IS12SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
au AQUOS PHONE IS12SH
(SHI12)
IS12SH front.jpg
IS12SH back.jpg
IS12SH ディープブルー
キャリア au
製造 シャープ
発売日 2011年6月29日
概要
OS Android 2.3.3
CPU Qualcomm Snapdragon S2
MSM8655T 1.4GHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xMC
(800MHz(2012年7月23日より利用不可)
/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
無線LAN
(IEEE 802.11b/g/n)
形状 ストレート
サイズ 130mm × 64mm × 12.5mm mm
質量 約145 g
連続通話時間 480分(国内)
連続待受時間 280時間(国内)
※ 移動と静止の組合せ
充電時間 190分
バッテリー 1240mAh
内部メモリ RAM・512MB
ROM・2GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
日本語入力 iWnn IME for Android
SH Edition
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrSimple/IrSS)
Bluetooth あり
(Ver3.0+EDR) [1]
放送受信機能 あり
(ワンセグ)
外部接続 microUSB、microHDMI
3.5mmイヤホン端子
備考 1. SAR値:0.665W/kg
2. 製造国:中華人民共和国の旗 中国
3. 付属品として2GBのmicroSDメモリーカード(試供品)が同梱される
*1 - 左からタッチパネル面、サイド部分、裏蓋部分
メインディスプレイ
方式 タッチパネル対応
NewモバイルASV液晶
解像度 qHD
(540×960ドット)
サイズ 4.2インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約800万画素CMOS
機能 ツインレンズ
3D
サブカメラ
画素数・方式 約31万画素CMOS
カラーバリエーション
アイスホワイト
(Ice White)
            *1
レッド×ブラック
(Red×Black)
            *1
ディープブルー
(Deep Blue)
            *1
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

AQUOS PHONE IS12SH(あくおす ふぉん あいえす いちにえすえいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ISシリーズの一つで、CDMA 1X WIN対応スマートフォンである。製造型番はSHI12。メーカー型番はAS50

概要[編集]

Android OS 2.3.3を搭載したスマートフォンで同社製のIS03(SHI03)やIS05(SHI05)などと同様、ワンセグ赤外線通信バーコードリーダー、名刺リーダといった従来の日本のフィーチャー・フォン的な機能が搭載されているほか、おサイフケータイFeliCa)、モバイル3D液晶が搭載されている。形状はLYNX 3D(SH-03C)に似た形状で、3Dの動画撮影が可能になるツインレンズが搭載されている。

通信機能はWIN HIGH SPEEDに対応し、下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsに対応しているほか、Wi-Fiを使った通信も可能となっている。なおテザリングには対応していない。

メール・メッセンジャー[編集]

  • EZWEBのEメールに対応し、今までのau携帯電話と同様@ezweb.ne.jpのメールアドレスがそのまま利用可能となっている。絵文字デコメールも利用可能となっている。また、メールはリアルタイムプッシュで着信する。
  • Android OS 2.3の特徴であるGmailの複数アカウントの同時利用が可能となる。また、Gmailはリアルタイムでプッシュ着信をする。
  • 通常のメールアプリでは、複数のPOPIMAPメールが利用可能であり、EZwebメールはプッシュで着信する。
  • メッセンジャーでは、Google Talkがプリインストールされている。また、マーケットからWindows Live Messengerをはじめ、様々なメッセンジャーアプリをインストールし、利用することが可能となる。

ブラウザ[編集]

ブラウザはGoogle Chrome LiteベースのAndroid標準ブラウザが搭載され、上述の通りAndroid 2.3の特徴でもあるFlash Player 10.2がアドオンされている。また、JavaScript(V8)もサポートされている。これにより、パソコンのブラウザとほぼ同等のフラッシュサイト、動画サイトが利用することが可能となり、ブラウザでニコニコ動画YouTubeをはじめとした各種動画サイトが利用できる。そのほかにサードパーティー製のブラウザをインストールし利用することも可能となる。

アプリケーション[編集]

利用可能なアプリケーションマーケット[編集]

  • Android OS標準のGoogle Play Store(旧・Androidマーケット)が利用可能となっており、20万を超えるアプリケーションが利用可能となっている。またau Market(旧・au one Market)も利用できる。

プリインストールアプリケーション[編集]

その他機能[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されておりFlashコンテンツもフル表示可能。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
Webブラウザ LISMO!
for Android

メディアプレイヤー
LISMO WAVE
おサイフケータイ ワンセグ[2]
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Skype au PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
じぶん銀行 緊急地震速報 Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信
(IrSimple)
(IrSS)
WIN HIGH SPEED グローバルパスポート(CDMA) auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水 簡易留守録
着信拒否設定
  • 安心セキュリティパックは、ウイルスバスターモバイル for auのみ対応
  • ベールビュー (覗き見防止フィルタのON/OFF)
  • 家庭用レコーダーからの番組持ち出し
  • DLNAサーバー 1.5 (Image:JPEG / Audio:MP3,LPCM)
  • ワイヤレス連携対応スマートファミリンク

沿革[編集]

  • 2011年(平成23年)5月17日 - KDDI、およびシャープより公式発表。
  • 2011年6月29日 - 全国にて一斉発売。
  • 2011年12月 - 沖縄地区を除き販売終了。
  • 2011年12月中旬 - KDDIが提供するフィーチャー・フォンのUI風ユーリティ・ツール「かんたんメニュー」に対応した。
  • 2012年2月 - 沖縄地区にて販売終了。
  • 2012年(平成24年)7月22日 - L800MHz(旧800MHz帯・CDMA Bandclass 3)帯エリアによる音声・データ通信サービスの停波によりそれ以降はN800MHz(新800MHz帯・CDMA Bandclass 0 Subclass 2)帯エリア、および2GHz(CDMA Bandclass 6)帯エリアの各音声・データ通信サービスで利用する事となる。

ケータイアップデート[編集]

  • 2011年7月11日[3]
    • 電池の消費が早くなる場合がある。
  • 2011年8月4日[4]
    • メール機能の改善。
      • Eメール送受信時の認証方法の強化。
      • Cメールで利用できる文字数が、全角文字で70文字、半角文字で140文字まで拡張。
      • EメールとCメールの判別がしやすいよう、アイコンの変更。
  • 2011年9月26日[5]
    • スリープモード中に電源キーを押下しても、スリープモードが解除されない場合がある。
    • Eメールの「返信」、「全員へ返信」、「転送」操作が出来ない場合がある。
    • サイズの大きな画像※の壁紙表示画質を向上。
  • 2011年12月27日[6]
    • G-BOOKとのBluetooth接続にて一部動作 (ハンズフリー接続等) が不安定な場合があります。
  • 2012年3月22日[7]
    • 災害・避難情報が利用可能となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]