしたデザインにより、手当たりがよく、画面の端まで手が届きやすくなっている。

メインカメラは裏面照射型CMOSセンサー搭載。有効画素数1630万画素で、16倍ズームや光学式と電子式の手ぶれ補正、音声シャッターを新たに搭載している。

パネル面の振動で音声を直接耳に伝える「パネルレシーバー」を搭載し、受話口のないすっきりとしたデザインになっている。

端末背面を指でトントンと叩くと音声認識モードに切り替わり、声で画面OFFやロック解除、アプリの起動、カメラのシャッター操作が可能である。

バッテリー容量は2,320mAh。内部のパーツ配置の最適化を優先したためユーザーによるバッテリーの取り外しは不可能となっている(リアカバーの取り外しは可能。バッテリーの交換は有償預かり修理にて7,350円)。

なお、兄弟機種であるAQUOS PHONE EX SH-04Eや先代のSH-09Dと異なり、SH-10D同様おくだけ充電には対応していない。反対にSH-09DとSH-04Eはモバキャスに対応していないが、バッテリーの取り外しが可能(バッテリーの取り外しはSH-10Dも可能)。

搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[2]FOMAハイスピード[3] Bluetooth DCMXおサイフケータイNFCかざしてリンク赤外線トルカ
ワンセグ[4]モバキャス[5] メロディコール テザリング[6] WiFi IEEE802.11a/b/g/n
GPS ドコモメール電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

付属品[編集]

  • 卓上ホルダ - SH-10Dのと違い充電のみで、ワンセグ・モバキャス用のアンテナは内蔵していない。
  • 2GB microSDメモリーカード - 端末に装着済み。
  • スタートアップガイド - 取扱説明書(eトリセツ)は端末内にプリインストールされている。

アップデート・不具合など[編集]

2012年12月19日のアップデート[9]
  • YouTube視聴時や動画コンテンツ再生時に異音が発生する不具合を修正する。
  • 充電中に携帯電話(本体)がフリーズする不具合を修正する。
2013年2月28日のアップデート[9]
  • エコ技設定を「お助け」に設定した場合に、まれにタッチペンが反応しなくなる不具合を修正する。
  • 携帯電話(本体)とG-SHOCKをBluetooth接続した際、Gmailのメール受信時にG-SHOCKへ新着情報が通知されない不具合を修正する。
2013年5月8日のアップデート[9]
  • NFC(TypeA/B)方式のサービスに対応。
  • ブラウザでファイルをダウンロードする際にまれにダウンロードに失敗する不具合を修正する。
2013年6月3日のアップデート(OSバージョンアップ)[9][10]
  • 本機特有の主な変更点
    • Androidビームへの対応。
    • コンテンツマネージャーにおける絞り込み設定の拡張(画像サイズによる絞り込みの追加)
    • カメラUIの改善。モバイルライト・GPS・手ぶれ補正などの設定が容易に変更できるようになる。
    • Office Suiteがプリインストールされ、パスワードのかかったファイルが閲覧できるようになる。
    • 「ミュージック」[11]アプリの追加。
  • Android 4.1における共通の変更点
    • Android OS全体で、表示速度とタッチ反応が向上。
    • Google Nowへの対応。
    • ステータスバーから次のアクションが可能に。
  • ドコモ共通の変更点
    • データ保管BOXへ対応。
    • NOTTVの災害関連情報受信への対応。
  • 不具合修正
    • アクセスポイントモード(親機)動作時、特定端末(子機)からのWi-Fi接続を受け付けない場合がある不具合を修正する。
2013年7月1日のアップデート[9]
  • メッセージアプリを横画面で使用時、送信ボタンを押下してもSMSが送信されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が02.00.02から02.00.03になる。
2013年12月16日のアップデート[9]
  • 画面OFFの状態で放置すると、まれに携帯電話(本体)が再起動をする場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が02.00.0202.00.03から02.00.04になる。
2014年2月27日のアップデート[9]
  • 正常に読取可能なmicroSDカードを挿入しても、通知バーに「microSDカードが予期せず取り外されました」と繰り返し表示される場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が02.00.0202.00.0302.00.04から02.00.05になる。

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、A2DP、AVRCP、SPP、HID、PBAP、PAN、HDP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP
  2. ^ 受信時:100Mbps/送信時:37.5Mbps
  3. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  4. ^ 連続視聴時間:560分
  5. ^ 連続視聴時間:440分
  6. ^ USB、Wi-Fi接続に対応
  7. ^ 報道発表資料 : 2012冬モデルの2機種を発売-「docomo with series ARROWS V F-04E」「docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-02E」- | お知らせ | NTTドコモ
  8. ^ ドコモからのお知らせ : Android(TM)4.1、Android(TM)4.2へのバージョンアップ予定製品について | お知らせ | NTTドコモ
  9. ^ a b c d e f g AQUOS PHONE ZETA SH-02Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  10. ^ メジャーアップデート | サポート情報 | docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-02E | 製品ラインアップdocomo : SH DASH
  11. ^ プリインストールされているGoogleの「Playミュージック」とは異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
SH-09D
シャープ
AQUOS PHONE ZETA
SH-02E
次代:
SH-06E