P906i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ FOMA P906i
折りたたみ時
横オープン時
キャリア NTTドコモ
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2008年6月1日
概要
OS Linux + MOAP(L)
CPU UniPhier4M
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz1.7GHz2GHz)
(2G:900MHz、1800MHz、1900MHz)
データ通信方式 3GFOMAHSDPA
形状 折りたたみ・Wオープン式
サイズ 108 × 49 × 17.4 mm
質量 約123 g
連続通話時間 約200分(音声電話時・3G)
約110分(テレビ電話時・3G)
約190分(音声電話時・GSM)
連続待受時間 約580時間(静止時・3G)
約260時間(静止時・GSM)
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(8GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 Advanced Wnn
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドVGA+
(480×854ドット
サイズ 3.1インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 128×96ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 約510万画素CMOS
機能 AF 6軸手振れ補正
サブカメラ
画素数・方式 約33万画素CMOS
機能 AF
カラーバリエーション
メタル
ブラック
ホワイト
ピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA P906i(フォーマ・ピー きゅう まる ろく アイ)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末である。

概要[編集]

  • P905iの後継機種であり、引き続き「VIERAケータイ」のブランドが冠せられている。ディスプレイは0.1インチだけ大型化されたが、外観は逆にコンパクトになり、1.1mm薄く、14g軽くなった。
  • ワンセグ用のアンテナは内蔵され、P905iTVに搭載された「モバイルWスピード」や「モバイルWコントラストAI」、「合成ダイバーシティアンテナ」を採用している。
  • UIが搭載され、さらに横オープン時にキーと画面が重なる事がなくなり、P905iで課題となっていた横画面時の操作性が改善された。
  • カメラ機能もP905iと同じ510万画素CMOSカメラだが顔認識オートフォーカス機能を搭載し、露出の補正の機能が進化した。しかしフォトライト、シャッターボタンが搭載されていない。これについては、カメラ自体(素子・映像処理回路)の性能が向上したから、操作性とデザインの関係で専用ボタンを付けることが困難であったからとみられている。
  • ビックカメラ有楽町店での2008年夏モデルの携帯電話売り上げ1位になった(日本テレビラジかるッ5&5ランキングより)。
  • 従来の品番によりランク付けする形式最後の世代であり、P90xシリーズの最終商品となった。90xシリーズは「docomo PRIME series」に引き継がれ、後継機種はP-01A
主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)(SDオーディオ)
直感ゲームメガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ GSM3GローミングWORLD WING プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

※BモードのメールはWebメールとなる。

プリインストールiアプリ[編集]

ワンセグ機能[編集]

  • EPG(録画予約も可)
  • 外部メモリ(microSDHC)への録画(本体には録画不可)
  • 字幕放送
  • マルチウィンドウ
  • Bluetoothによるワイヤレス音声出力(レシーバーが著作権保護「SCMS-T方式」に対応している必要がある)
  • 映像をより鮮やかに再現する「モバイルPEAKSプロセッサー」
  • フレームレートを15fpsから30fpsにする「モバイルWスピード」
  • 最大4000:1のコントラスト比を実現する「モバイルWコントラストAI」
  • 連続視聴時間 約3時間20分(「モバイルWスピード」切時 約4時間20分、「ECOモード」時 約6時間)

不具合[編集]

  • 2008年7月29日に、iチャネルの自動更新が行われない場合があることについて改善。
  • 2008年10月7日に、メールの送受信タイミングが重なると、フリーズする場合がある、一部待ち受け画面利用時に、時計表示がずれる場合がある点について改善。
  • 2009年2月3日に、メール宛先一覧画面で特定操作をすると、端末が再起動する場合がある、OFFICEED機能のエリア表示設定が、オンにしても、オフに戻ってしまうことがある点について改善。
  • 2009年3月17日に、海外の一部地域において、地域特性によって、通話や通信ができない場合があり、より快適にサービスが利用できるように改善。
  • 2011年6月28日に、フォントサイズを変更すると、絵文字の色指定が有効にならない不具合を改善。(以上、すべてソフトウェアアップロードで対応)

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]