ドコモプレミアクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドコモプレミアクラブdocomo Premier Club)は、NTTドコモが同社の携帯電話個人契約者向けに提供している会員サービス。法人向けの同様のサービスでドコモビジネスプレミアクラブがある。

概要[編集]

1998年11月にスタートした「Club DoCoMo」が前身。当初は入会条件は無く、ポイントサービスもClub DoCoMo会員のみであった。会員証提示により提携店舗で割引等のサービスが受けられた。2001年4月より同社の携帯電話の契約者全てを対象とした「ドコモポイントサービス」の開始にあたり、「1回線当たり直近2ヶ月の利用額が月額8,000円以上」もしくは「一括請求もしくはファミリー割引を利用していて、5回線以上契約している」という入会条件ができた。差別化のため、ドコモポイントサービスでは「500ポイントで1,000円割引」だったのに対し、Club DoCoMoでは「500ポイントで2,000円割引」とした(ポイント付与条件はどちらも利用額100円毎に1ポイント)。2004年4月1日より入会条件を撤廃の上、ドコモプレミアクラブとしてリニューアル。Club DoCoMo会員は原則としてドコモプレミアクラブ会員へと移行させた。ドコモのPC上のユーザーサイトである、My docomoサイトから入会の申込や、ポイントの確認ができる。

FOMAXimova、ワイドスター、パケット通信の個人利用者が対象で、ポイント優遇や入会者限定サービスの提供を行っている。入会金・年会費は無料で入会条件はない。入会は任意であるが、特に申し出がない限りは新規契約と同時に入会となっている場合が大半である。法人向けサービスに「ビジネスプレミアクラブ」というものもある。

ドコモポイント[編集]

1ポイント1円(消費税込)で換算し、100ポイント(105円)単位で携帯電話機や付属品の購入等に充当できる。会員は、各種商品(トラベルコース、エンターテイメントコース、グルメコース、リビンググッズコース、ドコモオリジナルコース)との交換もできる。

会員は前年の利用実績に応じてステージポイント (SP) が付与され、年間累計SPで4月から翌年3月までのステージが決められ、利用額100円毎の付与率が決まる。2008年4月より、継続利用期間もステージ決定条件に加わった。2011年4月付与分からは、未入会及びプレミアステージ+αを除くすべてのステージのポイント数が変更になった[1]

プレミアクラブポイント比較表
ステージ ステージ条件 ポイント数/100円につき
未入会 1ポイント
1stステージ 年間1,000SP未満かつ継続利用期間5年未満 1ポイント
2ndステージ 年間1,000SP以上1,500SP未満または継続利用期間5年以上8年未満 2ポイント
3rdステージ 年間1,500SP以上2,500SP未満または継続利用期間8年以上10年未満 3ポイント
プレミアステージ 年間2,500SP以上または継続利用期間10年以上 4ポイント
プレミアステージ+α 年間2,500SP以上かつ継続利用期間10年以上 7ポイント

付与対象は基本料金・付加サービス利用料金・無料通話超過分で、消費税iモード情報料・各種手数料・支払延滞利息等は含まない。

料金の支払いをDCMX GOLDで登録すると、入会から1年間および前年2月~1月のカード利用額が100万円を超えた場合の次年度は、プレミアステージとなる。いずれも料金支払い登録解除、カード解約時は本来のステージに戻る。

ドコモプレミアクラブサイトでアンケート(モバイルリサーチ・アンケート)に回答するとポイントが付与される。ポイントはアンケート毎に異なる。

  • 調査サンプル対象となる会員をプレミアパネルと呼び、男女・年齢・地域などの切り口でセグメント化され、目的に合った調査が行える。
  • プレミアクラブ利用規約第5条によると、「調査・分析の実施およびその結果に基づくご案内またはご提案」と表記があり、調査結果に基づいた最適な販売促進プロモーションが可能。

各種クレジットカードやインターネットサイト等の提携企業で得たポイントを、ドコモポイントに交換できる。交換率は提携企業により異なる。

NTTドコモや提携企業の各種キャンペーンの参加等でポイントが付与される。提携企業では割引利用できる。

新規契約年の12月までに各ステージ条件(1,000SP、1,500SP、2,500SP)に到達する毎に1,000ポイント付与される。

長期利用特典[編集]

ステージ決定条件に継続利用期間が標準採用されたことにより、以下のサービスが終了となった。

6年以上継続利用
  • サンクスポイントとして500ポイント付与(2006年度まで)
  • 年3回行われる懸賞「PRIME6」の応募資格が得られる(2007年度)
10年以上継続利用
  • 「PRIME6」の当選確率が2倍となる(2007年度)
  • 継続して前年度のステージが保障され、利用額低下によるステージダウンがなくなる(2007年度まで)

プレミアクラブ安心サポート[編集]

修理代金安心サポート
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる(バッテリー内蔵機種の交換代金は対象外のため全額実費)。
ケータイ補償お届けサービス
端末が修理不能な状態(全損・水没等)となった場合、最大8,400円の支払いで同一・同色機種の端末を配送する。端末購入より14日以内に申込が必要で、月額294円または399円。
トラブル時購入サポート
ケータイ補償お届けサービス非加入者が修理不能となった場合、通常の販売価格より割引(NTTドコモに販売履歴がある(正規販売店で購入した)端末に限られる)。
故障修理無料サービス
自然故障は3年間無料で修理。
電池パック無料サービス
同一端末を2年以上利用すると、無料で新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。movaは2008年12月1日より対象外となった。
FOMA電池パック500ポイント交換サービス
同一端末を1年以上2年未満利用すると、500ポイントで新しい電池パックか補助充電アダプタ 01が提供される。プレミアステージ対象者は無料。

メーカーブランド安心サービス[編集]

プレミアクラブ安心サポートはBlackBerry 8707hhTc Zなどのメーカーブランドは対象外となるが、代わりに、メーカーブランド端末あんしんサービスといった端末のサポートがある。ドコモショップの店頭ではなく、サポートセンターへ電話し、センドバック方式の保守となる。

修理代金安心サポート
購入後3年間は修理代金の上限が5,250円になる。
無料故障修理サービス
自然故障は3年間無料で修理。

プレミアステージ[編集]

プレミアステージでは、前述の他にも特典が用意されている。

  • ライフスタイルデザインマガジン「Do Something!」の無料購読(通常400ポイント)。
  • DCMX GOLD入会および利用額に応じたボーナスポイント付与。
  • 「みんなのドコモ研究室」参加(諸条件あり)。
  • FOMA同一機種1年間利用で電池パック無料(通常1年間で500ポイント、2年間で無料)。
  • DCMX、DCMX mini利用額へ適用できるクーポンの発行。

以下は2008年3月31日で終了したサービス

  • 問い合わせ専用電話(ドコモプレミアお客様デスク)の利用。21時まで受け付け(通常20時まで)。
  • 海外用携帯電話のレンタルが年2回まで無料(通常105円~525円)。
  • DCMX GOLD年会費の初年度無料(通常15,750円)。
  • 電池パック無料サービス等の電話受付(通常ドコモショップ店頭受付)。

ドコモカード[編集]

NTTドコモがクレジットカード各社と提携したドコモカードを発行している。「「ドコモプレミアクラブ」と「クレジット機能」がひとつになった」と案内されており、上記に加えて更なるサービスを受けることができる。

2007年9月28日をもって新規会員受付を終了。2008年9月30日以降、順次「ドコモカード」の更新を停止する[2]。(停止時期はカード会社によって異なる。)

※ゴールドカード、セゾン・アメリカン・エキスプレスを除く
※ゴールドカードを除く
  • ドコモプレミアクラブのステージのワンランクアップ
※プレミアステージ資格者の場合は1,000ポイント付与
  • カード利用額に応じたドコモポイント付与
  • ドコモカードDEケータイ補償 - 故障・修理時に10,000円まで補償
※プレミアクラブ安心サポートと重複して適用できる

何れも携帯電話料金の支払いをドコモカードで登録している場合に適用となる(ドコモカードDEケータイ補償は、加えて補償超過代金をドコモカードで支払う場合に適用)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]