L-02C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L-02C
キャリア NTTドコモ
製造 LGエレクトロニクス
発売日 2010年12月24日
概要
通信方式 3.9G: XiLTE
3.5GFOMAハイスピードHSDPAHSUPA
3GFOMAW-CDMA
2GGPRS
通信速度 下り/上り(Xi・屋内施設):75Mbps/25Mbps
下り/上り(Xi・屋外エリア):37.5Mbps/12.5Mbps
下り/上り(FOMAハイスピード):7.2Mbps/5.7Mbps
下り/上り(FOMA):384Kbps/384Kbps
形状 USB接続型
サイズ 90 × 35 × 12.9 mm
質量 44 g
対応OS Windows 7
Windows Vista(Service Pack 2以降)
Windows XP(Professional Service Pack 3以降)(Home Edition Service Pack 3以降)
Mac OS X 10.5.8/10.6.4
メインディスプレイ
無線LAN
メインカメラ
画素数・方式 {{{メインカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{メインカメラ機能}}}
サブカメラ
画素数・方式 {{{サブカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{サブカメラ機能}}}
カラーバリエーション
 
レッド
 
シルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

L-02C (エル ゼロ に シー ) は、LGエレクトロニクスジャパンによって開発された、NTTドコモによる初の第3.9世代移動通信システムLong Term Evolution(LTE)通信サービスXi(クロッシィ)に対応したデータ通信端末である。

概要[編集]

2010年12月24日のNTTドコモの3.9世代通信システムであるLTE(Xi)のスタートと同時に発売が開始される。最大通信速度が下り75Mbps/上り最大25Mbpsと超高速通信が可能だが、提供開始当初の利用エリアは東京・神奈川・千葉・名古屋・大阪[1]の中心部や研究開発拠点のみとなるため、それ以外のエリアでは、HSPA方式の通信(下り7.2Mbps/上り5.7Mbps)の対応となる。またHSPA方式や3G方式の場合はFOMAプラスエリアも利用が可能なことと、国際ローミングWORLD WING)エリアでも3G/GPRS共に利用が可能となる。

端末の形状はUSB接続型で、USBポート側のキャップも本体についているため、キャップをなくすといったことはない。

L-05Aなどと同様に、ゼロインストール機能が搭載されており、L-02Cをパソコンに接続するだけでUSBポート経由で「通信設定ファイル(ドライバー)」と「L-02C 接続ソフト」のインストール画面が自動で行うことが可能となる。

料金プランは新たに新設される「Xiデータプランにねん」か「Xiデータプラン」となるが、サービスを記念したキャンペーンにより、「にねん」の場合2段階定額で月額4,935円(上限価格)で使い放題となる(2012年4月まで)。

サービス開始当初利用できるインターネットサービスプロバイダ(ISP)はmopera Uのみとなる。

歴史[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Xiサービスエリア

外部リンク[編集]