高精細度テレビジョン放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高精細度テレビジョン放送と従来の標準画質映像の違い

高精細度テレビジョン放送(こうせいさいどテレビジョンほうそう、HDTV : High-definition television、ハイ・デフィニション・テレビジョン)とは走査線数を増やし、かつワイドアスペクト比 (16:9) を採用することにより鮮明な映像を実現したテレビジョン放送である。

概要[編集]

HDTVは概ね従来の標準放送(NTSCPALSECAMなどの方式)の2倍程度の走査線を持つものをこう呼ぶ。日本の放送では電波法施行規則において

  1. 走査方式が1本おきであって、ひとつの映像の走査線数が1,125本以上のもの
  2. 走査方式が順次であって、ひとつの映像の走査線数が750本以上のもの

を「高精細度テレビジヨン放送」、その他のテレビ放送を「標準テレビジヨン放送」と規定している(第2条第1項 28の3による)。

国際電気通信連合では国際標準規格(2000年)で、走査線1125本(有効走査線1080本、画面の縦横比(アスペクト比)16:9)のシステムのみを「HDTV」として定義している。

HDTVは日本アメリカヨーロッパがそれぞれ独自に研究・開発している。世界に先駆けて日本のNHK放送技術研究所が「高品位テレビ」として1964年より研究を始め、1970年代後半にHDTVのアナログ伝送方式「MUSE」を開発し、「ハイビジョン」という愛称で欧米に先駆けてHDTV放送を開始した。NHKは自ら開発したMUSE方式を世界統一のHDTV放送規格にすることを目指し、「高品位テレビ」の英訳として「High Definition Television」という言葉を使って1974年CCIR国際電気通信連合の前組織)で提唱し、欧米で精力的な標準化活動を続けたが、デジタル伝送技術の実用化、政治的その他さまざまな理由から日米欧はそれぞれ異なる方式でデジタル伝送技術を使ったHDTV放送を行うことになった。「High Definition Television」という言葉が日本に逆輸入されたときに、「高品位テレビ」でなく直訳の「高精細度テレビジョン (HDTV)」という言葉が作られた。

日本では2000年12月1日よりBSデジタル放送2003年12月1日より地上デジタルテレビ放送の本放送がそれぞれ開始され、デジタル伝送方式によるHDTV放送が行われている。

アメリカでも地上デジタル放送の規格として高精細度放送の規格が決定され、関連の政策が整備されたことで高精細度放送を受信できるテレビ受像機が出回るようになり、また高精細度放送用の番組制作が行われるようになりつつある。

SDTV(標準画質映像)との比較[編集]

HDTVはSDTVより最低でも2倍以上の解像度を持つのでアナログテレビや一般のDVDと比較して、より細密な映像の描写が可能である。また、HDTV放送の技術標準ではレターボックス無しに縦横比が16:9の映像を処理することができるので映画のような映像を視聴する場合には解像度をより效率的に調整することができる。

表記方式[編集]

HDTVを言う時に放送信号の形式は次のような値を利用して表記する。

  • 画面領域のライン(有効line数)
  • 秒当たりフレーム (frame/sec) あるいはフィールド数 (field/sec)(フレームレート
  • 順次走査方式 (progressive scan) あるいは飛び越し走査方式 (interlace scan)

例えば、720/60pという形式は1280pixel×720lineの有効画素が順次走査 (progressive scan) 方式で60frame/secで伝送されるベースバンド信号を示す。1080/50iという形式は1920pixel×1080lineの有効画素が飛び越し走査 (interlace scan) で、50field/sec (=25frame/sec) で伝送されるベースバンド信号を指す。サフィックスのフレームあるいはフィールド数/secが省略されている場合は、当該地域の標準テレビシステムによって50あるいは60と想定される。例えば、”1080p”とのみ表記されている場合は、一般に1080/60p、1080/50pを指す(映画ソース等では、1080/24pのベースバンド信号も存在する。)。フレームレート(frame/secまたはfield/sec)も有効line/frameとは独立に明記される。例えば60pはprogressive方式の60frame/secを意味し、60iは秒当たり30frame/secのinterlace方式 (=60field/sec) を意味する。

解像度[編集]

標準解像度(従来の解像度)との比較を以下に示す。
(1ピクセルを正方形で同一サイズと仮定した場合の画面サイズ比較イメージ図。詳しくは脚注参照)

TV解像度の比較

  • 注1 : この図のNTSCとPALの画素数表記は間違っており、NTSCスタジオ規格の有効画素数は720×483(VGAの正方画素とは異なり、縦長の非正方画素である)、PALは720×576(横長の非正方画素)である。
  • 注2 : この図はインタレース(飛び越し走査)方式による効果を無視しており、2:1インタレース方式の垂直解像度はプログレッシブ(順次走査)方式の約70%とされている。

デジタル伝送方式[編集]

アメリカでは従来のテレビジョン放送向けのデジタル伝送方式としてMPEG-2、HDTV向けにMPEG-3が策定される予定であったがMPEG-2とMPEG-3の基本技術が同じであったため最終的にはMPEG-2がMPEG-3を吸収・統合することが決定しMPEG-3規格は欠番となっている。現在では、HDTVを含めた映像のデジタル伝送方式としてMPEG-2が幅広く利用されている。

MPEG-2では最大4:2:2YUVサンプリング (chroma subsampling) と10ビット量子化をサポートしているが、一般的にHDTV放送では帯域幅を減らすために4:2:0方式と8ビット量子化を利用する。韓国DMBドイツDVB-S2ではH.264 (MPEG-4 AVC) を利用している。今後、あらゆるヨーロッパのHDTV放送でもH.264を使う予定でアイルランドなどまだデジタル放送が始まらない所ではHDTV放送は勿論のことSDTVデジタル放送でもH.264の利用が検討されている。日本では2008年10月からスカパー!でのHDTV放送用(スカパー!プレミアムサービス《旧スカパー!HD》)として、2009年12月から国際放送・NHKワールドTVのHDTV放送用としてそれぞれH.264を利用している。

HDTVは5.1chサラウンドサウンドをサポートするAAC(エーエーシー、Advanced Audio Coding)とドルビーデジタル (AC-3) 形式のサウンドを使うので、劇場(映画館)水準のオーディオを鑑賞することができる。

HD信号のピクセルアスペクト比は1.0である(ピクセルの幅と高さとが等しい。スクエアピクセルと呼ばれる)。新しいHD圧縮/録画方式ではもっと効率的な圧縮のために長方形のピクセルを利用することもある。(例えば、日本の地上デジタルテレビ放送では、水平画素数1440ドットで送信されることが多く、受信機で1920ドットに拡大している)

テレビ放送局や地域内の分配を引き受けている業者、あるいはプロダクション業者ではベースバンド(非圧縮)HDTV信号を送るため、HD-SDI (SMPTE-292M : YPbPr/4:2:2/10bit/1.485Gbps) を使用する。

ベースバンドHDTV信号は空中波やケーブルで送るには非常に広い帯域幅を占めるので公衆放送では圧縮された映像信号を送信し、テレビ受信機でこれをデコードする。また民生用テレビ受像機ではHDMIインターフェースを経由することにより、BDプレーヤー等から出力される暗号化されたベースバンドHDTV信号を受像することができる。

HDTV ベースバンド規格[編集]

System-M/NTSC互換のためのフレームレート : 29.97フレーム/秒 (30×1000/1001)、59.94 フレーム/秒(60×1000/1001) はそれぞれ30、60と丸めて表現される場合が多い。

1080i[編集]

  • アスペクト比 : 16:9
  • 走査方式 : 2:1インターレース(飛越走査)
  • 有効走査線数 : 1080本(総走査線数 : 1125本)
  • フレームレート : 29.97フレーム/秒、(59.94フィールド/秒)
  • 有効画素数 : 1920×1080 もしくは 1440×1080/フレーム

720p[編集]

  • アスペクト比 : 16:9
  • 走査方式 : プログレッシブ(順次走査)
  • 有効走査線数 : 720本(総走査線数 : 750本)
  • フレームレート : 59.94フレーム/秒
  • 有効画素数 : 1280×720/フレーム

1080p[編集]

  • アスペクト比 : 16:9
  • 走査方式 : プログレッシブ(順次走査)
  • 有効走査線数 : 1080本(総走査線数 : 1125本)
  • フレームレート : 59.94フレーム/秒
  • 有効画素数 : 1920×1080 もしくは 1440×1080/フレーム

放送形式と映像形式の変換[編集]

放送のための最適の形式は映像を記録する保存メディアと該当の映像の特性とによって変わる。解像度フレームレートは映像形式に依存する。つまり、非常に高い解像度の映像を損失なしに(できるだけ綺麗に)送るためにはより高い帯域幅が必要になる。現在、すべてのデジタルHDTV放送と多くの保存システムでは損失のある圧縮方式が使われるので原本映像と比較して若干の映像劣化が見られる。

劇場用フィルムは一般的に高い解像度を持っており、秒当たり24フレームを記録する。この映像を送信するための最適な形式は720p24や1080p24となる。この映像をPAL方式のテレビで視聴するためには秒当たり25フレームに変換されなければならない。また、NTSC方式の場合には2:3pulldownと言われる技術が使われる。これは一つのフィルムフレームは3フィールドに割り当てられ(1/20秒)その次のフレームは2フィールドに割り当てられる(1/30秒)形式で、これを繰り返せば2フレームが1/12秒間で送信される。

HDTV以前のベータカムSPのような媒体に記録された映像の場合には483i60または576i50の形式になっている。これらはより高い解像度である720iに変換されることができるが飛び越し走査された映像を一般的な形式である720pに変換する過程では映像の劣化が起きることがあり、デインターレイシングという過程が必要になる。

映画ではないHDTV映像は720pや1080i形式として記録される。放送形式はテレビ放送会社で決めるが形式を決めるには多くの要素が影響を与える。一般的に720pは順次走査方式であり早い動きが多い映像に適当であり、1080iは飛び越し走査方式であり早い動きを表現すると画質が落ちることがある。また720pはHD映像をインターネットを通じて配布する時よく使われる。一般にコンピューターは順次走査方式を使っており、飛び越し走査方式の映像の表示は不得手である。720p映像は1080iや1080p映像に比べて少ない容量と復号演算しか必要としない。720pは一般的な1280×1024解像度のLCDでスケーリングせず表示可能である。

関連項目[編集]