SH-10B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ LYNX(SH-10B)
Docomo-SH-10B-LYNX.jpg
キャリア NTTドコモ
製造 シャープ
発売日 2010年7月23日
概要
OS Android 1.6
CPU QUALCOMM Snapdragon
QSD8250 1GHz
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
(3G:800MHz2.1GHz))
データ通信方式 3.5GFOMAHSDPA/HSUPA
IEEE802,11b/g準拠
形状 クラムシェル型
スマートブック
(QWERTYキー付)
サイズ 148 × 83 × 17.8 mm
質量 約230 g
連続通話時間 約310分
ハンズフリー通話時)
連続待受時間 約280時間
(静止時自動)
外部メモリ microSD
(最大2GB・NTTドコモ公表)
microSDHC
(最大16GB・NTTドコモ公表)
日本語入力 iWnn IME SH edition
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり(IrSimple対応)
Bluetooth あり
(Ver2.1+EDR)
放送受信機能 あり
ワンセグ
備考 1. 音声通話はハンズフリーおよびヘッドセット使用時に限り通話可能
2. 端末側面にmicroUSB端子を装備
3. 無線LAN(IEEE802.11b/g)
メインディスプレイ
方式 タッチパネル対応
NewモバイルASV液晶
解像度 フルワイドVGA++
(480×960ドット)
サイズ 5.0インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約530万画素画素CMOS
機能 顔検出オートフォーカス
サブカメラ
画素数・方式 約43万画素画素CMOS
カラーバリエーション
ホワイト
レッド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン LYNX SH-10B(- リンクス)はシャープによって開発された、NTTドコモ第3世代移動通信システムFOMA端末である。ドコモ スマートフォンのひとつ。OSはAndroidを搭載している。

概要[編集]

シャープがNTTドコモに提供する初めてのAndroid OS搭載のスマートフォンである。

クラムシェルタイプの形状で、5インチの静電容量式のタッチパネル画面とトラックボール、そして本格的なQWERTY配列のパンタグラフキーボードを有し、ネットブックスマートフォンの中間的な位置づけのスマートブックに近い。音声での通話も可能で、イヤホンマイクBluetoothヘッドセットを用いたハンズフリーでの通話となる。

Android OSの機能であるブラウジング、google検索、YoutubeGmail、カレンダーやアドレス帳の同期といったGoogleのクラウドとの連携やAndroidマーケットドコモマーケットのアプリケーションの利用ができる。それとともに「mixi for SH」「twit SH」「ブログ投稿ウィジェット」など20種類のウィジェットがプリインストールされている。

また液晶にはシャープ特有のベールビュー液晶機能が搭載されており、覗き見防止機能が利用できる。

日本独自の機能も多く、ドコモのスマートフォンとしては初めて、ワンセグチューナーや赤外線の送受信機能、ブルーレイディスクレコーダー連携機能が内蔵されている。電話帳では、インクリメンタルサーチにも対応している。

カメラは530万画素の顔検出機能、オートフォーカス対応のカメラが搭載され、バーコードリーダーや名刺リーダー、その他情報リーダーに応用が可能となっている。またメインカメラのほかに、内側カメラもある。

カメラはオートフォーカスのほかに、ホワイトバランス、手振れ補正、位置情報を写真に埋め込めるジオタギング機能、連写、セピア・白黒モード、フレーム挿入機能、などがある。フラッシュは高光度方LEDフラッシュを搭載している。

ROMは512Mバイトのほかストレージ用に4Gバイトが内蔵されており、SDカードがなくても、音楽や写真などを保存することができる。

撮影した写真や音楽ファイルなどをワイヤレスでAQUOS機器へ転送可能なDLNAサーバ機能も利用できる。

発売当初のOSはAndroid1.6であるがタッチパネルはマルチタッチに対応している。

通信規格ではWiFiHSDPA7.2Mbps/HSUPA5.7Mbpsにも対応しており高速な通信が可能である。またWiFiでは「AOSS」や「WPS」で簡単に設定できる。またNTTドコモが提供しているmopera U公衆無線LANへも簡単に接続ができる。

国際ローミングサービスWORLD WINGに対応しているが3Gローミングのみとなる。

ハードキーボードへはショートカットキーの割り当てができる。またキーボードのひとつに検索専用のキーが割り当てられており、それを押すことでandroidの特徴である検索ウィンドウが立ち上がる。

プリインストールアプリケーション[編集]

Android OS 標準アプリケーション[編集]

詳しくはAndroidを参照。

Android OSの標準的なアプリケーションとしてGoogle検索窓、Googleマップ、Google Latitude、Gmail、アドレス帳、YouTubeGoogleカレンダーGoogle TalkPicasaGoogle EarthAndroidマーケットなどを搭載している。

Androidマーケットではこのほかに、有料、無料あわせて2010年10月時点で約10万種類以上のアプリをダウンロードし利用することができる。

またドコモマーケットでもspモードアプリをはじめとした様々なアプリケーションやコンテンツを利用することが可能である。

その他プリインストールアプリ[編集]

  • mixi for SH -mixi用ウィジェット
  • twit SH - Twitter用ウィジェット
  • ブログ投稿ウィジェット
  • Documents To Go - WordExcelPowerPointの編集アプリ
  • UkiUkiView
  • フォトウィジェット
  • メディアプレーヤーウィジェット
  • 辞書ウィジェット - 大修館MX電子辞書を収録している。
  • 書籍ビューアー(millmo Book Player)
  • millmo fo SH - 動画、コミック、本
  • バーコードリーダー
  • RSSリーダー
  • 情報リーダー
  • 名刺リーダー
  • 方位計
  • 内蔵辞書(ジーニアス英和MX)
  • ネット辞書

メール・ブラウザ[編集]

Android標準のGmailやPOPIMAPメールが利用可能となる。

Gmailやmopera Uメールを使った場合はメールはほぼリアルタイムにプッシュで着信する。

発売当初はiモードメールは対応していなかったが、2010年9月1日開始のspモードが提供され、iモードメールやiモード絵文字デコメールデコメ絵文字が対応した。それまではiモード.netモバイルモードを使って、Webメールやアプリを使った方法で利用することとなる。

ブラウザはAndroid標準のブラウザが搭載されるほか、Androidマーケットで様々なブラウザをダウンロードし利用することができる。Wikipedia専用ブラウザ、2ちゃんねる専用ブラウザなども利用ができる。

対応サービス[編集]

主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)(MP3)
直感ゲーム※/メガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ GSM3GローミングWORLD WING プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 ケータイデータお預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

歴史[編集]

関連項目[編集]

注記[編集]

外部リンク[編集]