ドコモ タブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ > ドコモ タブレット

ドコモ タブレットとは、2011年9月8日に発表されたNTTドコモ携帯電話の分類(カテゴリー)のひとつである。

概説[編集]

ドコモ タブレットというカテゴリーは、2011年9月8日GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D、およびARROWS Tab LTE F-01Dと同時に発表された。

この「ドコモ タブレット」が登場する以前も、ドコモはタブレット端末としてGALAXY Tab SC-01COptimus Pad L-06Cを発売してきたが、それらはいずれも「ドコモ スマートフォン」に属していた。しかし、次世代通信方式Xi対応のタブレット端末SC-01DとF-01Dの発表に合わせ、タブレット端末を分類するための新カテゴリ「ドコモ タブレット」を創設することになった[1]。これに伴い、「ドコモ スマートフォン」として発売済のSC-01C及びL-06Cについても「ドコモ タブレット」に属することになった。また、Xi対応タブレットに於いては「Xi TABLET」(クロッシィ タブレット)というブランドも与えられている。

2010年9月より提供が開始されたspモードにより、iモードメールと同様に「docomo.ne.jp」のドメイン名メールアドレスを利用可能である。

なお、タブレット端末のうち「Sony Tablet」については、アップル社の「iPad」のように製造メーカーであるソニーが主導する商品であるため、「ドコモ タブレット」とはなっておらず、ドコモでも独立したラインナップとして位置づけていたが、Xperia Tablet Z SO-03Eは「ドコモ タブレット」のひとつとなっている。

機種・仕様[編集]

機種 ブランド(コンセプト)・メーカー 発売日 初期搭載OS 音声通信方式 データ通信方式 対応サービス
2010年冬-2011年春モデル (ドコモ スマートフォンから分類変更)
SC-01C GALAXY Tab
サムスン電子
2010年11月26日 Android 2.2 3GFOMA
(W-CDMA)
2GGSM
3.5GFOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LANGPS
Bluetooth 3.0 + EDR
L-06C Optimus Pad
LGエレクトロニクス
2011年3月31日 Android 3.0 非対応 3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 3.0 + HS
2011年冬-2012年春モデル
SC-01D GALAXY Tab 10.1 LTE
サムスン電子
2011年10月15日 Android 3.2 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 3.0 + EDR
F-01D ARROWS Tab LTE
富士通
2011年10月19日 Android 3.2 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 2.1 + EDR、
ワンセグ
SC-02D GALAXY Tab 7.0 Plus
サムスン電子
2011年12月10日 Android 3.2 3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 3.0 + EDR
N-06D MEDIAS TAB
日本電気
2012年3月30日 Android 2.3 3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0 + EDR、
FeliCa、ワンセグ、
NOTTV
2012年夏・秋モデル
P-08D ELUGA Live
パナソニック
2012年9月1日 Android 4.0 非対応 3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 3.0、
ワンセグ、NOTTV
N-08D MEDIAS TAB UL
日本電気
2012年9月20日 Android 4.0 3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ
2012年秋・冬-2013年春モデル
SC-01E GALAXY Tab 7.7 Plus
サムスン電子
2012年10月25日 Android 4.0 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 3.0、
ワンセグ、NOTTV
F-05E ARROWS Tab
富士通
2012年12月8日 Android 4.0 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、NOTTV、
NFC
SO-03E Xperia Tablet Z
ソニーモバイル
2013年3月22日 Android 4.1 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ[2]
NOTTV、NFC
dtab 01 ファーウェイ 2013年3月27日 Android 4.1 非対応 非対応 無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0
2013年夏モデル
SH-08E AQUOS PAD
シャープ
2013年8月2日 Android 4.2 3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、NFC
2013年冬-2014年春モデル
F-02F ARROWS Tab
富士通
2013年11月29日 Android 4.2 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、NFC
2014年夏モデル
SH-06F AQUOS PAD
シャープ
2014年6月20日 Android 4.4 3.9G:Xi
(VoLTE[2])
3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、FeliCa/NFC、
ANT+、かんたんテザリング
SO-05F Xperia Z2 Tablet
ソニーモバイル
2014年6月27日 Android 4.4 3.9G:Xi
(VoLTE[2])
3G:FOMA
(W-CDMA)
2G:GSM
3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、NFC、
ANT+、かんたんテザリング、
ハイレゾ音源再生[3]
2014年冬モデル
F-03G ARROWS Tab
富士通
2014年11月8日 Android 4.4 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.0、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、NFC、
かんたんテザリング、LTE・Wi-Fi同時接続、
ハイレゾ音源再生
SC-03G Galaxy Tab S 8.4
サムスン電子
2014年12月中旬 Android 4.4 非対応 3.9G : Xi
3.5G:FOMA
(HSDPA/HSUPA)
無線LAN、GPS、
Bluetooth 4.1、
ワンセグ、フルセグ、
NOTTV(録画対応)、NFC、
かんたんテザリング、LTE・Wi-Fi同時接続[4]
ハイレゾ音源再生

歴史[編集]

  • 2011年 (平成23年)
    • 10月15日 - GALAXY Tab 10.1 LTE (SC-01D)発売開始。
    • 10月19日 - ARROWS Tab LTE (F-01D)発売開始。
    • 12月10日 - GALAXY Tab 7.0 Plus (SC-02D)発売開始。
  • 2012年 (平成24年)
    • 3月26日 - 一部の機種においてAndroid 4.0へのバージョンアップを発表[5]
    • 3月30日 - MEDIAS TAB (N-06D)発売開始。
    • 9月1日 - ELUGA Live (P-08D)発売開始。
    • 9月20日 - MEDIAS TAB UL (N-08D)発売開始。
    • 10月25日 - GALAXY Tab 7.7 Plus (SC-01E)発売開始。
    • 12月8日 - ARROWS Tab (F-05E)発売開始。
  • 2013年 (平成25年)
    • 3月22日 - Xperia Tablet Z (SO-03E)発売開始。
    • 3月27日 - dtab 01発売開始。
    • 5月8日 - 一部の機種においてAndroid 4.1/4.2へのバージョンアップを発表。
    • 8月2日 - AQUOS PAD (SH-08E)発売開始。
    • 11月29日 - ARROWS Tab (F-02F)発売開始。
  • 2014年 (平成26年)
    • 6月20日 - AQUOS PAD (SH-06F)発売開始。
    • 6月26日 - ARROWS Tab (F-02F)においてAndroid 4.4へのバージョンアップを発表。
    • 6月27日 - Xperia Z2 Tablet (SO-05F)発売開始。
    • 11月8日 - ARROWS Tab (F-03G)発売開始。

OSバージョンアップ[編集]

Android 4.0[編集]

2012年3月26日にAndroid 4.0へのバージョンアップが発表された[5]

機種名 アップデート
実施予定発表
発表当初の
アップデート
予定日
アップデート
開始日
備考
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D 2012年3月26日 2012年7月以降 2012年8月28日[6]
ARROWS Tab LTE F-01D 2012年9月27日[7]
MEDIAS TAB N-06D 2012年12月18日[8]
GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D 2013年2月4日[9]

Android 4.1以降[編集]

2013年5月8日にAndroid 4.1/4.2へのバージョンアップ対象機種と、検討している機種が発表された[10]

なお、2013年春モデル以降のバージョンアップについては詳細が決まり次第発表される。

Android 4.1
機種名 アップデート
実施予定発表
アップデート
開始日
備考
ARROWS Tab F-05E 2013年5月8日 2013年8月1日[11] アップデートには本体メモリまたはmicroSDカードに300MB以上の空き容量が必要。
Android 4.4
機種名 アップデート
実施予定発表
アップデート
開始日
備考
ARROWS Tab F-02F 2014年6月26日

通話[編集]

一部の端末では音声通話機能を備える。

  • SC-01C・SC-02D - 後者はサムスン電子独自の実装による。スピーカーホンでの通話かヘッドセットが必要。
  • N-06D・N-08D - 受話口を備えておりヘッドセットは不要だが、その受話口は事実上緊急用で、ドコモではこちらでもスピーカーホンでの通話かヘッドセットの使用を推奨している。
  • SH-08E・SH-06F - 受話口を備えており、スピーカーホンやイヤホンマイク、Bluetoothヘッドセットでの通話が可能。
  • SO-05F - 別売のリモコン機能付きBluetoothヘッドセット(BRH10)やBluetoothスピーカードック(BSC10)での使用が推奨されている。

バッテリー[編集]

タブレット端末故に全機種が大容量のバッテリーを備えているが、その関係上いずれもバッテリーの取り外しができない。交換はドコモショップへの持ち込みで預かり修理となる。バッテリー容量と交換代金は以下の通り。ドコモプレミアクラブの修理代金サポートも対象外のため全額実費である。

機種 バッテリー容量 交換代金(税抜き)
SC-01C 4,000mAh 12,000円
L-06C 6,400mAh 11,000円
SC-01D 7,000mAh 13,500円
SC-02D SC-01C参照
F-01D 6,560mAh 14,000円
N-06D 3,610mAh 10,700円
P-08D 6,560mAh 14,200円
N-08D 3,100mAh 10,400円
SC-01E 5,100mAh 13,020円
F-05E 10,080mAh 16,900円
SO-03E 6,000mAh 10,700円
dtab 6,020mAh 5,450円
SH-08E 4,200mAh 7,800円
F-02F 9,600mAh 9,950円
SH-06F 4,200mAh 8,400円
SO-05F 6,000mAh 9,840円

ギャラリー[編集]

ドコモ タブレットシリーズ以外のドコモのタブレット[編集]

ソニー製・Sony Tabletシリーズ
アップル製・iPadシリーズ

脚註[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]